テレワークをするにあたり欠かせないのがブルーライトカットしてくれるパソコンメガネ。裸眼で見ていると目に対する負担が大きくなり、パソコンの画面を注視してしまうテレワークにとってはなんとか目にかかる負担を押さえたいでしょう。そこでパソコンメガネに関して紹介します。 そして、太陽光に含まれる紫外線が肌の老化に関わっているということをご存知の方もいるでしょうし、ブルーライトが目に良くないという話しを聞いたことがある方もいるでしょう。, 今回は、中でも目に大きな影響を与えることが分かっている、ブルーライト・バイオレットライトについてご説明したいと思います。, 光が物体に当たり、跳ね返ってくる光を受けることで、物体の色や形、大きさなどを「見る」ことができるのです。, 私たちが「見る」ことのできる光は、太陽光の中でも可視光線と呼ばれ、波長はおよそ380~770nmの範囲。, 昆虫や動物では、見える波長の範囲が異なり、アゲハチョウなどは紫外線も見ることができるといわれています!, 五感の中で視覚に最も頼っている私たちにとって、光というのはとても重要なものなのです。, しかし、さまざまな光の中には、私たちの体にとって望ましくない影響を与えるものがあります。, 強いエネルギーを持つ紫外線は、殺菌作用や皮膚でビタミンDをつくるなど、浴びるメリットもありますが、浴びすぎるとシミやシワの原因や、皮膚がんの原因となるなどのデメリットも。, 可視光線という私たちが見ている光の中で、380~500nmの領域はブルーライトと呼ばれています。, ブルーライトは、私たちの体内時計の調節などに働くため、日中浴びることはとても重要です。, しかし、私たちの目の角膜や水晶体が通過することのできる光線の中で最も強いエネルギーに相当するため、目に大きな負担を与えることが報告されています。, 日常生活を送るうえで、太陽光に含まれるブルーライトは大きな問題とはならないと言われていますが、新しい光源として定着しつつあるLED、PCの画面やTV、中でもスマートフォンから発せられるブルーライトが、加齢黄斑変性という眼病へ影響することが報告されています(出典:Molecular Vision 2017; 23:52-59)。, 最近は、ブルーライトカット効果のあるメガネやサングラス、コンタクトレンズなども人気を集めており、人々の関心が高いことが分かります。, こうなると、太陽光そのものが目に悪いような気がしてきますが、実はこんな研究データがあります。, 米国オハイオ州立大学検眼学科によると、週3回屋外で活動やスポーツをしている子どもは、そうでない子どもよりも近視になる確率が低いというのです(出典:Invest Ophthalmol Vis Sci。 2007 Aug; 48(8):3524-32)。, 慶應義塾大学医学部によって、太陽光に含まれるバイオレットライトに、近視を抑制する効果があることが報告されました。, 片目だけ近視にしたヒヨコを、両目にバイオレットライトを照射する群としない群にわけると、照射した群では、近視の進行が抑えられることと、近視を抑制する遺伝子の発現が確認されたのです(出典:EBioMedicine. スマホの普及と共にブルーライトを浴びる機会も多くなっています。スマホは便利である一方で、画面から発されるブルーライトは視力低下や安眠妨害など、人体に悪影響を及ぼすとされています。今回は、この対策として販売されているブルーライトカットメガネの効果についてみていきます。 ニコンの面白いところはブルーカットレンズに様々なカラーを施し、用途に応じた適切な効果を得られる『アクティブカラーオン』を推奨している点です。サングラスほどの濃い色でなくとも冒頭に述べた黄色いレンズのように少し着色するだけでブルーカット効果は向上します。「結局は色付きレンズか~」と思われるかも知れませんが、「ただのファッション的な色付きレンズではなく、効果を理解した上で意味のある色付きレンズを楽しいんでいただきたい。」というレンズメーカーの切なる思いを感じたりもします。 ブルーライトのカット率によっても色味の違いがある. 下の画像はあえて着色度合いがわかりやすいように撮影したものです。(実際に肉眼で見るとまた違って見えるのですが)ブルーカット率の高いレンズほどやや着色が強く見えるのがお分かりいただけると思います。視感透過率はHOYA selux982 BPが約98%、Nikon ライト3 SNSが約97%、TOKAI LUTINA HX BDCが約93%となっています。(可視光線であるブルーライトをカットするのでカット率を上げれば透明度が下がるのは当然なのですが。。。) 30代中ごろを過ぎると調節力(ピント合わせのチカラ)がだんだんと持続出来なくなってきます。意外と多いのが、運転用のメガネ(装用時の視力が1.2~1.0くらい)でデスクワークを長時間行い、疲れを訴える方です。 ョナルフォトグラファーは、市場で販売するために最高の写真を製作するために、スキルを非常に良好な状態に保つ必要があります。現在のところ、必要な … 年齢が30代後半以上で、デスクワークが長時間、さらに今ご使用のメガネで意外と遠くが見えている、という方は要注意です。 外見はクリアレンズと言うには無理があるような気がしますが、装用すると「まぁクリアレンズで通るかな?」というギリギリのライン。光源の強さや角度、使用環境によってはまれに着色の度合いが強く見えることもあるかも知れませんが、ビジネスでの使用において違和感が出る程度ではないと思います。その他、傷つき防止・裏面からの紫外線の侵入を防ぐ裏面UV吸収コート・静電気でホコリや花粉を寄せ付けない帯電防止など日常の使用に嬉しい機能もほぼフル装備したレンズです。 HOYAが435~440nmの波長にこだわっているのに対し、ニコンのレンズは380~500nmの広範囲でブルーライトをカットする考え方です。selux982BPよりはやや透明感は劣りますが、ブルーライトカット率は約17%となかなかの数字です。その他傷つき防止・裏面からの紫外線の侵入を防ぐ裏面UV吸収コート・静電気でホコリや花粉を寄せ付けない帯電防止などほぼ豪華なフル装備レンズ。屋外での使用にも安心です。 今のところ度数制作範囲が狭く、すごく度数が強い方はこのレンズで作成出来ない場合もあります、ごめんなさい。 い替えなくてはいけません。 UVライトは製作コストが安いので、激安ジェルネイルキットとして売られている物には「UVライト」の「ワット数が少ないもの」が付属していることが多いです。 もちろん、UVライト対 … Copyright © 2021 キレイ研究室. šä¸é€éŽçŽ‡90%と書いてますが、スーパーの店員に聞くと、「わかりません、これはPC用なので、やはりUVは専門の眼鏡がよろしいかと思います」という返事でした。やはりPC用のUVカット機能はおまけですか?(2) おすすめのレンズはこちら, そもそも日本人で日常的にサングラスを使う人はまだまだ少ないのが現状ですし、「ビジネスで色付きレンズは印象が悪い」と言った意見も多いのが実際のところ。そこで登場したのがクリアタイプのブルーカットレンズです。見た目は普通のメガネなのに都合の悪い光だけをカットする!というスタイルが奥ゆかしい日本の人には人気なのかも知れません。 しかしながら着色タイプとは違い、クリアレンズの場合ブルーライトをカットする性能にどうしても限界がありますし、そもそも「ブルーライトを全てカット!」なんてことをすると視界が非常に暗くなってしまい結局使いづらいレンズになってしまいます。そこでポイントとなってくるのが『主にどんなブルーライトをカットするのか?』という考え方です。, 『空気』と言ってもその中に酸素や窒素などが混じっているように『光』の中にも紫外線や赤外線など色々な光線が混じっています。光には波のような性質があり、例えば紫外線なら380nm(ナノメートル)以下、赤外線は780nm以上というように波長で分類されます。 みなさんが言われる『ブルーライトのカット率』は図で言うA(赤色)とB(水色)の面積から求められます。※A÷(A+B)×100(%)となり、この図ですとカット率は50%以上となるのですが、これはあくまで図の面積比というだけであって『正確なカット率』といは言えないという意見もあります。実際レンズメーカーの『HOYA』は面積比での計算は正しくないとのスタンスをとっていて、カット率○○%という表現をしていません。(500nm付近のブルーライトをカットしても計算上のカット率はあがるものの、実際の有用な効果は得られない、との考えもあります。)そもそもブルーライトそのものの定義もメーカーによって異なる(さらに低い波長もブルーライトに含めてしまう)場合もありますので、基本的にレンズの性能を客観的に数値化して比較するのは現状難しいと言えます。, ほぼ透明で、見た目がブルーカットに見えない自然な印象のクリアレンズがHOYAのselux(セルックス)982BPです。価格もリーズナブルでまずはブルーカットレンズを試して見たいという方にはおすすめです。HOYAはそもそもカット率を数字で出していませんが、分光透過率曲線を見ると通常のクリアレンズ(赤曲線)と比較して、主に435~440nmの波長のブルーライトを軽減しているのがわかります(矢印部分)。 2017 Feb; 15: 210–219.)。, バイオレットライトとは、可視光領域の中でも波長の短い360~400nmという、一部ブルーライトに含まれるの光のことで、UV-Aのすぐ近くに位置します。, 蛍光灯やLEDといった、室内を照らす光源にはほとんど含まれていないため、十分に浴びようとすると、外へ出るしかありません。, 近年、近視は世界的な問題となっています。欧米の若者の近視率が50%程度、特に東アジアでは高く、中国や韓国の都市部の若者においては90%以上だといわれており、これは半世紀前のおよそ2倍の数値です。, 今後10年間で、世界の人口の1/3である25億人もの人々が、近視の影響を受ける可能性も示唆されています(出典:Nature. まずはjinsのブルーライトカット眼鏡から、レビューしていきます! 【jins screenの選び方】25%と40%の違い&使ってみたレビュー 「jins screen 」には、ブルーライトカット率の異なる2つのタイプが … TOKAI LUTINA BDCの商品ページはこちら, ビジネスなどの使用を考えるとレンズの外観(本当に透明なのか?)は気になるところ。 レイガード435の商品ページはこちら, せっかくのブルーカットも度数が合ってなければ意味はありません。特に注意したいのが年齢とともに低下する調節力です。 2015 Mar 19; 519 :276-278)。, 世界的に近視は都市部の若者の間で特に広がっており、スマートフォンやTV、PCなどの普及はもちろん、最近の子どもの外遊びの時間の減少が原因のひとつではないかと考えられています。, 太陽光を浴びる時間をつくろうとすると、紫外線の弊害が気になる方もいらっしゃるかと思います。, しかし、今回お話しした近視に対する効果や、皮膚でビタミンDを生成する働きや体を温める効果、体内時計を整える効果など、太陽光を浴びるメリットがあることも事実です。, 時と場合によって、日焼け止めやサングラスといったアイテムも取り入れながら、太陽光と上手に付き合っていきたいですね!, [文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]. ライトもこれに伴いledのものが出 … šã‚‚カットできるコスメを使って、光による肌の老化を徹底的に防ぎましょ! 「とりあえずブルーライトはカットしといたほうがいいとは思うけど、実際よくわからない・・・」という声をよくお聞きします。メガネレンズの話は詳しく話すと難しくなりがちなので、このページではなるべくパパッと手短に話が済むようにレンズの選び方や特徴をお話ししていきます。, ブルーカットレンズには『着色タイプ』と『クリアタイプ』があり、ブルーカット率が高いのは実は『着色タイプ』だったりします。ブルーライトは簡単に言ってしまえば青白い光なので、単純に黄色いサングラスをかければブルーライトをかなり効率的にカット出来ます。ただ黄色は目立ち過ぎたり、逆に眩しく感じたりするので、実用性やファッション性を考慮したカラーが実際には用いられます。ブルーカットレンズは最近では認知度も高く、一定の市民権を得ているとも言えます。クリエイターやファッション関係のお仕事の方など「色付きのメガネでも何ら問題ない」という方は着色タイプのブルーカットがお勧めです。, HOYAレンズのみオプションとして対応するのが、ブルーライトカット効果も高いおしゃれカラーの『キャリアカラー』通常のサングラスカラーは鮮やかなクールな印象の色が多いのですが、キャリアカラーは淡い肌に合いやすい色が特徴です。ご使用時の外見がイカツクなりにくく、優しい印象です。チラつきを抑えるための特殊な染料でのカラーですので、コントラストの上がったクッキリした視界が得られます。カラーバリエーションも豊富な上に夜間の運転にもご使用の場合は薄め、特に眩しさを抑えたい場合には少し濃い目など濃度も2段階でお選びいただけます。 この『オプションで機能を付加する』という方式は一見複雑なのですが、「個性的でおしゃれにメガネを楽しみたい。」「機能的なカラーで快適に過ごしたい」と言う多様化するニーズに対し、幅広い自由な選択を可能にしたいというHOYAらしい展開だと思います。 の短い360~400nmという、一部ブルーライトに含まれるの光のことで、UV-Aのすぐ近くに位置します。 とは言え、実際透明度が高いレンズほどブルーカット効果に限界があるというのが実際のところですので、使用環境や職場での印象(真面目でカタイお仕事の場合はより透明度の高いものが良いと思います)を想像してお選びになることが大切かと思います。 435nmの波長のブルーライトに重点を置き、その約20%をカット出来るのですが、例えば前述のselux982 BPにさらにレイガードをプラスというように、ブルーカットレンズにさらにブルーカットオプションを追加出来るのがこのオプションという仕組みのすごいところです。 All Rights Reserved. HOYAはこの『レイガード』以前からブルーカットカラーの『キャリアカラー』もレンズオプションとして販売しています。両者は非常に似た『ブルーカット用カラーオプション』なのですが、『レイガード』がより435nmの波長にこだわった仕様になっているのと、レイガードがキャリアカラーより透明感のあるナチュラルなカラーになっているという点がその違いです。 ブルーライトカットメガネno.1。累計売上700万本突破のpcメガネjins screen。ブルーライトから眼を守るために専門医や学術機関との共同研究によって誕生した高いブルーライトカット機能と品質を備えたメガネ(眼鏡・めがね)です。 網膜の最も重要な部分に黄斑部があり、その色素、『ルテイン』を光ダメージから保護する目的で開発されたレンズ『ルティーナ』、さらにそのルティーナにブルーカットコーティングを施したのが『LUTINA BDC』なのです。極めて紫外線に近い波長の400~420nmをカットするルティーナと450nm付近のブルーライトをカットするBDCコートの相乗効果は絶大です。 紫外線は目に見えないのに対して、ブルーライトは紫外線に近い波長の青白い『目に見える』光です(380nm~500nm)。 uvとledライト レジンでは?どちらがいいの? レジンと言えば、uvレジンが有名ですね。 しかし昨年(2017年)、それよりも新しい 「ledレジン」 が発売されました。. の単色光を意識的に選択して裸眼で見ることができない。 ブルーライトのような幅のあるスペクトル(380~495nm)領域だけを取り出すこともできない。 TOKAI LUTINA BDCの商品ページはこちら, オプションとして好みのレンズに機能を『付加』できるようにしたのがHOYAの『レイガード435(RayGuard435)』です。(注文の際には『お好みのHOYA製レンズ』と『レイガード』の両方を買い物カゴに入れる必要があります。) 多くのメーカーはレンズの性能をわかりやすく表すために『分光透過率曲線』というのを用います。これは波長別の光線の透過率を曲線にしたもので、例えば前述の黄色く着色したレンズ(HOYA キャリアカラーMSSY25)では図のような曲線となります。横軸が波長、縦軸が透過比率を表します。 一度眼科等で使用目的に合った度数の再チェックをおすすめします。. Nikon SNSの商品ページはこちら 分光透過率曲線を見ると420nmまでの波長はほとんど透過せずにカット、さらに380~500nm波長全体では約30%のカット率となかなかの数字です。東海光学は450nmの波長を効果的にカットすることを目的としてブルーカットコートを開発していますが、その波長においても約20%という高いカット率を実現しています。 šã®ç¨®é¡žãƒ»ç‰¹å¾´ãƒ»ç”¨é€”や実際にuvライトを使ってみた様子を紹介します。 懐かしのブルーライト削減について。火付け役は格安メガネ通販で話題となったjinsというメーカーのjins pcというブルーライトカットレンズと記憶しており、あれから数年が経過した今、ブルーライト気にする人はどのくらい居るのか。最後にアンケートございます。 キャリアカラーの商品ページはこちら クリアタイプのブルーカットレンズは反射式と言って、特定の光を反射してカットするのでレンズ表面に特有のギラ付きが出ることが多いのですが、seluxBPはそのようなギラ付きもあまり気になりません。カット率がずば抜けて高いということはありませんが、ほどよくブルーライトを最小限カットすることで暗くなり過ぎず、色味が極端に変わらない範囲で違和感無くコントラストあげた良好な視界を実現しています。 太陽光に含まれるバイオレットライトに、近視を抑制する効果があることが報告されました。. あくまで着色タイプとなるのですが、ブルーカットでありながら、透明感のあるナチュラルなカラーから4タイプ選べるのも嬉しいところです。    selux982BPの商品ページはこちら, クリアレンズといいながらバレない程度に少し着色も施し、ブルーライトカット率を引き上げたのがニコンのシーコートネクストサファイア(SNS)です。 レンズカラーの商品ページはこちら, 『ルティーナ ブルーライトダメージコントロール(LUTINA BDC)』は個性的な切り口でレンズ開発をすすめる国内メーカー東海光学のレンズです。 さの違いにあります。 光は下記の7色で構成されています。 図によると、380nm以下の波長は曲線が0%を指しているので紫外線はほぼ透過していないことがわかります。450nmの波長では約50%透過していますので、逆の表現をすれば「450nmの光は約50%カット」していると言えます。 ブルーライトを浴びると目に悪いと言われています。ledからはブルーライトが多く出ているので、ledは体によくない灯りなのでしょうか?実はそんなデータはありません。なぜブルーライトが悪者になっているのか、どのように灯りと付き合えばよいのか解説します。 メガネの度数により快適に見える距離は変わります。つまり5m以上遠くが見える運転用メガネで50cmくらいの距離のパソコン画面、もしくは30cmくらいの距離の書類やスマホを見続けるというのはどうしても疲れる、という事になるのです。 パソコンやスマホが普及してブルーライトの影響が気になっている人も多いでしょう。今回はブルーライトという光とはそもそも何なのか、人体にどんな影響があるのかわかりやすく説明します。ブルーライトは太陽からも電子機器からも出ていて、実はそこら中にあります。 であるブルーライトはほとんどが透過してしまいます。 しかしながら着色タイプとは違い、クリアレンズの場合ブルーライトをカットする性能にどうしても限界がありますし、そもそも「ブルーライトを全てカット!」なんてことをすると視界が非常に暗くなってしまい結局使いづらいレンズになってしまいます。 もっと別の好みの色で楽しみたいという方は『ブルーカットレンズ』+『レイガード』+『カラーオプション』なんてことも可能で、いったい全体どうなっているのかわからないほどの選択の自由があります。(「レイガードにさらにカラー(アリアーテカラー)を追加したら、レンズカラーは最終的にどうなるの?」と言った心配も無用です。HOYAではレイガードにさらにアリアーテカラーを追加した場合、レイガードの色とアリアーテカラーの混じった色ではなく、アリアーテカラーに限りなく近い色に仕上げてくれます。) ジェルネイルを硬化する際に使用するライトは、uvライトやledライトがあります。「違いって何?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。簡単に言えば、ライトの種類が違うため、価格や硬化時間が違います。今回はジェルネイルで使用するuvライ… selux982BPの商品ページはこちら ブルーライトのカット率が上がれば上がるほど、視界は黄色味がかっていきます。 感覚なので一概には言えませんが、カット率15%程度であればそこまで大きな色味の違いはないかなと。 領域が異なります。 つまり可視光領域(肉眼で見ることのできる範囲)は380nm~780nmとされていますが、ブルーライト領域は380nm~495nmとされています。 Nikon SNSの商品ページはこちら さの調整や、時間によりブルーライトカットのオン/オフのスケジュールが設定できます。 クリアレンズの定義は「視感透過率80%以上」。なので実のところカラー濃度20%未満の着色で『クリア』レンズということになります。レンズの外観は人によって見え方も異なる上、使用環境によっても大きく変わるので非常に難しいのですが、「クリアタイプと表記があったのに、実際に購入してみると意外と着色してある」ということもあり得ます。(装用者の肌の色がより白い場合はレンズの着色も目立つ場合が多く、また太陽光の下でもより目立つ場合があります。)

ツイステ アクセサリースタンド 飾り方, ビール おつまみ ギフト, 一ノ瀬 トキヤ 家族 構成, ネイティブ 英語 聞き取れない, 東日本大震災 エピソード 悲惨, 14歳の母 10話 フル,