コロナのせいで楽器を始める40代が増加 バカ「え、プロになるわけでもないのにそれなんか役に立つの? ... 楽器や機材を買うことが目的でそこで満足してしまうんだと思う ... 長崎の海苔漁師は50代でピアノ初めて今や24時間テレビで演奏するまでになった . 【楽器50歳から】失敗しない!50代の習い事「選び方と習い方」 50代から始める楽器おすすめランキング!≪初心者目線の決定版≫ 50歳の楽器探し!|大人から始められる楽器ランキング! プライバシーポリシー; 特定商取引法に基づく表記 [ad#co-1] 楽器をやってみたいけどな、と思っているあなた。 でも、もうこの歳では遅いのではないか? と思っているあなた。 やったことないし、譜面も読めないから無理かなーと思っているあなた。 一応譜面は読めるけど、今更新しい楽器を始めるのもなーと思っているあなた。 50代以上の女性が楽器を趣味に始めるならギターとウクレレどちらが簡単?どちらが向いてる?を書きました。ギターとウクレレのサイズ、重さ、弦の本数の違い、材質の違い、ネックの幅の違いを比較し … 50代で余裕のある今だからできる、豊かさに彩られた週末を演出してみてはいかがでしょう。 50代、60代から趣味で始める楽器のお勧めは? フルートやマンドリン音楽など . さて、前置きはこの位にして、本題に入っていきます。 何事も新しいことを始める時に必ず必要なのは「目標」です。 目指す所を決めなくてはいけません。 ブログタイトルの 「ピアノを弾けるようになりたい」 では漠然としすぎていてアクションプランが立てにくいからです。 もう少し具体的に自分の目指すレベルを考えると、 「楽譜を見ながら練習すれば中級位の曲を弾くことができる」 この辺りが最終的な着地点になるのかと思っています。 いつまでにと言うのは趣味なので取り敢えずは考えないこと … 大人が始める楽器で最もオススメなのはピアノだ。以前通っていた音楽教室の発表会で、60代後半の女性が素晴らしいピアノ演奏を披露していた。「子供の頃から続けているんですか?」と聞いたところ、「30代半ばから始めたのよ」と教えてくれた。 コロナのせいで楽器を始める40代が増加 バカ「え、プロになるわけでもないのにそれなんか役に立つの? ... 長崎の海苔漁師は50代でピアノ初めて今や24時間テレビで演奏するまでになった . 一体どの楽器を趣味にしたらいいの? 楽器を趣味に持ちたいときに悩んだ時は 易しくて入門しやすく、可愛くて軽い ウクレレがおススメです。 こんにちは。はらちゃんです。 今回は、50代以上の女性が楽器 … フルートやマンドリン音楽など. このシリーズでは、「40歳、50歳から始められる趣味・スポーツ・資格・移住などさまざまなジャンル」に関してのネット検索上位3つ*の記事をもとに、始めることの楽しさを伝えていきます。 今回は癒される楽器「ウクレレ」について調べてみました。 50代以降おススメな楽器. 仕事も家庭も落ち着いてくる50~60代。これからの人生の楽しみとして、何かしら趣味を持ちたいという人は多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめなのが「ピアノ」です。優雅な音色を奏でるピアノは落ち着いた雰囲気の大人の趣味にはぴったりです。 50代以降からギターを始めてももちろん弾けるようになります。弾けるようになるまでに遠回りしなくてもよいようにコツと注意点をまとました。ギターが生涯の趣味になりますように! 50代になってから、ギターを再開したり、弾き始める方も カラオケに20年来通って好きな歌をうたってきましたね? 『歌うことはすでにほぼ出来ているんです!』 だいたい、50代からギター弾き語りを始める … 本当に50代、60代から楽器にチャレンジするなんて無理なのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。 では、どんな楽器がシニア世代から始めるのに適している楽器と言えるでしょうか。それは、ずばりチェロです。その理由をお伝えします。 音楽の趣味は何歳から始めても素敵なものです。. 50代、60代から趣味で始める楽器のお勧めは?. (大人の初心者に向かない楽器) もちろん、どんな楽器であっても全くの初心者から始めることはできるのですが、私が個人的に長年色々な楽器と接してきて感じるのは、ある程度の年齢から始めるのには、非常に不向きな楽器があるのは事実です。 男性はギター、ベースやドラムを定年過ぎてから始める人もいるのだとか。 サックスやトランペットもやりたいという男性もいますね。 中高年以降初めての人におススメな楽器は、オカリナやウクレレ。 ハーモニカも良いですね。 40代50代と、若い人との差40代50代からギターを始めた方、もしくはこれから始めようと思っている方。今の年齢からギターを始めたとして上達できるのか?気になる方が多いと思います。まず気なるのは、自分はもう若くないから弾けるようにならないんじゃないのか? 50歳から楽器を始めたい!でも今から始めるならどんな楽器がいいんだろう…?と悩んでいませんか?今回は50歳から始めるのにおすすめの楽器をランキング形式でご紹介します。比較的上達しやすいもの、初心者でも始めやすいものを中心に厳選しました。 「楽譜が読めない」「センスがなくて」と諦める事はありません。. 人生も中間地点を通過し、定年後の生活も想像し始める50代。仕事一筋の生活でこれといった趣味がない方も多いのではないでしょうか?。そんな50代男性に向けてのこれからでも始められるおすすめ趣味 … ボケ防止は?ご存知でしょうか。今、脳科学者は【50代から始める趣味】に楽器をお薦めしています。今、テレビで人気の脳科学者が「脳トレには楽器が最適」と話しています。なぜ、楽器は脳トレに良い … Techno & Digital technology inspire our music life! 50代から始める習い事. 女性の50代は、子供の自立など今までの慌ただしさから少しずつ解放され、老後に向けて準備を始める時期です。 穏やかに、でもたのしい日々を過ごしていくために何か夢中になれるよう趣味を見つけてみるのはいかがでしたでしょうか。 種を3つご紹介! 今後さらに需要が高まる仕事, 【無料相談会(東京都)】行政書士による成年後見制度相談, 「将来の生活をイメージ出来ていますか?」資産運用相談会【初回相談】. 様々な楽器を選ぶことは可能ですが、とりあえずは1つの楽器に絞って始めてみましょう。 シニア世代が始めるのに適した楽器を紹介しますので参考にして、興味が持てるものにチャレンジしてはいかがでしょう。 健康の効果も期待できる管楽器 50代男性: まず勇気をもってとびらをたたく。 一度しかない人生なので、何かに熱中することはとっても大事です。楽器を始めるのにいくつになっても遅すぎることはありません! 自分で楽器を演奏したことがない人も、50歳を超えてから練習を始める人も珍しくありません。 バンドを組むのもいいですが、一人で始めることも出来ますから、コツコツと練習をしながら仲間を見つけるのもいいですね。 「もう35歳だしなぁ、、。」 「60歳超えたし新しいことを始める勇気がない、、。」 「仕事や子育てが忙しいから、、、。」, 楽器を始めたくても、年齢や忙しさを理由に諦める人は多い。あなたの周りに「今から楽器を始めるの!?」と、ややネガティブな反応をする人はいないだろうか?
私の周りにも何人かいたが、ありがたいことに年齢関係なく新しいことに挑戦する人のほうが多かった。 そんなチャレンジしている人たちの話をシェアすると、心動かされ「〇〇を習い始めたよ!すごく楽しい!」と嬉しい近況報告をくれる友人も増えた。, 「音楽をやりたいけれど迷っている人の背中を押せるかも!」と思いたち、こちらの記事を書くことにした。, 私は幼少期から何個か楽器を習っており、中には大人から始めたものもある。バンドやアマチュア・オーケストラに参加した時期があり、今までに出会った幅広い年齢の人たちや自分の経験から、大人が始めるのにオススメな楽器を5つ選び、オススメ順に並べてみようと思う。, 1)レッスンに通う なにかと忙しい大人とって、レッスンに通うのが最も効率的。モチベーション維持にもつながる。私の周りは、月1〜2回のレッスンに通う人が多かった。(むかし習ったことがある楽器を再開するなど、独学の自信があればもちろん独学でOK!) レッスンに通うと発表会に出るチャンスもありオススメ。(大人の楽器習得〜「発表会」を成功に導くポイント15選!), 2)自分の楽器を所有する(所有できない場合も練習時間をキープ) これは自宅やスタジオなどで練習しやすい環境を整えることが目的。もちろんいきなり購入するのではなく、何度かレッスンに行って、続ける意欲を自分自身確認してからでOK!楽器は体で覚える部分も多く、できるだけ触れる機会を増やしたい。, 忙しい大人が無理なく練習するのは、1日1時間 × 週2日~3日と考えて、この練習時間をキープするには、やはり自分の楽器を所有するか、家からアクセスの良いスタジオ等でレンタルするかになるはずだ。 練習時間はもっと多い方が良いが、最初からハードルをあげると疲れるし、モチベーション維持にもまずはこのくらいを目指したい。, ・レッスンに通う ・自分の楽器を所有する(所有できない場合も練習時間をキープ) この2点のポイントをふまえ、難易度、価格、手軽度(持ち運び、練習の機会の得やすさ)、汎用性(アンサンブル、バンド、ソロなど演奏形態、楽曲ジャンル)を総合的にみてオススメな楽器を選んだ。, 大人が始める楽器で最もオススメなのはピアノだ。以前通っていた音楽教室の発表会で、60代後半の女性が素晴らしいピアノ演奏を披露していた。「子供の頃から続けているんですか?」と聞いたところ、「30代半ばから始めたのよ」と教えてくれた。彼女は仕事が忙しく(たしか看護師)、なかなか始められなかったそうだ。 30代半ばからスタートしても、60代では演奏歴30年!彼女との出会いでこの気づきが得られ、大変感謝した。
ピアノは鍵盤を押せば音が出るのでヴァイオリンなどフレットレスの弦楽器より難易度は下がる。シンプルな曲であればすぐ弾けるようになるだろう。, 本格的なピアノを購入すると高額だが、ピアノの鍵盤の感触に近いピアノタッチのキーボードもある。ヤマハ YAMAHA 電子ピアノ Pシリーズ 88鍵盤 ブラック P-125Bは4万円代とコスパも良い。スタンドやペダルをセットをまとめて購入しても5万円代に抑えられてお買い得!キーボードだとヘッドフォン出力できるので、周囲を気にせず練習できるのも良い!また、この製品は内臓スピーカーから音も出せるので便利。, ピアノは「ピアノ練習スタジオ」なども各所にあり、自分の楽器がなくても練習環境を整えやすいのが嬉しい。レッスン教室が個人練習用にピアノ付きのスタジオを時間貸ししてくれる場合もあるので、体験レッスンで教室の設備を質問するのがおすすめだ。, ピアノ(キーボード)が弾けると、クラシック、ロック、ジャズ、テクノなど全ジャンルが楽しめる。また、音階を学べるので、他の楽器を始めようと思った時にもピアノの経験は大変役立つ(ハープの楽譜はピアノと同じだったりする)。バンドのキーボード需要も高く、様々な楽器とコラボレーションもできる。ソロで弾いても華やかだし汎用性がとても高い!, QUEENやBON JOVI、MUSE、X JAPANなど印象的なピアノのメロディが入る有名バンドもたくさんいるし、サカナクションのようにシンセサイザーが斬新なバンドもいる。自分の好みによって弾きたい曲を選びやすいのも、ピアノの利点だ。ヒップホップのピアニストも!最近は個性的なピアニストも増えている。, ”バンド系”の楽器は個人の好みによるので、ひとまとめにした。好きなバンドの曲で、自分がどの楽器の音を一番聴いているかで選ぶと良いと思う。私はベース音が大好きだったのでエレキベースを選び、数年間バンドで弾いていた。, バンド系の楽器がオススメな理由は、「五線譜が読めなくてもOK」ということが大きい。特にギター・ベースはタブ譜やコードが理解できればほぼ大丈夫だろう。コード3つだけで構成されたシンプルな楽曲も多く、それならばすぐに弾けるようになる。3コード程度で構成されたパンクやロック楽曲、アコースティック・ギターのシンプルな楽曲だけ弾きたいのであれば、専用教材やYouTubeなどHow To動画を用いて独学は可能だと思う。, しかし、ロックやジャズのギターソロ、ベースを指弾きしたいなど目標があるなら、やはり最初からレッスンへ通うことをおすすめする。ドラムに関しては、叩きたい曲がどんなに簡単な楽曲だとしても、レッスンは必須だと思う。, 価格もピンキリで、エレキギター&エレキベースは楽器本体、アンプ、シールド、チューナー、ピックがあればOKなので、中古などを探せば5万円程度で開始できる!, ドラムは自宅での練習が難しく、プロでも自宅にドラムセットを持たずにスタジオを利用するアーティストもいる。楽器を購入して自宅で練習できるのは、アコースティックギター、エレキギター・エレキベースだと思う。特にエレキだとヘッドフォンから音を出力して練習できるのも嬉しい。, バンド経験者は多いので、社会人になって楽器を始めても「楽器やってるんですか?一緒にスタジオ入りましょう!」と盛り上がることもよくあるので、汎用性もバッチリ! なぜ難易度が高いピアノの方がおすすめかというと、五線譜や音階を理解することが作曲やアレンジに役立つことが多いと感じたためだ。, Foo fighters “Monkey Wrench” はベーシストにおすすめ。比較的シンプルなので、時間をかけずに弾けるようになるし楽しいと思う。日本のCMで使用されたこともある曲だ。, ハープは実はとてもオススメな楽器。弾ける人がまだ珍しく、なんだか高貴なイメージもある(笑), オーケストラやウェディングセレモニーでよく見かけるグランドハープ(180cmくらいある!)だと、車で運搬が必要になる。しかし、それより1サイズ下の「アイリッシュハープ(レバーハープ )」は、34弦タイプで大きくても130cm程度の高さで重さも10kg代で軽いものが多く、電車で持ち運ぶ人もいる。価格もグランドハープが100万円を超えるのに対し、アイリッシュハープ だと30万円前後から新品を入手可能だ。, 「えー高いじゃん!!!」と思われそうだけれど、難易度と汎用性を考えると自信を持ってオススメできる。アイリッシュハープ を70歳代後半で始めた人もいると聞いたことがある。弦を弾けば音が出るので、習得しやすい楽器なのだ。また、これは個人的な感覚なのだが、ハープ は値下がりしずらい印象がある。フリマアプリで検索してみると、購入から何年も経っているハープが、まあまあの価格で取引されていることもよくある。それだけハープ所有者が少ないからだろう。 一方新品のハープ は年々値上がりしているそうで(木材の高騰が原因という説も)、早いうちに購入しておくのが良いかも。, ハープ の音色には癒し効果があるとも言われていて、音楽療法で使用されることもある。ボランティア演奏にも適している。, アイリッシュハープ の楽譜はピアノと同じくト音記号、ヘ音記号で構成されており、それぞれが右手、左手になる。ピアノ経験者は上達が早いので、さらにおすすめ。, ”グリッサンド”という全ての弦をなぞるように弾く奏法はとてもゴージャスな音色を出せる。弦の本数が多い分、ソロで弾いても多様な演出ができるのが嬉しい。タンゴを弾くハーピストも!動画内で軽くグリッサンドも入れている。(彼のハープはもしかしたら36〜38弦タイプかも。), アイリッシュハープではないのだが、グランドハープのアーティストで最近猛烈にオススメしたいのはジャズ・ハーピストのブランディ・ヤンガー。ビヨンセのライブドキュメンタリー「ホームカミング」でも楽曲が使用されたりと、人気上昇中のハープ奏者だ。ブランディのパフォーマンスは一般的なクラシック奏者とは異なるので、彼女のサウンドを聞くとハープがさらにやりたくなると思う!, 関東にお住まいで教室をお探しなら、銀座十字屋やグレースハープ 、ルナハープ などの規模の大きいスクールに体験レッスンを問い合わせてみるのが良いかも。, 多少小型なアイリッシュハープは持ち運べるとは言え、移動はやはり大変で決して手軽ではない。弦の種類によっては切れやすく、張り替えが不慣れなうちはメンテナンスに時間を取られるかもしれない。
しかし、バイオリンやチェロよりも習得しやすいという点で3位とした。, チェロとバイオリンはフレットレスで弓使いの技術も必要となり、難易度がぐんと上がる。だが、私の周りには30代以上でチェロを始めた人が何人かいて、皆スキルアップできているのでオススメしたい。 なかには60歳を超えてチェロを始めた人もいるのだが、弾けるようになっていた。彼女は元々ピアノは弾いたことがあったので楽譜は読めたのだが、弦楽器は全くの未経験だった。それでも2年ほどの猛練習のすえ、アンサンブルに参加するまでに成長していた。, チェロは大型で持ち運びが手軽とは言えない。価格も30万円はみた方が良い。しかしバイオリンよりは習得しやすいと感じるので4位に。, アンサンブル、カルテット、オーケストラ、バンドに参加するなど、音楽仲間との出会いも多い楽器だ。しかし、ピアノ、ハープ と違って、ソロ演奏披露となるとなかなかハードルが高いので、汎用性は★3つ。最近はクリーン・バンディット や2 CELLOSなどチェロがメインメンバーのアーティストも増えてきているので、アレンジの可能性も広がりを見せている。, チェロと同じくバイオリンはフレットレスで弓使いの習得も必要なので、難易度が上がる。私の知人で30代からバイオリンを始め、数年後にアマチュアオーケストラに入団して楽しんでいる方がいる。知人のバイオリン講師の生徒さんには、40代からバイオリンを始めて一気にハマり、仕事を続けながら音大に入学したかたがいるそうだ。バイオリンは大人から始めるの無理と思われがちだが、実はそんなことはない!ただ、チェロよりもフィンガリングがさらに細かく難易度も高いし、練習はストレスフルだと思う。, 価格はチェロと同様、30万円程度はみた方が良いので高額だが、持ち運びが比較的楽なのが利点だ。家以外だとカラオケボックスやレンタルスタジオに持っていき練習可能。私も楽器不可の物件に住んでいた時期は家で練習出来なかったので、よくレンタルスタジオを利用していた。都内でも、個人練は1時間600円程度でスタジオレンタルできるところは多い。, アンサンブル、バンド、オーケストラで弾くことができるが、チェロ同様、ソロ演奏披露にはハードルが高いと感じる。最近はエレクトロなどのジャンルでもヴァイオリニストが多く見られ、アレンジの幅もさらに広がりを見せている。ジャズ、ロックなど、ジャンルの幅が広く、汎用性はチェロよりも高いので★4つ。, こちらの動画は大人がヴァイオリンを始めてから2年間の成長を撮影したもの。素晴らしい!, ダンスミュージックが好きな方はDJやDTMもオススメ!30代後半の友人はDJスクールで習い始めてから半年程度、バーで月1ペースでDJをするまでに上達している。皆楽しそうだ!, NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/2デッキ DJコントローラー TRAKTOR KONTROL S2 MK3, 大人になってからの楽器習得にはこの3つのマインドが大切だと思う。集団で練習していると、「あの人は下手だ」とか「あのヴァイオリニストはここを間違えた」と言った批評をする人や、「なかなか上手くならない」などネガティブ発言が多い人が結構いる。私はそう言った批評やネガティブ話を聞くと、なんとなく私自身を批判されているような切ない気持ちになった。そう感じてしまう人は多いと思う。, しかし、そういう批評家気質な友人や世間の声にいちいち敏感になっていたら、新しいことは始められない!「リズムや音程がずれてるからこうしたほうがいいよ」などアドバイスは有難く聞いて練習し、モチベーション維持のためにも愚痴やネガティブ話は聞き流してOKだと思う。できなかったことは「なぜできなかったか」を少し考え次の練習に生かし、できるようになったことにフォーカスして自分を褒めましょう。, 徐々に弾けるようになってきたら「今年はアンサンブルに参加しよう!」「バンドであの曲が弾きたい」など、より具体的な目標をアップデートしましょう。どんなことがしたいのかSNSで発信してみてるのも良いかも。「それ私もやりたい!」と手を挙げてくれる友人がいるかもしれません。, 気になる楽器があればお近くの教室を探して、まずは体験レッスンを予約してみましょう!一生ものの趣味は、大人になってからでも手に入ります。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 【Netflix 英語学習】大人が楽しく学べる「最近の作品」6 選 ドラマ&ドキュメンタリー, 革新的なアイリッシュハープ メーカー、Dusty Strings(ダスティストリングス), 【20年1月4日来日予定!】FENDIも認める女性DJ Peggy Gou(ペギー・グー). 50代と60代の違いとは? 体力、経済力、退職前後で変わる傾向と対策 50代女性は自分のために時間を使えるようになったから習い事始めてみたいと思っても、なかなか一歩が踏み出せなくて立ち止まっている方もいらっしゃるのでは?50代女性に人気の習い事30と習い事選びを失敗しないためのポイント5つをご紹介します。 ギターを練習する環境はとても大事です。 環境とは ・実際にギターを練習する部屋や機材の環境 ・周囲の人からの理解 の2つを含みます。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 実際にギターを練習する部屋の環境としては、座ったらすぐにギターを弾くことができ、メトロノームや音源など練習に必要なツールがすぐに使える状態が理想的です。 2017年5月15日 ツイート. 興味がある楽器に触れ、楽しいと思える環境に身を置く事が大切です。. 大人になってからも、自分で楽器を演奏できるようになりたいと考える人は多いと思います。新しく楽器を始める場合には、演奏の難易度だけでなく、置き場所や持ち運び、値段なども考える必要がありますから、どの楽器を始めようか迷ってしまうでしょう。 定年後の趣味で60歳からのアルトサックスに挑戦する人が増えています。アルトサックスの指の動かし方は学校で習った縦笛と同じで音もすぐに出すことができる楽器でとても簡単。定年後の趣味で始めるにはもってこいの楽器です。上手い下手に関わらず脳トレやボケ防止にもいいんです。 趣味を兼ねて、習い事を始める中高年の方が増えています。 50代は習い事を始めるのに決して遅すぎる年代ではなく、ひとつの道を究めて店を開いたり、個展を開催したり、あるいは教室を開いて指導者の立場になることも可能です。