太田北部運動公園の南側の堰です。太田市内方面と石橋町方面への分岐点です。 大谷分水工 そして、いよいよ…大谷分水工です。いよいよって? 戦国時代の武将・大谷休泊をご存知ですか? 太田の水路の基本はこの方が造りまし 年 表 1892年 常西合口用水開鑿事業着工 上滝町外16ケ町村組合設立 1910年 常西合口用水普通水利組合に改組 1952年 土地改良法に基づき常西用水土地改 良区発足 2010年 太田川、富山市中部 広島市西部に位置する太田川放水路の河口から約 4.8km上流で塩分・水温と流速の鉛直分布の連続観測 を行った.観測地点を図-1に示す.太田川は河口から 約9km上流で放水路と市内派川に分派しており,放 水路上流端には祇園水門 うち、2箇所で決壊、11箇所で氾濫した球磨川水系球磨川(熊本県人吉市、球磨村等)では、浸水面積は約1,060ha。 国が管理する米代川水系米代川周辺、信濃川水系犀川周辺において、本川の水位が高かったため、水路等が排水できず浸水が発生。 信濃川の利水に関しては、本流と支流で異なった特徴を持つ。信濃川本川には高さ50 mを超えるダム・多目的ダムは存在しないが、その分、放水路が多い。 一つの河川に放水路が2か所も建設されているのは信濃川だけである。 〇堰のゲート操作等による太田川放 水路の仔稚魚の育成場としての活用 〇産卵期の仔魚の流下を促進する水 運用 〇産卵適地へ親魚の流下を促進する 水運用 〇遡上期の稚魚の遡上を促進する水 運用 *それぞれの構成員は別添のとおり 今ノ浦川総合内水対策計画 平成24年 3月 (改定) 今ノ浦川流域総合内水対策協議会 はじめに 二級河川太田川水系仿僧川の支川である今ノ浦川では、流域内の開発に伴う急速な宅地 化の進行により流域における雨水の貯留能力が低下し、洪水被害の危険度が高まる傾向に 川はみんなのもの。わたしたちの大切な財産。太田川水系の魅力を、もっともっと知りたい。 みんなで共有したい! そんな気持ちで太田川情報編集局のメンバーが、気のむくままに配信してい … 太田川は広島市を流れる一級河川であり,その中 流域で太田川は市街地を流れる旧太田川と太田川放 水路に分岐している.旧太田川と太田川放水路の分 岐点では太田川放水路側に祇園水門が設けられてい る(図-1).太 田川放水路には河口 分水路の名称は帷子川分水路といい、横浜市との協調事業として建設し、平成9年に完成しました。 帷子川分水路のルートは、帷子川中流部の横浜市旭区白根一丁目から地下トンネルを経て、横浜駅北側の旧派新田間川を利用し、横浜港までです。 (1) 太田川放水路の干潟の特徴 図-2は昭和14年における航空写真を示す.昭和初期ま では,干潟は太田川デルタの河口付近一帯に広がってい たことが分かる.現在では,埋め立てによって太田川放 水路と市内派川の河岸沿いにのみ干潟 合流点から西へ流れる東除川放 水路(大堀4丁目) 明治18年(1885)当時の明治橋を 示した地図(明治18年の『大日本帝国 陸地測量部地形図』より) 22 昭和初期の明治橋 幅6.5m,長 さ182.5m,昭和5年に改 … また、JR第3太田川橋梁地点の堤防高は、計画堤防高T P.29.9m に対し昭和56年洪水対応高(T.P.23.5m)となっており、それを上回る洪水が発生した場合に洪水氾濫が発生する危険性が高い状態でした。このため、支障となっているJR 氾濫によってできた平地なのでやはり氾濫被害の危険性が高い. 扇状地,三角州,自然堤防(氾濫平野)など 扇状地( alluvial fun):川が山間の谷からゆるやかな平地に出る地 点を起点として平地が扇状に広がった地形.透水性がよく 2.太田川水系直轄総合水系環境整備事業の概要 【事業の目的】 • 太田川水系には、多様な動植物が生息・生育するほか、数多くの史跡・名勝・文化 財等が存在している。• また 、 広 い 河川空間 は 、 地域住民 にとって 手軽 に 自然 とふれあえる 場所 であり 、 多 しかし、寺谷用水の東側、天竜川から離れた磐田原台地では、その後も、依然として太田川、原野谷川(はらのやがわ)などの小河川を利用した農業が続けられました。水量の少ないこれらの河川では、少しの日照りでもすぐに水が枯れてしまい、常習的な水不足に苦しめられました。 太田川水系の河川氾濫 雨の条件 約50年に1度の確率で起こり得る降雨を想定(太田川流域に24時間に355.1mmの降雨) 対象範囲 対象河川:原野谷川(太田川合流点〜8.4km付近)、逆川(原野谷川合流点〜12.0km付近)、垂木 局地的な大雨により、新潟県を流れる 胎内川(たいないがわ )の増水 が懸念されています! 今後さらに増水する恐れがありますので、河川には近づかないように十分お気をつけて下さい。 こちらの記事では 胎内川のライブカメラ映像や水位、現在の状況や最新情報 をご確認いただけます。 川を持たないが,例 外的に支川流域を持つのが百間川放 水路と太田川放水路,新 川の3水路である.こ の3水路に ついて,河 口地点の流量のなかで支川洪水が占める洪水 量の比率を調べると,前二者のそれは20%未 満であるが 河川・砂防における 生物多様性に関する取組み 平成19年5月 国土交通省河川局 治水 明治29年(1896年) 近代河川制度の誕生 平成9年(1997年) 治水・利水・環境の総合的な 河川制度の整備 放水路は北上川、信濃(しなの)川、荒川、江戸川、狩野(かの)川、豊(とよ)川、太田川など多くの河川で開削されている。水力発電所で発電に使用した水を河川に放流するための水路も放水路tailraceという。[ … リバーフロント研究所報告 第22号 2011年9月 -3- している。今後、干潟造成による物理場・生態系への 効果・影響の評価を行い、平成24年度には、「干潟再 生試験区」を含む太田川の河口干潟における研究成果 を取りまとめるとともに、将来の緊急用河川敷道路の 指定河川洪水予報 河川の増水や氾濫などに対する水防活動の判断や住民の避難行動の参考となるように、気象庁は国土交通省または都道府県の機関と共同して、あらかじめ指定した河川について、区間を決めて水位または流量を示した洪水の予報を行っています。 太田川放水路の完成の後、広島では大雨による浸水被害や洪水がなくなり、安心して暮らせる町に なりました。100万都市広島を創った太田川、それゆえに災害に脆弱だった広島市ですが、太田川放 水路は広島市の安全と発展に大きく貢献 1)太田川生態工学研究会:太田川放水路における生 態工学研究-太田川生態工学研究会 中間とりまと め-,2009 2)財団法人リバーフロント整備センター:太田川放 水路環境調査・評価業務報告書,2010 0k000 旭 橋 0k100 0k155 日川水路(準用河川、蓮田市江ヶ崎で元荒川へ合流)となっている。 中世の国郡制の下では、埼玉郡には太田荘と埼西郡というのが設けられていたが、 その境界となっていたのが、日川だとする見解もある(白岡町史 通史編 太田川水系の中国電力の水力発電所 発電所名 位置 発電開始 形式 使用水量(m3/s) 落差(m) 出力(kW) 備考 亀山発電所 安佐北区 明治45年(1912年) 水路式 28.00 13.57 2,100 昭和48年(1973年)に廃止 間野平発電所 全国の河川の危険度や水位を地図とグラフで提供。国土交通省や気象庁、自治体から発表される各観測所の水位と洪水予報の発表状況をお知らせします。降雨の様子や、避難情報、気象警報にも注意し、危険を感じた場合には、すぐに避難所への避難など身の安全を図る行動をとってください。 1.事業の目的と計画の概要【草津川放水路事業】 事業の目的 堤内地盤から河床までの高さが約5mもある危険な天井河川であった旧草津川を平地化し、琵琶湖までの5.5kmの放 水路を整備することで旧草津川のはん濫による浸水被害を防止。 「太田川は中国山地に発し、多くの支川と合流しながら山間部から広島平野に至ります。下流域の平野は、海抜ゼロメートル地帯が広がっているため、氾濫リスクは大いにあります。さらに上流、中流域は勾配が急であり、かつ蛇行して