R楽天で探す, 《作編曲のための素材が全て揃うバンドル》Native Instruments Komplete 13. Sサウンドハウスで探す Logic Pro Xついて, ベース用アンプシミュレーターとプリアンプ・プラグインを使うなどすれば、ラインレコーディングをした際に「ライン臭さ」をなくすことができますが、ベーシストであればプリアンプ・エフェクターを使用して録音することもオススメです。本格的なバンドレコーディングの際にもベースはプリアンプを通してラインレコーディング、といったことは頻繁に行われています。, ベース用プリアンプとして知名度・人気共に高い「SANSAMP BASS DRIVER DI」を用意すれば、ベースのラインレコーディングに活躍することは間違いありません。, SANSAMP BASS DRIVER DI – Supernice!エフェクター, 有料プラグインの売れ筋を… しかし録音状態が良ければ、ライン録音やモデリングアンプでは再現できない空気感、説得力のあるサウンドが得られるでしょう。お気に入りのアンプで録音したいという人は、是非この方法を試してみて下さい。 録音マイクの選び方. 楽天市場:musicland key -楽器-の録音/p.a. エレキギターといえば、100wクラスの大型アンプに接続し、大音量で演奏するというのが一般的でした。しかし、それはもう遠い過去の話になりつつあります。大型のアンプでしか得られない迫力のサウンドを、擬似的に再現することができるアンプシミュレータ js = d.createElement(s); js.id = id; またプロデューサーが「ラインの音が良いんだよ」と意味も無く言い張った場合。w そういったケースも当然ながら多分にあります。 で、ライン録音っていうのは3パターンあると思います。 1.ハードのアンプシミュレーターを利用する。 2. SONARついて, Mac専用のDAWとして人気が高いLogicにはBass Amp Designerと呼ばれるベースアンプシミュレーターが搭載されています。Pro Xにバージョンアップしてから初めて搭載され、太く生々しい質感のサウンドに仕上がるのが特徴です。, 収録されているモデリングはアンプが3つ、キャビネットが6つ、マイクは3 アンプシミュレーターというのは簡単に言えば、読んで字のごとく ギターやベースのアンプをシミュレートしたもの 。. 多彩なアンプサウンドを楽しめるベースアンプシミュレーター. 1台あれば何種類ものアンプを使い分けできるアンプシミュレーター。便利で音も良くできるから導入したいけど、どれがおすすめなのか分からず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回はアンプシミュレーターの選び方やおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介します。 Hughes & Kettnerは好きなギターアンプメーカーの一つで、TRIAMPに代表される抜けのいいドライブサウンドが気に入っています。このBlack Spirit 200は200Wのギターアンプヘッドにキャビネットシミュレーター機能付きDIが内蔵されているモデルで、ライブでもレコーディングでも同じケトナーサウンドを使用することができます。 最近思うんですがベースのラインどりにアンプシミュレータープラグインさしてたんだけどなしでもいいような 80年代ってアンプシミュレーターなしでラインどりしてたりしたんですかね? ベースはドラムと共に楽曲の土台を構成する楽器であり、楽曲全体の善し悪しを左右する重要なパートでもあります。ロックやブルースに用いられるエレキベースをはじめ、ジャズに用いられるウッドベース、トランスに用いられるシンセベースなど、楽曲のジャンルに合った様々なベースサウンドが存在します。, そんなベースですが、生演奏によるレコーディングができない場合、ソフトウェア音源を使ってパート作りを行うことになります。各社から様々なベース音源が販売されているので、それぞれ特徴を理解した上で導入するか検討してみましょう。, 2016年3月現在、ベース音源の最高峰と呼ばれているのがTrilianです。インストール容量は34GBにもおよび、エレキベースからシンセベースまで、多種多様なベースサウンドを収録しています。「Trilianさえ持っていれば他の音源は必要ない」と言われているほど、アマチュアはもちろんプロの間でも定番となっている製品です。, 特筆すべきは他の追従を許さないハイクオリティな音質です。音の太さはもちろん、木の鳴りや弦とフレットが擦れた際に発生するノイズまで再現しており、ソフトウェア音源とは思えないほど生々しいサウンドに仕上がっています。, もちろん奏法も充実しており、エレキベースならフィンガーにピック、タップにスラップ、ミュートなど、アコースティック系楽曲に用いられる奏法を完全に網羅。特にスラップは生演奏と謙遜の無いサウンドクオリティであり、使用機材や録音環境によっては生演奏すら超えてしまうポテンシャルを秘めています。, また、ハンマーオンおよびプルオフといった奏法もソフト側が自動で切り替えてくれます。同時に、ピアノロール上で同じノートが連続して続いた場合、ランダムでサンプルを切り替えて自然な同音連打を実現するラウンドロビン仕様にもなっており、いかにも打ち込んだサウンドになりがちなベース音源特有の弱点を見事に克服しているのもポイントです。, 他にもディストーションやワウなどを含めた32種類のエフェクト群を内蔵。ベースプリアンプでお馴染み、TECH21社のBass Driver DIのようなゴリゴリとしたサウンドを作ることも可能です。多少高価なものの、Trilianだけでほぼ全ての音楽ジャンルのベースパートを賄えるため、本格的にDTMを楽しみたい方は率先して導入することをオススメします。, 2016年12月にIK Multimediaより発売された「MODO BASS」は、サンプルベースではなく物理モデリングを採用したことで動作は軽く、迫真のリアルサウンドを実現したベース音源となっています。選べるベースは新旧大表する12機種。演奏方法はスラップ/ピック/指弾き、ミュートと選択でき、演奏する位置やスライド、デタッチノイズ、ハンマリング、ビブラートの度合いなどなど、生のベースプレイに必要な要素のほとんど全てを細かく設定することができるようになっています。, それだけでなく、弦の選択(弦の数、弦の状態、弦の太さ、チューニング)、20種類のピックアップの選択、アンプ/エフェクトの選択と、エレキベースの音源を選ぶならMODO BASSがかなりのアドバンテージを持っています。, 「ベースは生演奏に限る」という方も多いでしょう。エレキベースのレコーディングはライン入力が基本ですが、「ベースアンプシミュレーター」を併用することで、リアルかつ太いサウンドで録ることができます。ここでは生演奏派にオススメのパソコン上で動作するソフトウェアタイプ(プラグイン)のベースアンプシミュレーターを紹介していきます。, ギターアンプシミュレーターでお馴染みのAmpliTubeにはベースアンプのモデリングも多数収録されています。代表的なのがAmpeg社と共同開発した名器、BA-500やSVT-CLASSIC、SVT4-PROなどのモデリングです。, Ampegはベースアンプの超定番として世界中の音楽スタジオに設置されており、多くのベーシストがメインアンプとして使っているでしょうが、いつも鳴らしているあの音を自宅でも楽しむことができるのは大きな魅力です。当然サウンドのクオリティは高く、アンプはもちろんキャビネットもAmpegの物をモデリング。正真正銘本物のAmpegトーンを手に入れることができます。, もちろんAmpeg以外にはOrange社のAD 200 MK 3Bなどのモデリングを収録。真空管を採用したベースアンプの代表モデルとして名高い同アンプですが、重厚で艶のあるサウンドは実機と謙遜ありません。総じて完成度が高いので、ソフトウェアタイプのベースアンプシミュレーターでお悩みの方は、まずはAmplitubeから試してみることをオススメします。, 「ベースのためだけにシミュレーターを導入できる余裕が無い……」という方も多いでしょう。これはギタリストやキーボーディストの方に多い話ですが、そういった場合「DAW標準搭載のシミュレーター」を使用するのがオススメです。, 例えば、上記で紹介したAmplitubeのサウンドクオリティは非常に高いですが、導入にはそれなりのコストが必要となります。DAW標準搭載のシミュレーターなら最初から使える上、導入コストも掛かりません。付属品とはいえ、しっかりと音を作り込めば高品位なシミュレーターに匹敵するサウンドに仕上がりますので一度試してみましょう。ここでは各DAWに搭載されているシミュレーターを簡単に紹介します。, 国内トップクラスのシェアを誇るDAW、CubaseにはVST Bass Ampと呼ばれるベースアンプシミュレーターが搭載されています。CubaseにはVST Amp Rackと呼ばれるギターアンプシミュレーターが搭載されていましたが、Cubase 8にバージョンアップした段階でベースアンプ版が新たに仲間入りしました。, 同社らしい癖の無いサウンドで、マイキングによる音質変化やイコライザーの効きが良く、非常に扱いやすいのが特徴です。 自宅でDTMをするにあたってなかなかギターやベースをアンプで鳴らして録音する事は出来ません。そんな時に役に立つのがアンプシミュレーターです。 今回はベースアンプシミュレーターのプラグインIK Multimedia Ampeg SVXについてのレビューしたいと思います。 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? エレキギターやベースなどライン出力できる楽器の場合、アンプから大きな音を出さずに、アンプから音を出したように加工できるため、自宅での録音がし易い。 Follow @ZZSTYLESOUND > アンプシミュレーター一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト ソフトウェア・アンプシミュレーターのメリットは、一度録った音を後から修正できることです。アンプシミュレーターに通す前の音をdawに録音しておき、後からソフトウェアを調整して様々なセッティングを試すことができます。 DAWでギターをレコーディングしている方の多くがこの方法でレコーディングしているのではないかと思います。ギターのアウトプットから直接オーディオIF(インターフェース)のHi-z端子に接続し、DAW上のソフトアンプシミュレーターを通してレコーディングする方法です。 このレコーディング方法の利点はなんといってもセッティングが簡単ということでしょう。ケーブル1本繋ぐだけでレコーディングできてしまいます。アンプシミュレーターも大体のDAWソフトにあらかじめ入っているので、低 … ギタリスト・ベーシストdtmerに送る、アンプシミュレータープラグイン6種+αのcpu負荷を比較している記事。実際に各プラグインを使用した際のcpu負荷を計測している。各プラグインのオススメポイントや用途に合わせたオススメプラグインも紹介している。 近年、至る所で耳にするようになった「キャビネット・シミュレーター」。単体機にとどまらず、デジタル系のペダルを中心に、あらゆる機材に搭載されるようになった機能ですが、「正直、よく分からず使ってる」そんな方も、多くいらっしゃるのではないでしょう 1台あれば何種類ものアンプを使い分けできるアンプシミュレーター。便利で音も良くできるから導入したいけど、どれがおすすめなのか分からず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回はアンプシミュレーターの選び方やおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介します。 いらっしゃいませ。今回は誰でも無料で使えて非常に高音質のギター&ベース用のアンプシミュレーター、エフェクターの中でも特に使えるプラグインを6つご紹介させて頂きたいと思います。関連記事↓こちらもどうぞ[2020] 本気で使えるフリードラムソフト6選!     基本的に音楽関係なんでも屋さん, エレキギター内部の配線やパーツにも明るく、 今回はおすすめの アンプシミュレーター の紹介です。. いろいろなアンプの音色を使いたいと思っても、欲しいだけアンプを購入していたら、お金がいくらあっても足りません。そこで便利なのがアンプシミュレーター。アンプシミュレーターの上手な選び方のコツや人気のおすすめアンプシミュレーター10アイテムをランキング形式で紹介。     作編曲家、ギタリスト、たまにDJ 少しでも皆様のお役に立てたら「いいね!」していただけると歓喜します。. Release Date : 2020.04.13 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 無音部分を処理し、ライン音からシミュレーターやプリアンプなどでアンプトーンを生成したら、一旦別トラックに書き出してアンプシミュレーターなどをOFFにします。DAWによってはバイパス状態でもプラグインによるCPU負荷が発生するので、確実にOFFにしてCPUリソースを解放しましょう。, ギタートラックやベーストラックを単音で聴いている状態ではいい音でも、それらのトラックがMIXの中で活きるように調整を行う必要があります。以下、ごく基本的な部分について簡単にご紹介をします。, まずはDAWのフェーダーとPANを使って大体のボリュームバランスを取ります。ベースは基本的にセンター定位、バスドラムと一緒に聴いた時にどちらかが目立ちすぎることが無いような音量に、ギターはリードパート以外はセンター定位を避け、ベースに埋もれない程度の音量に調整します。, MIX全体で聴いた時に全パートがクリアに聴こえていれば、この段階までは問題なしです。正直なところ、バンド内デモであればここで完成で良いと思います。, その後、MIX内でクリアに聴こえないパートがある場合には、各楽器が聴こえるようにEQやコンプレッサーなどのプラグインを使用して処理を行うわけですが、この処理は一朝一夕には身に付きません。以下ベースパート、ギターパートを処理する初歩的な方法を簡単に解説いたします。全ての状況に当てはまる訳ではありませんが、設定の参考にしてみてください。, 繰り返しになりますが、これらは目指すサウンドの方向性や楽曲の方向性を考慮していない参考値です。EQは基本的にはカットで使用し、カットしたことで下がった音量をフェーダーで戻すようにしてください。. マイク録音は、アンプ、キャビ、マイク、マイクプリ、ADコンバーターと言う経路でDAWに音が取り込まれます マイクの性能、マイクプリの性能、ADコンバーターの性能、部屋の鳴り これらが音の違いに絡んできます 1度外に出た音をマイクで拾うので、空気感や生感と言った要素がとても含まれます ライン録音は、音が外に出る事なく、直接取り込まれるので、空気感は少なく、どこか冷たい音になりやすい ですが、音の解像度が高く(それなりの機材がいるw)プラグインのかかり方はキレイに掛かり … ギターやベース等の楽器をライン録音する場合、daw上(もしくはdsp搭載のオーディオインターフェイス上)でアンプシミュレーターなどのプラグインエフェクトをかける事を前提として行うケースがほと … アンプシミュレーターとは、その名の通り往年のアンプを再現するエフェクターで、主に宅録に使用されます。実際にギターのサウンドを録音するためには、ギターをアンプにつなぎ、アンプから出た音をマイクを拾い、その音をMTR等に送るというプロセスが必要です。 その煩雑なプロセスを一つのエフェクターで完結できないかという要求から、アンプシミュレータは誕生しました。 アンプシミュレータには数十種類のアンプモデルが搭載されているので、アンプを色々変えるだけでも楽しくなってく … Cubaseについて, TASCAM社のSONARにはNative Instruments社のアンプシミュレーターである「GUITAR RIG」搭載されています。メインはギターアンプなものの、ベースアンプのモデリングも搭載されているため、練習やレコーディングに使用することができます。プリセットも豊富なので音作りが苦手という初心者の方でも難なく使いこなせるでしょう。 fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); ベースアンプのマイキングはギターとほぼ同じです どう狙う?ギターのマイキング 低音は広がるので、そこに注意 マイクもベースなので、低音が録れるマイク使用します ただ違うのは、ベースはライン録音も一緒にすること(ギターもラインで録ることあるけどね。 ラインアウトからライン入力でdawに録音すると、キャビネットシミュレーターを通ったサウンドで録音されます。 DAWユーザーにとっては 「ヘッドアンプをライン入力で使用する」 という選択肢が提供されたことになります。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); こっちは個人のTwitterアカウントです。 大型のアンプでしか得られない迫力のサウンドを、擬似的に再現することができるアンプシミュレーターの台頭により、ギターもミキサーやpa機器にライン接続することが可能になりました。さらに近年は一昔前のアンプシミュレーターをはるかに凌ぐ、高音質なモデルが続々と登場しています。 Twitter=@ZAL_0Style, 現在Facebookアカウントにログインすることができない状況が続いています。 前回の記事はハードのアンプシミュレーター ... ギターやベースでのライン録音でも言う事なしの音楽的な太さが得られます。 ただ音はすごく好みだったのですが。ちょっとノイズがのりやすかったのが難点でした。 今はm2から幾つか仕様変更があり現行はm5です。 ピュアクラスaの100% ベース用アンプシミュレーターとプリアンプ・プラグインを使うなどすれば、ラインレコーディングをした際に「ライン臭さ」をなくすことができますが、ベーシストであればプリアンプ・エフェクターを使用して録音することもオススメです。 Line6 (ライン6) アンプシミュレーター POD 2.0 【国内正規品】がマルチエフェクターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部 … 凍結の解除申請をしているので、Facebookページの更新は今しばらくお待ちください。, 最高のテイクが録れたと思ってプレイバックしたら、実はピッチが微妙にズレていたとか…, DAWを使ってエレキギターやエレキベースの録音をする際にライン音をアンプを通した…, 他記事でも書いたことなのですが、私は複数のモニターを切り替えながらMIX作業を行…, ギターの弦は金属製の弦の張力の強さによって音程が決まります。張力が高ければ弦は強…. 2000年代初期にpod等のアンプシミュレーターが登場し、次々とアンプシミュレーターが出てきました。もちろん今も進化し続けて使用している人がかなりいる時代です。 スポンサーリンク かつてはエンジニアの道具という印象が強かったDAWも今では宅レコ用の作・編曲用ツールという面がとても強くなってきました。EDMなどのトラックメーカーだけではなく、ギタリストやベーシストでも作曲やデモ作成用にDAWを使用する方は多いです。シーケンスのトラック... 今回は昨年導入してからすぐにエース級の働きを見せてくれている、UNIVERSAL AUDIOのapollo 8pについて、使用感等書いて行きます。ドラム、パーカッション類のレコーディングや歌録り、自宅でのギターライン録り、DSPプラグインを使用したリアンプ、エフェクト、制... DAWでの作業中に突然の再生停止、そうです、CPUオーバーロードエラーです。こうなってしまうと、次第にディスプレイの処理がカクついたり、モニターがバツバツいったり、最悪の場合DAW自体が落ちてしまうこともあります。今回はそうなってしまった場合の対処法や、そ... 今回は少し趣向を変えて、ギター関係のお話です。突然ですが、憧れのギターアンプってありますか?好きなアーティストが使ってるアンプ、使ってみて印象がよかったアンプ、高級機でとても手が出ないアンプ、ギタリストなら誰しもそんなギターアンプがあるはずです。... バスドラムとの分離が悪い場合にはEQで40〜80Hz辺りをカットする。切りすぎるとLow感が失われるので慎重に。, Low感が物足りない場合にはEQで200〜400Hz辺りをカットしフェーダーで下がったレベルを戻す。, ベースとの分離が悪い場合や抜けが悪い場合にはEQで100Hz程度のHPFを入れ300〜600Hz辺りをカットする。, 埋もれて聴き取りづらい場合にはエレキは4〜8kHz辺り、エレアコは6〜12kHz辺りで抜けがよくなるポイントを3dB程度ブーストする。. if (d.getElementById(id)) return; ベース用アンプシミュレーターとプリアンプ・プラグインを使うなどすれば、ラインレコーディングをした際に「ライン臭さ」をなくすことができますが、ベーシストであればプリアンプ・エフェクターを使用して録音することもオススメです。 しかし録音状態が良ければ、ライン録音やモデリングアンプでは再現できない空気感、説得力のあるサウンドが得られるでしょう。お気に入りのアンプで録音したいという人は、是非この方法を試してみて下さい。 録音マイクの選び方. サンズアンプは、このライン録りに対応するように設計されていて、録音機器としてもだいぶ重宝されてきた経緯があります。 このアンプ・シミュレーター機能は、他のメーカーや機種、専門機器の性能も上がっているので、上手く活用できれば、そのデメリットも解消できると思います。 (function(d, s, id) { また、エンジニア・クリエイター向けの記事では各種プラグインなどを詳細に解説していますが、本記事はプレイヤー向けの記事ということでここではそれらの解説は省略させていただきます。気になる方はDTM/DAWカテゴリの他記事もご覧ください。 真空管アンプヘッドでRec!宅録にオススメしたいロードボックス特集. アンプを通さないとエレキギターらしい音がしないんです。 そこでアンプシミュレーターを使います。 大きなアンプがなくてもアンプのような音を模擬的に再現するということですね。 アンプシミュレーターの使用方法は2つあります。 var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; ギターのライン録音ももちろんオーディオデータ .  Last Update : 2020.04.13, 前回は録音時の音質向上方法についてご紹介して来ましたが、今回はその2としてDAWで行う録音後の音質向上方法についてご紹介していきます。録音段階でしっかりとした素材が録れていることが前提になりますが、確認してみてください。. いろいろなアンプの音色を使いたいと思っても、欲しいだけアンプを購入していたら、お金がいくらあっても足りません。そこで便利なのがアンプシミュレーター。アンプシミュレーターの上手な選び方のコツや人気のおすすめアンプシミュレーター10アイテムをランキング形式で紹介。 無料DAWのReaper0.999を使って、ソフトのアンプシミュレーターをPCで使う方法について説明します。 オーディオインターフェイスを通してギターやベースをPCにつなげて音が出るようにしておきます。 mtrにベースをダイレクトに繋いでライン録りをしたのですが、どうも以前にやったアンプ→マイク録りよりも音抜けが悪いように感じます。ライン録りの方が、クリアでくっきりした音で録れると思ったのですが、なんだか他の音に埋もれてしま (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 前回はレコーディング前〜レコーディング中のポイントについて解説してきましたが、今回はレコーディングされた素材をDAWで編集する方法についてご紹介してきました。, 本文中でも触れていますが、単体でのいい音とMIXの中でのいい音は必ずしも同一ではありません。むしろ、多くの場合で全く異なります。それはDAW内の中だけの話ではなく、ライブを行う際にも言えることです。, プラグインEQやコンプレッサーに頼らなくても、各パートのプレイヤーがアンサンブル内でのサウンドを意識的に作って行くことで相対的にMIXのバランスは向上し、全体のサウンドも確実によくなります。, たかがデモ製作にDAWを使っているだけと考えずに、アンサンブルで抜ける音作りの研究手段としてもお役立ていただければ幸いです。, 当ブログのFacebookページです。 愛用の真空管アンプを使って、自宅での練習やレコーディングに生かしたいと思うのは至極当たり前のことでしょう。 いままでAmplitube等のアンプシミュレーターを使用していましたが、物足りなくなり、現在宅録目的でアンプヘッドの購入を検討しています。 100Wクラスのアンプを使って、フルアップに近い状態での良い歪みの音をキャビネットを使わずに録音したいと考えています。 Reaper0.999をダウンロードし、起動します。 メニューからトラック(T)→「トラックを追加」 またはメニューアイコンの下の枠内で右クリック→「トラックを追加」でもよいです。 トラックが1つ作成されます。 トラックにある赤丸のArm/Disarmボタンを押すと、スピーカーマークや音量のゲージが出ます。 スピーカーマークに×がついていると音が出ないので、押して×を消しておきます。 オーディオインターフェイスからの … }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ついにリリース!エディター機能搭載のKEMPER RIG MANAGER 3次のページ, お仕事:フリーランス音響エンジニア、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); さて、前回の記事ではレコーディング時に音質を向上させる方法をご紹介して来ましたが、プリアンプやシミュレーターのかけ録りを行なっていない場合にはライン直の音で録音がされていることかと思います。基本的にはそれらのライン音をアンプ音に変えるための方法を解説してきます。, アンプやシミュレーターを使用した録音を行なっている場合には多くの項目は不要と思いますが、参考適度にご覧いただければ幸いです。, サビの前のブレイクなど「無音を演奏する」パートでは小さなノイズも気になります。また、2小節前から聴いて録音をしていると、テイクの頭に2小節分の無音が発生しますが、この時もボリュームの上がった楽器の弦を触っているため、小さなノイズが発生しています。, 録音された直後のデータでは目立たなくても、コンプレッサーなどを使用して小音量部分が相対的に持ち上がってくるとこの本来無音のはずの部分に存在する音が気になって来ます。それぞれのトラックでは小さいノイズでもテイクを重ねていく中でチリも積もります。, 私は各トラック内の演奏部分以外、意図しない音は基本的にMIXの前段階でカットしてしまいます。弦楽器のフィンガーノイズやボーカルのブレスノイズなどについてはライブ感を得るために活かすことが多いですが、前述のブレイク部分やテイク頭などの意図しないノイズはカットしています。, 細かい作業ですが、少しの手間をかけるだけで仕上がりが向上するので手間を惜しまずやっておきましょう。, また、カットした部分にはDAW側でほんの短いフェードイン・アウトを設定してくれることがほとんどですが、再生時に該当部分でノイズが発生する場合には手動でフェードを書きましょう。, 送られて来たエレキギタートラックを確認してみたところ、ロー感の全く感じられない細いサウンドだったので、「これどうやって録りました?」と聞いたところエレキギター→コンパクトプリアンプ→オーディオインターフェースのLine入力と接続して録音したんだけどスカスカになっちゃった、とのことでした。, 一見なにも間違えていないのですが、使用したプリアンプにはキャビネットシミュレート機能が搭載されていないようでした。はい、原因コレです。許可をいただいて必要以上にブーストされた低域をカットしてからKEMPER PROFILING AMPLIFIREののCABINETセクションを通して別ファイルを作成しましたが、意外と同じ勘違いをされている方が多いように思います。, プリアンプやアンプシミュレート系のドライブペダルにはライン出力が備わっていて、本来それをギターアンプやベースアンプのリターン端子などに接続して使用します。こうすることで接続先アンプのプリアンプ部分をバイパスしてパワーアンプ→スピーカーキャビネットと鳴らすことが出来るように設計されています。, プリアンプ側にキャビネットシミュレーター機能が搭載されていればONにすることで、このパワーアンプ→スピーカーキャビネット部分での変化を再現してくれるのですが、備わっていない機種では楽器用アンプ用に設計されたスピーカーを経由しない状態でフルレンジ環境に放り出されます。その結果、前述の用にスカスカサウンドが出来てしまったわけです。, 逆にKEMPERユーザーやFractal Audioユーザーの方にはキャビネットシミュレーターがかかった状態でアンプやスピーカーに接続しライブ使用されている方もいらっしゃいます。やんわりと指摘はしています。, アンプシミュレータープラグインは実際のアンプと同様に使用できるのがメリットで、各社から色々リリースされています。モデルによっては先程の用にキャビネットシミュレーター部分だけを使用可能だったり、リアルタイムプロセッシングが可能だったりするので、試してみるのもよいでしょう。, こちらはUniversal Audio社からリリースされている、定番Ampeg SVT-3 PROのプラグインです。実機と全く同じUIを持っていて、FX Rackでキャビネットとマイクの選択が可能です。UADプラグインと呼ばれる外部DSPを使用したプラグインで、リアルタイムで使用しながら録音することも使用可能です。, こちらはSoftubeのMarshall Plexi Super Leadプラグインです。ツマミのキャップが取れてたりオールド感を演出するUIですね。こちらもアンプに立てるマイクを選択することが出来るのですが、わからなければ初期状態のまま使用しても問題ありません。, こちらは一風変わったエレアコ用のUADプラグインSound Machine Wood Worksです。ピエゾピックアップで録音されたエレアコのサウンドをお手軽操作でアコースティックギターをマイク録音したサウンドに変えてくれます。操作もいたってシンプルで、基本的にはSOUND MACHINEダイヤルを回してアコースティックギターのモデルを選ぶだけです。, ここまでの3つはUniveral Audio社のUADプラグインで、使用するには同社製のDSP内蔵オーディオインターフェース、または外部DSPユニットが必要になります。, こちらはIK Multimedia社のAmplitube4の画像です。こちらもライセンスこそはありませんが、どこかで見覚えのあるUIとAMP MODELからどのアンプのモデリングかは一目瞭然です。, 同じくAmplitube4のキャビネットシミュレーターセクションです。これもどこか見たことのあるキャビネットなのではないでしょうか?他にはPOSITIVE GRID社のBIAS AMPシリーズなどがこのカテゴリでは高評価です。, Amplitubeに代表されるアンプシミュレーターは高度な計算を必要とされるプラグインであるためCPU負荷が大変大きく、多数のトラックに同時に使用するとCPUオーバーロードエラーが発生しDAWの再生が満足に行えなくなってしまう場合があります。, 下記記事でCPUオーバーロードエラーの対処法を解説しているので、合わせてご覧ください。, 上記でご紹介したIK MultimediaのAmplitubeシリーズにオプションのアンプモデルを全て乗せたお得なアンプシミュレータープラグインです。, ギターアンプだけでなく、ベースアンプのモデリングも収録されているので、ベーシストの方にもオススメです。 UIが実際のアンプに近いのでDAWやプラグインに不慣れな方にもわかりやすく、比較的簡単に使用することができます。, Positive Grid / BIAS AMP 2.0 Professional, Amplitubeが簡単UIで気軽にアンプを選べるシミュレーターなら、Positive GridのBIAS AMPは操作項目が多くアンプを作れるシミュレータープラグインです。真空管アンプのプリ菅やパワー菅を自由に組み換えて自分だけのアンプを作って使用できます。公式にもAMP DESIGNERとなっていますね。, 作り込み可能なサウンドの幅が非常に広いのが最大の特徴で、ギターアンプからベースアンプまで色々なアンプをデザインできます。ドライブトーンでの倍音の出方などは実際のアンプと比べても区別がつかないレベルで優秀で、負荷に見合った活躍をしてくれます。, 設定項目が多いので操作が若干複雑なので初心者の方は使いづらさを感じる面もありますが、プリセットから弄って行くことでこの面白さに慣れていくと思います。私はギターのサウンドをBIAS AMPで作る際に、アンプデザインが楽しすぎて時間を忘れて弄っていたことがあります。, DAW内でアンプシミュレータープラグインを使う方法以外にベースアンプやギターアンプのトーンを得る方法があります。それはハードウェアのアンプシミュレーターやプリアンプ、実際のギターアンプなどを使用してサウンドを作り、それを再びDAW内に取り込む方法で、この方法をリアンプと呼びます。, アンプシミュレータープラグインは複数トラックに同時使用することが可能ですが、ハードウェアを使用する場合にはハードウェアの台数分しか同時に使用できません。しかし、当然ながらCPUに負荷はかからず、ライブで使い慣れた機器のプリセットなどをそのまま使用できるので、簡単にいつものサウンドを作ることが出来ます。, リアンプを行う方法は、オーディオインターフェースのライン出力からギターアンプの入力端子に接続→ギターアンプの出力をオーディオインターフェースの入力に接続し別トラックにレコーディング、というのが一般的です。, ギターアンプを使用する場合にはキャビネットにマイクを立てて集音します。しかし、自宅でギターアンプを満足な音量で鳴らせる環境があることは稀で、宅レコといった環境に限ればあまり現実的ではありません。このような場合、ロードボックスを用意してレコーディングを行います。また、アンプシミュレーターやプリアンプであれば、ライン出力端子からオーディオインターフェースに接続することで、リアンプが可能です。, 近年のアンプヘッドにはレコーディング用にキャビネットシミュレーターが内臓されているものも多く、そういった端子からライン出力を取ることで実際にアンプをマイク録りしたようなサウンドを得ることが可能です。, Kemper Profiling Amplifier / Kemper Profiling Power Rack, 私も愛用しているKemper Profiling Amplifierでは、実際のギターアンプやベースアンプのトーンをアンプの特性とキャビネットの特性に分けて機器内に保存することが出来ます。ここで解説をすると長くなってしまうので、詳しくは下記記事で解説しています。, 実際に複数のギターアンプやベースアンプを使用してリアンプを行う場合、それらのアンプを使える状態で保有している必要がありますが、空間的・経済的な原因により現実的ではありません。KEMPERを使用することで、多数の機種のアンプを使い分けることが可能なので、リアンプだけでなく、ライブでも非常に役にたちます。, また、ギターアンプとしてのイメージが強いですが、600W出力のパワーアンプを搭載しているのでベース用キャビネットを十分に鳴らすことが可能です。ベーシストの方にもライブやレコーディングで使用されている方が多く現場で活躍しています。. アンプシミュレーターでギターやベースをよりリアルに鳴らす手段として、「キャビネットir」を利用するという方法があります。今回はキャビネットirとは何か、またおすすめの入手先について紹介します。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); いらっしゃいませ。今回は誰でも無料で使えて非常に高音質のギター&ベース用のアンプシミュレーター、エフェクターの中でも特に使えるプラグインを6つご紹介させて頂きたいと思います。関連記事↓こちらもどうぞ[2020] 本気で使えるフリードラムソフト6選! ギタリストやベーシストに向けた、dawを使った宅レコ環境で音質向上のための記事。録音後のデータのノイズ除去、アンプシミュレーターやハードウェアを使用したリアンプ、簡単なプラグインでの処理について解説している。 ギターのライン録音ももちろんオーディオデータ. ギターのレコーディング方法は多岐にわたり、大音量が出せない環境下でも録音できるアンプ・シミュレーターを使用した手法が近年では主流になってきています。今回はそういったシミュレーターとAVID Pro Toolsを使ったギター・レコーディングについて触れていこうと思います。 内部配線やパーツの選定によって狙ったサウンドを ラインアウトからライン入力でdawに録音すると、キャビネットシミュレーターを通ったサウンドで録音されます。 DAWユーザーにとっては 「ヘッドアンプをライン入力で使用する」 という選択肢が提供されたことになります。 ベースの録音方法にはダイレクトボックス等のインターフェースを使ったライン録りと、アンプの音をマイクで拾うマイク録りの2種類があります。 ハッキリと骨格が分かるベース音がトレンドの昨今では、ライン録りのみでの録音も多くあります。 Copyright ©  ZZ STYLE SOUND BLOG All rights reserved. アンプを置くスペースがない方や、いずれは宅録(自宅レコーディング)をした� 作ることも得意としています。. 実際にはベーストラックやギタートラックには音作り用のコンプを深めにかけたり、ギタートラックの抜けを出すためにもっと大胆なブーストを行うこともありますが、慣れないうちには行わず、アンプ段階での音作りを見直すようにしましょう。そうすることで、単体では物足りなくてもアンサンブルの中で抜けてくるサウンド作りが身につきます。HR/HM系の重たいディストーションギターも単体で聴くと意外と軽い音をしているものです。 js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.7"; アンプシミュレーター. ベースの音と言えば、アンプから出る音をイメージしますが、ライブでもレコーディングでも、メインに使うのはdiでライン出力した音になることが圧倒的に多いです。しかしベースプレーヤーであってもラインの音作りや、ラインでの出力自… 続きを読む ラインで録音・撮影する方法のメリット. Aアマゾンで探す zoom ベース用エフェクト・アンプシミュレーター b3がマルチエフェクターストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 最近では非常に高品質なものが増えていて、実機アンプさながらの音が出るものもたくさんありますよね。 Tweet to @ZZSTYLESOUND !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? tse audio 「tse b.o.d」は無料で使えるベース用プリアンプのプラグインです。 ベースのアンプシミュレーターって何がいいんだろう? という場合にとりあえず入れておけば、これだけでも足りてしまうかもしれません。 本と決して多くはないですが、よほどベースにこだわりが無い限り困ることはありません。付属のシミュレーターでベース専用のものは少ないので重宝することでしょう。 アンプヘッドからのライン出力、またはアンプシミュレーター、シンセサイザーのステレオ出力から録音する方法について説明します。 アンプ、アンプシミュレーターの出力が モノラル の場合は、UR22mkIIのINPUT1か2のらどちらでも構いませんので接続します。 2000年代初期にPOD等のアンプシミュレーターが登場し、次々とアンプシミュレーターが出てきました。もちろん今も進化し続けて使用している人がかなりいる時代です。 スポンサーリンク. マイク録音の「エアー感のある良さ」とライン録音の「音の輪郭がくっきりとした良さ」のいいとこ取りです。 ベースの音をラインとアンプの2方向に流さなければいけないので、 di(ダイレクト・ボックス) が必要です。 ギターをライン録りする時には、アンプシミュレーターが必須です。アンプシミュレーターには、実際のアンプのような音を再現する機能があり、録音する音をギターらしい音に加工する役割を持っています。 続きです。前回の記事はハードのアンプシミュレーターのお話しでした。今回は直接、生のギターの音をdawソフトに録り込むお話しです。今のライン録音の主流です。この…