無骨なロックサウンドを楽しめる「プレシジョンベース」。国内外問わず多くのミュージシャンが使用しているため、憧れている方も多いのではないでしょうか。とはいえプレシジョンタイプのベースを含めると、Fenderをはじめとした多くのメーカーが取り扱っており、特徴もまちまち。一体どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。, そこで今回は、プレシジョンベースの選び方とおすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。内臓のピックアップやジャズベースとの違いを比較しながら、ぜひお気に入りを見つけてみてください。, 高い人気を誇るプレシジョンベース。ベーシストであれば一度は触ってみたいモデルの一つですよね。まずはそんなプレシジョンベース選びのポイントについてチェックしていきましょう。, プレシジョンベースはFenderの商品であり、同社の商標です。ですから本物のプレシジョンベースとなりますと、Fender社、もしくはその傘下にあるSquier by Fenderのものだけということになります。, けれど、プレシジョンベースをモチーフとしたプレベタイプのベースも世の中には多数販売されており、それらも高い人気を誇っています。まずはプレシジョンタイプを含め、有名メーカーについて押さえていきましょう。, 本家本元ならでは、伝統のしっかりとした作りに、Fender製ピックアップを搭載したモデルからは、ブリブリとした音が飛び出します。多くのロック系ミュージシャンがFender社のプレシジョンベースを愛用しているのも納得のサウンドです。, なおFenderと言えば高級なアイテムのみのイメージがありますが、Fender Japanの廃止に伴い、ラインナップを大幅見直し。比較的お求めやすいモデルから、従来のような高級ラインまで幅広いアイテムを販売しています。, 従来のイメージで「高くて手が出ない…」なんて思っていた方は是非一度チェックしてみてください。手が出せる価格のアイテムが見つかるかもしれませんよ。, Fender社のエントリーブランドともいえるのがSquier by Fenderです。確かに廉価版でFender社のものと比較しますと、どうしても気になる部分はありますが、ベース単体で見た場合には非常に優れた楽器を作っています。by Fenderというのは伊達ではありません。, なお、お求めやすさだけがSquier by Fenderの魅力ではありません。FenderではラインナップされていないアイテムがSquier by Fenderで再現されているなど、何気にマニアックなラインナップが展開されているのです。, 「廉価版でしょ?」なんて先入観は持たず、是非チェックしてみてください。思いがけない掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。, そんなFender Japanを支えていた会社の一つがフジゲンです。そこで培った技術で作り続けられているプレシジョンタイプのベースは、日本製ならではの高い品質を誇っています。Fenderという名前にこだわらないのであれば、チェックしておきたいメーカーの一つです。, そんな中、廉価ながらも使えると評判なのがBacchus社のもの。さすがに一生もののベースとはいきませんが、とりあえず入門機として手に入れるのであれば、十分にその役割を果たしてくれます。, もちろんそれでプレシジョンベースならではのサウンドを奏でる事ができますが、音作りの幅をさらに広げるべく、リアにジャズべタイプのピックアップが搭載されているPJタイプと呼ばれるものも存在しています。, プレベのスタイルが好きだけど、音はジャズべが好み…なんて人はぜひ一度チェックしてみてください。, 世界的メタルバンドであるIRON MAIDENのスティーヴ・ハリスシグネイチャーモデルです。専用のピックアップにより、強いアタック感を生み出すことができます。メタル・ハードロックで音数が多く、メロディアスなフレーズを奏でたいときに重宝するでしょう。, 安価ながらも高品質な楽器を生み出すSquierのプレシジョンベース。ピックアップに、プレベタイプとジャズベタイプを搭載しています。2ボリューム1トーンと前後のピックアップの組み合わせにより、多彩なサウンドの使い分けができますよ。, 初心者の方に最適なのが、Legendのプレシジョンベース。出力は弱めですが、弦の高さやチューニングのスペックも十分に備わっています。比較的リーズナブルな価格でカラーバリエーションも豊富。練習用として購入するのもおすすめです。, Bacchuのプレシジョンベースは、ボディ上部まで貼られたピックガードの形状が個性的です。リアピックアップは組み合わせとトーンコントロールにより、フレキシブルな音を生み出します。このほかにFender風のサンバーストや、グリーンなど全4種のカラーから選べますよ。, Made In Japanシリーズは、こだわりのオリジナルピックアップが魅力。50年代ヴィンテージ風の太くて甘い音色を奏でられます。ナット幅が日本のプレイヤーに合わせて作られているのも、使いたくなるメリット。高出力でさまざまなニーズに応えられるでしょう。, ショートスケールで薄いボディが特徴のプレシジョンベース。弦のテンションが弱いので、少ない力でプレイできます。手の小さいお子さんや女性の方でも扱いやすいでしょう。, カラーバリエーションはブラックとレッドの2パターン。演奏性やチューニングの安定度も高く、太いトーンしっかり響きます。初めてのベースにもぴったりですよ。, 艶やかな光沢のあるブルーを基調としたモデル。USA仕様ならではの、本格的な迫力あるサウンドを楽しめるでしょう。さらにベースに搭載されたyosemiteピックアップで、各弦の出力を均一にします。, 高品質のサドルとヘッドで、豊かなサスティンとチューニングの安定性を実現。またミディアムジャンボフレットは、チョーキングしやすい仕様になっています。プレイの精度アップを目指したい方必見です。, メキシコ工場で製造されたPlayerシリーズです。ピックアップには、スプリットシングルコイルを採用。重厚感のある伝統的なFenderのサウンドに、現代風のエッジを効せています。, ブリッジとヘッドも緻密に設計されており、チューニングも安定。ノブはマスターボリュームとトーンだけなので、操作に迷うことはありません。さらにネックは演奏しやすい構造のため、どなたでもスムーズに扱えるでしょう。Fenderプレベのエントリーモデルとして最適です。, Guns N Rosesのベーシストを務めるダフ・マッケイガンモデル。80年代のJazz Bass Specialを基に作られました。アタック感が強調されたパワフルなサウンドが持ち味で、ヘッドのレバー操作によりヘビーなドロップチューニングに変更もできます。, ボディ材質にはアルダーを採用。プレベタイプのピックアップだけでなく、Seymour Duncanも一緒に搭載されているので、幅広いサウンドメイクが可能です。, 70年代のプレベにインスパイアされた仕様です。Fender開発のアルニコスプリットコイルピックアップを搭載したことで、太い本格的なプレベサウンドを堪能できます。, ボディ材にはマホガニーに近い特徴のナトーを使用。豊かで存在感のある低音を響かせます。ブリッジ・ヘッド・塗装など、クラシカルでシックなデザイン。プレイアビリティの高いCシェイプネックを採用しているのも魅力です。, カラーはブラウンとブラックの2種類からチョイスできるので、本家Fenderよりも安いモデルを探している方はぜひチェックしてみましょう。, Made In Japan Traditional 50s Precision Bass, プレシジョンベースは、メーカーやピックアップの違いによって、個性豊かなものがたくさんあります。独自のゴリゴリとしたストレートなサウンドは、プレシジョンベースでしか得られない特別なもの。この機会にぜひ手に入れて、素敵なベースライフをお過ごしください。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, プレベタイプではなく、本物のしっかりとしたプレシジョンベースを手に入れたいのであれば、やはりFender一択です。, 2015年以前、Fenderとは別ブランドでFender Japanという会社がありました。日本で製造・販売されていたギターやベースは本家に負けず劣らずの高い品質とお求めやすい価格帯で、日本のギタリストのみならず、海外アーティストが来日時に購入してゆくほどの人気を誇っていました。, ミュージシャンにも愛用者の多いFERNANDES社。ベースで言えば、矢沢永吉などが有名です。そんな同社では当然のようにプレシジョンタイプのベースを作成しています。しっかりとした作りで比較的お求めやすい価格帯という、入門機にぴったりのアイテムがラインナップされています。, 楽器店に行きますと、「いったいこの値段でどうやって作っているんだろう?」と疑問に思うほどの廉価なベースが販売されています。正直、その多くは雑なつくりで、本気でベースに取り組むのであればあまりおすすめできるものではありません。, プレシジョンベースのピックアップと言えば、1,2弦用と3,4弦用がセパレートになった物で、それを1ボリューム1トーンでコントロールするというものが一般的です。, 続いては具体的に、人気のプレシジョンベースをご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年9月19日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしました。. 程度:3+[EX] 年代:1974年 カラー系統:サンバースト系 1974年製激 … 一時期の教則本では「ジャズべは万能。プレベは男らしい、ロックっぽい音がする」 なんていう意味不明な比較がされていたがあながち間違いではない。 70年代前半~80 最近、ベースが欲しいです。 とはいえ、どれでもいいってわけではない。 fenderのプレシジョンベース一択。 ジャズベースはあまり好きじゃないので、プレシジョンベースが良い。 通称は「プレベ」。 百聞は一見にしかず。Youtube ベースプラネット. ?』。新宿区大久保の中古楽器を専門に扱う楽器店です。ギターやアンプ、エフェクター、アコースティック、管楽器まで中古とヴィンテージ楽器の販売と買取りはおまかせください。 プレシジョンベース ... 人気の70年代フェンダーヴィンテージ!【ショッピングクレジット無金利キャンペーン&超低金利キャンペーン実施中!】 ¥272,800. はじめまして、フェンダーのビンテージベースで70年代後半のアッシュボディで5kgあります。太い音が出ると書いてました。。50代の私でもライブ等で長く使えるでしょうか?重さが気になります。お願 … ⇒プレシジョンベースの音色(指弾き)はコチラ ⇒ジャズベースの音色(指弾き)はコチラ. ¥272,800. Fender Custom Shop MBS 1970s Precision Bass Relic -70s Mocha Brown- by Carlos Lopez 新品[フェンダーカスタムショップ,CS][カルロス・ロペス][モカブラウン][PB,プレシジョンベース,プレべ][Electric Bass,エレキベース] 世界的ギターブランドFenderから、“アメリカン・オリジナル”という名の新シリーズが発表されました。50~70年代サウンドを継承するその詳細をご紹介しましょう! 無骨なロックサウンドを楽しめる「プレシジョンベース」。国内外問わず多くのミュージシャンが使用しているため、憧れている方も多いのではないでしょうか。とはいえプレシジョンタイプのベースを含めると、Fenderをはじめとした多くのメーカーが取り扱っており、特徴もまちまち。 楽器. 無骨なロックサウンドを楽しめる「プレシジョンベース」。国内外問わず多くのミュージシャンが使用しているため、憧れている方も多いのではないでしょうか。とはいえプレシジョンタイプのベースを含めると、Fenderをはじめとした多くのメーカーが取り扱っており、特徴もまちまち。 フェンダー・プレシジョンベースの年代別特徴(50年代・60年代・70年代) - ギタリスト・かとうたかこの音楽ブログ 3 users www.tk-guitar.com コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください プレシジョンベースの上級グレードとして、フェンダーが1960年中頃に発売したのが、ジャズベースの始まりです。 基本的なボディシェイプなどの設計思想は、プレシジョンベースを踏襲していました。アルダーボディ、メイプルネック、ローズウッド指板などもプレシジョンベースと共通です。 一方で、2つのピックアップを持ち、これらをミックスして音を作れるというのが、プレベとの大きな違いでした。リアのピックアップが作り出す、高域に特徴のある硬い音が、フロントの音とミックスされるこ … こんにちは、Geek IN Boxの嵯峨です。 ヴィンテージフェンダーのジャズベースはスペックによって大きく2種類に分けられます。 それは、1960年代を代表するものと1970年代を代表するもの。 今回の記事では、197… 続きを読む シリアルナンバーの上の製造表記が一時期Crafted in Japanとなっているのは、木部の加工を外国へ外注し、組み込みからの工程を日本のダイナ楽器で行っていたため。 All Rights reserved. プレシジョンベース ... 人気の70年代フェンダーヴィンテージ!【ショッピングクレジット無金利キャンペーン&超低金利キャンペーン実施中!】 ¥272,800. 概要. ジャズベース(jazz bass)とは、1960年にフェンダー社から発売されたエレクトリック・ベースの登録商標名とその呼称で、レオ・フェンダーが設計開発した中ではプレシジョンベースに続き2機種目になる。 プレシジョンベースと共にフェンダー社を代表する機種の1つである。 ベースプラネット. 多くの世界的ミュージシャンも愛用する「フェンダーのベース」。ベーシストなら一度は弾いてみたい方も多いのではないでしょうか。とはいえ、さまざまなラインナップがあり、生産国もまちまち。とくに初心者の方は、一体どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。そこで今... バンドなどで低音パートを演奏する楽器「ベース」。学生や社会人のバンドの他、最近ではおやじバンドも盛んですよね。エレキベースを担当するベーシストの方の中には、いろいろなベースを試してみたいという方も多いのではないでしょうか?とはいえ、最近人気のフェンダーの他、ギブソン・フェルナンデス・エピフォン... 【かっこいい!】初心者におすすめのガンプラHGシリーズ人気ランキング10選【2020年最新版】, ガンダムファンなら誰もが一度は作りたいと思うガンプラ。プラモデルといえばガンダムシリーズが思い浮かぶほど定番となっていますよね。エアブラシによる塗装が必要なものや、ニッパーさえあれば組み上げられるものなどシリーズによって難易度が変わりますが、中でもビギナーにおすすめなのがHGシリーズです。, 【徹底比較】40代におすすめのファンデーション人気ランキング47選【2020年最新版】. ベースメイクの印象を大きく左右するファンデーション。40代になると、肌の乾燥が加速。気になる部分も増えてきて、どのファンデーションを使ったらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。また、プチプラからデパコスまで価格帯もさまざまなうえ、カバー力や崩れにくさなど、知りたいことは口コ... ダイエット時の栄養補給をサポートしてくれる「ダイエットサプリ」。国内メーカーだけでなく、海外製品も多く販売されています。しかし、バランスのよい生活習慣をサポートするもの、食べたい気持ちをサポートするものなど種類が豊富で、せっかくダイエットに燃えていても、どれが自分に合うのか分からずに選べ... 抜け毛や頭皮の悩みに対応した育毛剤として高い評価を得ているチャップアップ育毛剤。数ある育毛剤の中でも人気の商品であり、使い続けたいとの良い口コミが多い一方で、「抜け毛が増えた」「育毛に効果なし」「頭皮も血行も変わらない」といったネガティブな評判も見受けられます。, ゲーム機本体、プレイステーション4(PS4)ソフト、プレイステーション3(PS3)ソフト, Seymour Duncan STKJ2Bシングルコイルリアピック・Precision Bassスプリットコイルフロント, プレシジョンベースのおすすめ人気ランキング10選【Fender・Bacchusも】. その質問にお答えします!! ベースプラネット. プレシジョンベース(Precision Bass)は、エレクトリックベースの一種。 1951年にフェンダー社から発売されて以来、現在まで広く普及している。 日本での一般的な略称はプレベ。英語圏ではP-Bassなどとも。. ¥272,800. B. 1963年頃に1万を超えてからはシリアルナンバーの頭にlがつくようになり、lシリーズ、lシリアルとも呼ばれます。. fender(フェンダー)は、1940年代にアメリカ、カリフォルニア州でレオ・フェンダー氏によって設立。fenderから1951年に発売されたブロードキャスターをはじめ、テレキャスター、ストラトキャスター、プレシジョンベース、ジャズベースなど、現代の世界的定番モデルを世に生み出しています。 70年代のスタイイルを再現したフェンダーベースの中でも代表的な一本と言えるベースです。 ジャズベースなので幅広いサウンドメイクや高いプレイアビリティを誇りながらも、70年代らしい引き締まったサウンドが魅力的です。 70年代のスタイイルを再現したフェンダーベースの中でも代表的な一本と言えるベースです。 ジャズベースなので幅広いサウンドメイクや高いプレイアビリティを誇りながらも、70年代らしい引き締まったサウンドが魅力的です。 ベースプラネット. その後1960年、フェンダーはジャズ・ベースをリリースし、ベース界に新たな風を吹き込みました。当初はデラックスという名前が付けられていたジャズ・ベースは、その2年前に発表されていたジャズマスターとの相性が抜群でした。 プレシジョン・ベースとジャズ・ベースのどちらも、50 フェンダー・プレシジョンベース。 大きな音の低音を、正確な音程で出すことができる、エレキベースの元祖です。後に登場するフェンダーのジャズベースと合わせ、このプレベとジャズベが、エレキベースのスタンダードとなり、今でも多くのベーシストに愛されてきています。 「フェンダー プレシジョンベース」関連の新品・未使用品・中古品が約84件出品中。ヤフオク!は、常時約5,000万点以上の商品数を誇る、誰でもかんたんに売り買いが楽しめるサービスです。圧倒的人気のオークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん! Fender 1974 Precision Bass / 3TS. Fender Japan(フェンダージャパン)のシリアルと年代、製造工場を一覧表にしました。 気になるフェンダージャパンを見かけたらショップで照らし合わせてください。 Contentsシリアルと年代・工場一覧表フジゲン期… 続きを読む Fender 1974 Precision Bass / 3TS. FENDER JAPANのシリアルナンバーの見方・読み方と製造年代 まとめ. 60年代~70年代、フェンダー・テレキャスター、ストラトキャスター、プレシジョンベース、ジャズベース、ギブソン・オールアイテム、他アメリカ製ギター、常時高値買取いたします。 リゾネーターギターも高額査定いたします。 fender(フェンダー)は、1940年代にアメリカ、カリフォルニア州でレオ・フェンダー氏によって設立。fenderから1951年に発売されたブロードキャスターをはじめ、テレキャスター、ストラトキャスター、プレシジョンベース、ジャズベースなど、現代の世界的定番モデルを世に生み出しています。 日本製の安くて高品質なコピーモデルに対抗するため、1982年にフェンダー社が日本国内で販売するためのブランドとして「スクワイヤ」を創設しました。 創設当初は日本国内での製造・専売でしたが、その後は製造拠点を海外に拡大して全世界に向けて販売されるようになり、フェンダーの廉価版ブランドとして広く知られています。 廉価版とはいえ、スクワイヤは正式なフェンダーの傘下ブランドなので、フェンダーが商標登 … プレシジョンベースというと、多くの人が思い描くのが、↓な形のものかとは思いますが… その前にリリースされた、エレキベース第1号とも言える初代プレシジョンベースは、ヘッドがテレキャスターと同様のシェイプをしていたり、ピックガードの形が変わっていたりと、現代においてスタンダードなものとなっているプレベとは、少し異なったものでした。 ピックアップ部分にはフェンスが取り付けられていますが、その下には、シングルコイルのピックアップが、1基搭載されています。 1951年に産声を … 吹奏楽やジャズコンボ、ビッグバンドなど、サックスが活躍する機会は豊富です。1回の演奏会の中で、複数のサックスを持ち替えて使用しているという方も多いことでしょう。そんな時には、サックスを立てて置けるスタンドが欠かせません。しかし、持ち運びに便利な軽量タイプや折りたたみ式のもの、ベル収納がで... 通常のギターよりもコンパクトで演奏がしやすく、手の小さい子どもや女性、初心者にもおすすめなのが「ミニギター」。ライブなどで使うプロのアーティストも増えていて、ますます人気ですよね。しかし、ミニギターにもアコースティック・エレキ・エレクトリックアコースティックと種類があり、弦長やネックの太... アコースティックギターのサウンドを左右する弦。MARTIN(マーチン)・DADDARIO(ダダリオ)・YAMAHA(ヤマハ)など色々なメーカーから販売されていますよね。しかし、フォスファーブロンズや80/20ブロンズなど素材もさまざまなうえ、太さにも種類があり、どれを購入すればいいか迷っ... アコースティックギターのなかでも、最も長い歴史を持つクラシックギター。ヤマハ・小平などのモデルが有名ですよね。しかし、スプルース・シダーなどギターの表板に使われている素材や、スケールの長さなどが異なるため、どのギターを選べばよいのかよく分からないという方もいるのではないでしょうか。, YAMAHAのエレキギターのおすすめ人気ランキング10選【SG・RGXA2・REVSTARも!】. 70年代のプレシジョンベースに惹かれる . lシリアルは l + 5桁の数字で形成されており、6桁数字に移行する100000以降はl表記はなくなります。. 最近、ベースが欲しいです。 とはいえ、どれでもいいってわけではない。 fenderのプレシジョンベース一択。 ジャズベースはあまり好きじゃないので、プレシジョンベースが良い。 通称は「プレベ」。 百聞は一見にしかず。Youtube http://store.ishibashi.co.jp/ec/sp/shtml/imc, http://store.ishibashi.co.jp/ec/sp/shtml/payment#onlinecredit, http://store.ishibashi.co.jp/ec/sp/shtml/peaceguard. 特に60年代と70年代の個体ははっきりと音響特性が異なり、それぞれの年代でなければ出せない音の個性があります。そして新品の楽器では再現できない風合い、ローファイなサウンド、これらはビンテージプレシジョンベース殆どの物に共通している特徴であり最大の魅力だと思います。 国内エレキギターメーカーの王者といえば、やはりYAMAHA。海外ギターと比較しますと地味な印象もありますが、多くのプロギタリストに愛用されているように、その品質・サウンドは海外ブランドにまったく引けを取りません。今回はそんなYAMAHAのエレキギターの... エレキギターの代表格「テレキャスター」。テレキャスターを生み出したフェンダーをはじめ、フジゲンなどの日本国内メーカーもテレキャスタータイプのギターを製造しています。テレキャスターにはさまざまなモデルがあり、シングルコイル・ハムバッカーといったピックアップの違いや、使われている素材によって... 音階を区切るフレットが付いていない「フレットレスベース」。奏法が難しいので比較的上級者向けですが、ぬくもりある独自のサウンドが魅力で人気を集めています。とはいえアコースティックやエレキなど、ベースのタイプごとで特徴に違いがあり、メーカーの種類も豊富。一体どれを選べば良いか迷ってしまいます... ティラー スウィフト・布袋寅泰・福山雅治など、国内外の一流ミュージシャンが使用していることでも有名な「テイラーのアコギ(アコースティックギター)」。歴史は浅いながらも多くの名器を生み出しており、初心者~上級者までにおすすめできるメーカーです。しかし、いざ購入しようとすると、シリーズが豊富... 4弦が主流のベースに、低音または高音弦を1本追加した「5弦ベース」。より広い音をカバーできるのが魅力で、アイバニーズ・フェンダー・ヤマハなど各メーカーが取り扱っています。しかし、5弦ベースと一括りにしても、ボディの素材・フレット数・ピックアップの違いや設計によって音質はさまざま。どれがよいか迷... フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】. こんにちは、Geek IN Boxの嵯峨です。 ヴィンテージフェンダーのジャズベースはスペックによって大きく2種類に分けられます。 それは、1960年代を代表するものと1970年代を代表するもの。 今回の記事では、197… 続きを読む 島村楽器オンラインストアのFender(フェンダー)プレシジョンベース一覧ページです。骨太なサウンドでロックやパンクシーンでも愛用されるプレシジョンベース。ジャズベと並ぶベースの代名詞です。 シリアルナンバーの上の製造表記が一時期Crafted in Japanとなっているのは、木部の加工を外国へ外注し、組み込みからの工程を日本のダイナ楽器で行っていたため。 プレシジョンベースはジャズベースと異なってそれほど大きなスペック変更は施されませんでしたが、より指板のrが緩やかに平らなものになる、といった細かな変更が実施されています。 1970年代のプレ …