Jackeryポータブル電源700でも十分かな?と思いつつも、バージョンアップした1000を見てしまうと、これ以上ないスペックにほしくなりました。 ここでは、Jackeryポータブル電源1000の凄さをレビューしていきます! 見た目をレビュー. Jackeryの「Explorer 400」、外箱には『大容量400Wh』と書かれていますが、実際には409.5Whあります。 ポータブル電源って、まだまだ値段が高く購入しづらいですよね。 比較的安く買えそうな、1万円台のポータブル電源では、容量が少なすぎる気がします。 車中泊旅をする上で『電気』は無くてはならないもの。人気の【Jackeryポータブル電源700】を約1ヶ月間の使用し、使用方法から使い心地、メリット・デメリットまで忖度なしでリアルレビューします!Jackeryポータブル電源700は、リチウムイオン電池を内蔵している交流出力の蓄電池です。 軽キャン乗って「ワーケーション」にチャレンジしてみた!「Jackery ポータブル電源 1000」があれば仕事もキャンプもバッチリ Jackeryポータブル電源400WhはAC、DC、USBポートを通じて、幅広い機器へ充電することができます。地震・津波など自然災害ご家庭の防災グッズに、緊急な停電時にも最適です。一台で一通りの電気機器が使えます。電源供給が不安定な環境での備えにおすすめです。 もっと読む. 大容量ポータブル電源「Jackeryポータブル電源1000」をレビュー。使用感・使用方法のレビューの他、キャンプで使える機器の利用可能時間を調べました。他のJackery製ポータブル電源との比較もしてい … Jackery Incは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国シリコンバレーにて設立。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発、2019年には戦略的パートナーとしてJVCケンウッド社と提携。 © 2018- Jackeryポータブル電源・ソーラーパネルを販売する株式会社Jackery Japan(本社:東京都渋谷区)は、2020年12月23日(水)に、認定NPO法人… 2020年11月27日9時~12月1日23時59分 実施. 【Jackeryポータブル電源700】の大きさ・重さ . Jackery ポータブル電源 400については「バランスが良い」「堅実な仕上がり」というバランスの良さを推す声が多く見られました。 確かに240と比べてもサイズや重量が一緒で、それでいて容量が大きいというのはメリットでしかないですね。 価格がやや高くはなりますが、240か400かで迷って … 検証を始める前に、まずは悪い口コミや評判を確認していきましょう。 Jackery(ジャクリ) ポータブル電源のセール時期は? 定期的にセール対象になりますので定期的に確認することをおすすめします! おすすめサイズは400です! リンク . 上の「ポータブル電源 700」は500wの家電まで対応しているので、1.5合炊きの炊飯器なら問題なく使えるが、下の「ポータブル電源 400」だと微妙かもしれない。また同時に複数家電の使用を想定するなら、価格差を鑑みても筆者なら「ポータブル電源 700」を選ぶだろう。 「Jackery ポータブル電源 1000」とともにチェックしておきたいのが、太陽光発電によってJackery製のポータブル電源を充電できる「Jackery ソーラーパネル SolarSaga 100」だ。高効率ソーラーパネルを2枚搭載しており、最大出力は100W。USB Type-AポートとUSB Type-Cポートを1 Jackeryは、アウトドア用の大容量ポータブル電源および太陽エネルギー製品の開発、設計、生産、販売を行っております。会社情報や製品情報、イベント情報などをご覧いただけます。 まずJackery社に関して。Jackeryという会社は今まで知らず、ポータブル電源と言えば、Smarttap社やSuaoki社、Anker社あたりが有力かなと思っていました。 こんにちは、妻のブウです。 以前から欲しかった、大容量ポータブル電源が我が家にやってきました! 「jackery」というブランドの【jackery 700】というバッテリーです。 急に購入したのには、 Jackery(ジャクリ) SolarSaga ソーラーパネル 2選 ①Jackery(ジャクリ) SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W. 重量:6 Kg. このサイズのポータブル電源を初めて使用しましたが、使い勝手がよく「ポータブル電源って、こんなに便利なんだ」と率直に思いました。 個人的には、今後台風時の停電の際に重宝しそうです。 チェックしてわかったおすすめポイントを紹介します。 Jackery 1000 おすすめポイント. Jackery ポータブル電源 700は700Whの大容量の 定格出力500W (瞬間最大1,000W)で機器への給電が可能なポータブル電源です。 サイズは、29.97×19.29×19.15cm、重さ6.3㎏と200Wh、400Whよりはサイズは大きくなりますが、大容量700Whとしてはコンパクトなサイズとなっているのが特徴です。 Jackeryのお値打ち情報です。Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングの情報をまとめて紹介。この機会にポータブル電源&ソーラーパネルをGETしてください。当ブログ【キニモノ。】ではおすすめポータブル電源のお値打ち情報を紹介しています。 Jackery ポータブル電源 700 大容量192000mAh/700Wh ここでは、Jackeryのリアルな評判・使用感について書いています。他所でよく見る、メーカーからの提供品や広告料をもらった上でのPR記事ではなく、単なる一般市民の純粋なレビューです。もちろん自腹で買っていますので一切の忖度ありません。 9月も下旬に入り、10月に入ったら標高よってはキャンプ場の営業を終了する場所も増えてきます。 営業終了する主な要因は寒さや降雪で、地元富山県のキャンプ場も10~11月で終了するところが大半です。 冬キャンプの救世主になるか? Jackeryポータブル電源700を使ってみた! Jackery Incは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国シリコンバレーにて設立。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発、2019年には戦略的パートナーとしてJVCケンウッド社と提携。 多用途: Jackery 次は大きさや重さを紹介していきます。 持ち運びできるのか?できないのか?ポータブルバッテリーを買う際に大きく決め手となる要素です。 【Jackery700】の大きさと重さの詳細. 今回は、Jackely社のポータブル電源700をレビューしたいと思います。 本体正面. Jackery ポータブル電源1000は、-10~40℃の温度範囲で電力を供給できますが、この範囲外にある場合は動作しない可能性があります。 製品によっては0℃以下は対象外となっているポータブル電源も多いですが。-10度から利用可能という事は安心ですね。 ポータブル電源が欲しかった理由. Nagoya Broadcasting Network Jackeryポータブル電源700で、電気毛布(中)×2枚使っていた時に、ファンが回りました。 おおよそ、30分に1回のペース、5分ほどファンが回る印象。 ファン音は、個人的には許容範囲内. 車中泊旅をする上で『電気』は無くてはならないもの。人気の【Jackeryポータブル電源700】を約1ヶ月間の使用し、使用方法から使い心地、メリット・デメリットまで忖度なしでリアルレビューします!Jackeryポータブル電源700は、リチウムイオン電池を内蔵している交流出力の蓄電池です。 Jackeryは2012年にアメリカで創業した、主にアウトドア用電源の開発・提供を行っている企業。, 創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2015年には世界で初めてリチウムポータブル電源を開発するなど、高い技術力が魅力です。, また、「地球環境の保全に貢献する」という企業理念のもと、「エコな電力時代」を実現する企業として信頼を得ています。, Jackeryには、容量240Wh、400Wh、700Wh、1000Whと4種類のポータブル電源が用意されています。, スマートフォンは約68回、パソコンは約10回、カメラは約30回の充電が可能で、キャンプや車中泊には安心の大容量です。, また、Jackeryのポータブル電源の中でも700Wと1000Wは、一般社団法人防災安全協会から防災製品等推奨品として認められています。, 電気製品としての安全性に関する各種基準をクリアしているので、安心して使用できることも魅力の1つです!, 付属品としてACアダプターと車載用充電シガーソケット、これらを収納するケースが付いてきます。, 車載用充電シガーソケットが付いていると、キャンプや車中泊での連泊がしやすく嬉しいですね!, ここからは筆者が車中泊キャンプで使用して感じた「Jackeryポータブル電源700」の魅力について、余すところなくお伝えします!, 「Jackeryポータブル電源700」は、AC・DC・USBの3種類の出力が可能。, ACは2口、USBは3口あり、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを同時に充電できるので、複数機器を同時に使いたい方やファミリーでも使いやすいのが嬉しいですね!, また、AC100Vコンセントには純正弦波が採用されており、パソコンやスピーカーなどのほとんどの精密機器が使用可能とのこと(ただし念のため事前にご確認くださいませ)。, キャンプ場や河原など、自然の中でのリモートワークにもピッタリのポータブル電源です。, ちなみに筆者もこの原稿の一部を、Jackeryポータブル電源700をかたわらに置いて、近所の河原で書き上げました!, 尚、ポータブル電源には矩形波や修正正弦波を採用しているものもありますが、この2つの波形では使用できない電化製品は多くありますので、購入する際には注意しましょう。, 電化製品には消費電力が記載されていますが、使いたい電化製品の消費電力がポータブル電源の定格出力を超えてしまうと正常に作動しません。, これからポータブル電源の購入を検討している方は、使いたい電化製品の消費電力と、ポータブル電源の定格出力のチェックをお忘れなく!, 「Jackeryポータブル電源700」の定格出力は500Wなので、複数の機器を同時に接続しても比較的安心して使用できます。, ちなみに、キャンプや冬の車中泊などで活躍する電気調理器は、比較的消費電力が多いものが多いです。, Jackeryのポータブル電源240と400の場合、定格出力は200Wのため、トラベルマルチクッカーは使用できません。, 充電やパソコン作業以外にも電化製品を使用したいと考えている方には、Jackeryポータブル電源700は安心のスペックですね!, 車中泊をしながら連泊したり、複数のキャンプ場を巡るような旅行をしたりしたい方にはうってつけだと思います。, ただし、シガーソケットからの充電速度は自宅のコンセントで行う場合よりやや遅くなるため注意が必要です。, Jackeryポータブル電源700は、700Whの大容量に対しての本体サイズは小さめで、車中泊時に大幅に場所をとることはなくちょうど良い大きさ。, 車中泊で夏場にサーキュレーターを使用したり、冬場に電気毛布を使用したりする場合におすすめです!, ポータブル電源の中には取っ手を折りたたむ事ができない物もありますが、そうなると上に物を乗せられなかったり、自宅や車内で収納したりする場合に案外場所に困ってしまうもの。, Jackeryのポータブル電源は取っ手を折りたためるため、充電中の機器をサッと上に乗せられたり、収納する際には何か他のものと重ねておいたりすることもできます。, また、取っ手の内側には滑りにくいゴム素材が施されており、持ち運びやすくなっています。, 「Jackeryポータブル電源700」の底も、取っ手と同様に滑りにくいゴム製の素材となっています。, 車の荷室は案外滑りやすく、運転中にキャンプ道具が滑り壁と衝突、なんて経験をした方は少なくないはず。, ポータブル電源の場合は衝突が原因で破損したり故障したりしてしまうリスクも考えられますが、「Jackeryポータブル電源700」の場合は滑りにくい工夫がされているので、その心配は少ないです。, また、本体底面のゴム素材の部分は円形に加工されており、本体上部の円形の溝にぴったりフィットするように設計されています。, そのため同じ容量のJackeryのポータブル電源同士であれば重ねての使用が可能なので、複数所有したい方には嬉しいポイントですね!, 「Jackeryポータブル電源700」は細かい点まで考えられていて、使い勝手が良いポータブル電源だと感じました。, 筆者としては大きな不満はありませんでしたが、ここではほんの少しだけ気になる点を記載していますので、購入時の参考にしてみてください。, 「Jackeryポータブル電源700」には温度感知機能が付いており、AC出力時に本体内部の温度が高くなった場合には冷却ファンが作動します。, ただし、スマートフォン等の機器の充電程度であれば消費電力は少なく、本体内部の温度が急激に高くなることは考えづらいため、あまり気にする必要は無いかもしれません。, 筆者の経験としては、冬場の車中泊で電気毛布(「弱」で使用)、スマートフォンの充電、ポケットWi-Fiの充電を同時に行いながら就寝しましたが、ファンが回ることはありませんでした。, 「Jackeryポータブル電源700」は大容量のポータブル電源であるため、重量はそれなりにあります。, 約6.3kgなので大人であれば片手で持てますが、腕力に自信がない方や小さなお子さんが持ち運ぶには少し大変かもしれません。, 駐車場からサイトまで距離がある場所でのキャンプをお考えの場合には、ご自身の体力に合わせて検討してみてください。, AC電源(コンセント)からバッテリーに入力した電力を、スマートフォンなどのデバイスへ優先的に給電すること。例えば、モバイルバッテリーを充電しながら、そのバッテリーから給電してスマホも充電するなど。, ただしバッテリーの寿命をできるだけ長く持たせたい場合は、パススルー充電は避けた方が良いとのこと。, キャンプ中にパススルー充電をする場面はあまり多くないかもしれませんが、念のため注意が必要そうです。, 「Jackeryポータブル電源700」の動作温度は-10℃~40℃なので、夏・冬ともにキャンプ場であれば問題なく使用できます。, ただし、スキー場近くでの車中泊や、真冬の雪中キャンプであれば-10℃を下回る可能性も。, 筆者は関東や新潟のスキー場近くでの車中泊で数回使用しましたが、今までのところ問題なく使用できています。. Jackeryポータブル電源400のスペック. 「Jackery ポータブル電源 1000」がもう1個あると万全ですね。 出来るなら「Jackery ポータブル電源 1000」と「Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル100W」がそれぞれ2個あると、1個は太陽光で蓄電しながら他の1個は使用できるので便利が良いと思います。 Amazonが「ブラックフライデー」を実施中 Amazon(アマゾンジャパン)は、11月27日~12月1日の5日間、年末の大型セール「ブラックフラ … 快適なキャンプを過ごす方法の1つとして、ポータブル電源をキャンプサイトに持ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?今回レビューするポータブル電源は「Jackery ポータブル電源700」。カッコ良いデザインが特徴的で、SNSで見かけたことがある方も多いかもしれませんね!この記事では筆者が車中泊キャンプで使用して感じた使い勝手の良い点や、購入前に検討しておきたい点などをまとめました。初めてポータブル電源を購入する方や、追加で購入したい方は是非チェックしてみてください!, 【鈴木拓のハピキャン】Jackery(ジャクリ)のポータブル電源を使用して冬キャンプも超快適ずぼらキャンプ!in 三重県いなべ市, 【防寒対策】電気毛布 + ポータブル電源(モバイルバッテリー)で冬のキャンプはもう安心!, トヨトミの電気ストーブとJackeryのポータブル電源700で、電気なしサイトを快適に!. 今回はJackery(ジャクリ)から2020年6月10日に発売されたばかりの超大容量ポータブル電源「 1000 」について徹底解説いたします。 「 Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000の特徴は? 「 Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000はどれくらい使えるの? そんな疑問をお持ちの方は是非参考にしてください! 冒険に限りないパワーを 日本人カスタマーサポート車中泊 防災グッズ 停電対策 大容量 非常用電源。Jackery ポータブル電源 700 大容量192000mAh/700Wh 家庭用蓄電池 PSE認証済 純正弦波 AC(500W)/DC/USB出力 四つの充電方法 液晶大画面表示 車中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 24ヶ月 … 梱包サイ … 【JVC電源】BN-RB10-C(JVCケンウッド)とJackery1000を比較。BN-RB10-C(JVCケンウッド)のレンタルや家電量販店の取り扱いについて。 Jackeryのポータブル電源「ポータブル電源400」を使ってみました。実際の使用感や、電気毛布・サーキュレーターが何時間使えるかレビュー! Jackeryは、アメリカのポータブル電源で一番の売れ筋 … まずはJackery ポータブル電源400のスペックを見ていきますが、実際手元に届いてみると思った以上にコンパクトですね! 購入前には、いくつかの製品と比べてみましたが、Jackeryポータブル電源400はバッテリー容量と持ち運び性能のバランスがとても良いです。 Jackery(ジャクリ) ポータブル電源 400 あとがき. 「Jackeryポータブル電源700」は細かい点まで考えられていて、使い勝手が良いポータブル電源だと感じました。 筆者としては大きな不満はありませんでしたが、ここではほんの少しだけ気になる点を記載していますので、購入時の参考にしてみてください。 Jackeryは、2012年にAppleの元バッテリーエンジニアによってアメリカ シリコンバレーで設立されました。最先端の研究開発、製造の専門知識を積み重ねたJackeryは、2015年に世界初リチウムポータブル電源を開発しました。 Jackery ポータブル電源 700 大容量192000mAh/700Wh ここでは、Jackeryのリアルな評判・使用感について書いています。他所でよく見る、メーカーからの提供品や広告料をもらった上でのPR記事ではなく、単なる一般市民の純粋なレビューです。もちろん自腹で買っていますので一切の忖度ありません。 Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W ETFE ソーラーチャージャー折りたたみ式 DC出力 DCポータブル電源充電器 USB出力 スマホやタブレット 充電可能 高変換効率 超薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災 IP65防水 (100W 18V 5.55A) Jackery ポータブル電源 1000/700/400用 24ヶ月保証 Jackery ポータブル電源 700は、圧倒的な大容量192000mAh/700Wh が特長のポータブル電源で、定格出力500W、瞬間最大出力1000Wを発揮します。スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機、ポータブルスピーカーなどの身近に使用する機器の充電はもちろん、家庭生活でも使用する調理器 … 【Jackeryポータブル電源700】の大きさ・重さ . Jackery Incは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国シリコンバレーにて設立。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発、2019年には戦略的パートナーとしてJVCケンウッド社と提携。 Jackery ポータブル電源を購入して実際に使用された方はどのような感想をお持ちなのか、Amazonのレビューを参考にレビューの内容をまとめて見ました。今後購入される方や、今後の活用方法の参考になればと思います。Jackery1000良い Jackeryポータブル電源・ソーラーパネルを販売する株式会社Jackery Japan(本社:東京都渋谷区)は、2020年12月23日(水)に、認定NPO法人… 編集部:松本俊哉; 2020年11月27日 12:45. 快適なキャンプを過ごす方法の1つとして、ポータブル電源をキャンプサイトに持ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?今回レビューするポータブル電源は「Jackery ポータブル電源700」。カッコ良いデザインが特徴的で、SNSで見かけたことがある方も多いかもしれませんね! Jackeryポータブル電源700でも十分かな?と思いつつも、バージョンアップした1000を見てしまうと、これ以上ないスペックにほしくなりました。 ここでは、Jackeryポータブル電源1000の凄さをレビューしていきます! 見た目をレビュー. Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W ETFE ソーラーチャージャー折りたたみ式 DC出力 DCポータブル電源充電器 USB出力 スマホやタブレット 充電可能 高変換効率 超薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災 IP65防水 (100W 18V 5.55A) Jackery ポータブル電源 1000/700/400用 24ヶ月保証 大容量ポータブル電源を探す方の中では「期待が持てそう」と話題のJackery ポータブル電源 1000ですが、中には「使ってみたいがここが気になる…」と不安視する意見もあるようです…。. Jackeryのポータブル電源、Amazonブラックフライデーのセール対象に . 大容量ポータブル電源ですでにおなじみの「Jackery(ジャクリ)」をPRで何度か頂きまして、実際に私はキャンプに毎回持っていくほど大活用しています。ただ種類が様々。わかりやすくまとめたいと思 … This article is a sponsored article by ''. Jackeryのお値打ち情報です。Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングの情報をまとめて紹介。この機会にポータブル電源&ソーラーパネルをGETしてください。当ブログ【キニモノ。】ではおすすめポータブル電源のお値打ち情報を紹介しています。 今回はJackery(ジャクリ)から2020年6月10日に発売されたばかりの超大容量ポータブル電源「 1000 」について徹底解説いたします。 「 Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000の特徴は? 「 Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1000はどれくらい使えるの? そんな疑問をお持ちの方は是非参考にしてください! まずはJackery ポータブル電源400のスペックを見ていきますが、実際手元に届いてみると思った以上にコンパクトですね! 購入前には、いくつかの製品と比べてみましたが、Jackeryポータブル電源400はバッテリー容量と持ち運び性能のバランスがとても良いです。 All rights reserved. 大容量ポータブル電源ですでにおなじみの「Jackery(ジャクリ)」をPRで何度か頂きまして、実際に私はキャンプに毎回持っていくほど大活用しています。ただ種類が様々。わかりやすくまとめたいと思 … Jackeryポータブル電源400のスペック. Jackery ポータブル電源1000は、-10~40℃の温度範囲で電力を供給できますが、この範囲外にある場合は動作しない可能性があります。 製品によっては0℃以下は対象外となっているポータブル電源も多いですが。-10度から利用可能という事は安心ですね。 ポータブル電源が欲しかった理由. Jackery SolarSaga 60 ソーラーパネル 60W ETFE ソーラーチャージャー 折りたたみ式 DC出力 DCポータブル電源充電器 USB出力 スマホやタブレット 充電可能 高変換効率 超薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災 防水 (60W 18V 3.3A) Jackery ポータブル電源 240 用 24ヶ月保証 快適なキャンプを過ごす方法の1つとして、ポータブル電源をキャンプサイトに持ち込んでいる方も多いのではないでしょうか?今回レビューするポータブル電源は「Jackery ポータブル電源700」。カッコ良いデザインが特徴的で、SNSで見かけたことがある方も多いかもしれませんね! Jackeryポータブル電源700のスペック! 車中泊好きには嬉しい車載用充電シガーソケットも, Jackery ポータブル電源700の気になる点 購入前にチェックしておきたい4つポイントとは?, 大容量でハイスペックのJackery ポータブル電源700! これからのキャンプの定番ギアの1つに◎, Jackery ポータブル電源 700 大容量192000mAh/700Wh 家庭用蓄電池 家庭アウトドア両用バックアップ電源 PSE認証済 純正弦波 AC(500W 瞬間最大1000W)/DC/USB出力 四つの充電方法 液晶大画面表示 車中泊 キャンプから防災まで幅広く活躍 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電時に 非常用電源 ソーラー充電 環境にやさしい 省電力 24ヶ月保証, 【Jackeryについて】Jackery Incは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国シリコンバレーにて設立。最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発、2019年には戦略的パートナーとしてJVCケンウッド社と提携。 今後も冒険家にエコなアウトドア用の電源ソリューションを提供するよう努めてまいります。, Jackery ポータブル電源 240 大容量67200mAh/240Wh 家庭アウトドア両用バックアップ電源 小型軽量 PSE認証済 純正弦波 三つの充電方法 AC(200W 瞬間最大400W)/DC/USB出力 車中泊 キャンプ アウトドア 地震停電 防災グッズ 停電時に非常用電源 ソーラー充電 環境にやさしい 省電力 24ヶ月保証, Jackery ポータブル電源 400 大容量112200mAh/400Wh 家庭アウトドア両用バックアップ電源 PSE認証済 純正弦波 AC(200W 瞬間最大400W)/DC/USB出力 四つの充電方法 MPPT制御方式 車中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電時に 非常用電源 ソーラー充電 環境にやさしい 省電力 24ヶ月保証, Jackery ポータブル電源 1000 超大容量278400mAh/1002Wh 家庭アウトドア両用バックアップ電源 PSE認証済 純正弦波 MPPT制御方式採用 AC(1000W 瞬間最大2000W)/DC/USB出力 四つの充電方法 液晶大画面表示 車中泊 キャンプから防災まで幅広く活躍 キャンプ アウトドア 防災グッズ 停電時に 非常用電源 24ヶ月保証, YAZAWA ホテルで調理ができるトラベルマルチクッカー 海外対応/変圧器不要 容量約1.3L どんぶり ふた スプーンフォーク 専用ポーチ付き TVR70BK 電気調理器, 人気のYAZAWA社製 トラベルマルチクッカーの新製品 "TVR70BK"(旧型番:TVR21BKの後継品です)。, 筆者愛用の「Jackery (ジャクリ)ポータブル電源700」は使い勝手抜群! 1台で快適なキャンプ時間が手に入る, ホンマ製作所「ステンレスストーブコンロセット APS-48DX」で薪ストーブデビュー!コスパ最強の3面窓付きの薪ストーブは、初心者でも簡単に設営できる『料理ができる薪スト』。暖かくて最高です〜!. 暑い時期に扇風機やサーキュレーター、寒い時期に電気毛布などを使用してキャンプをする場合、電源サイトを予約する必要がありますが、考えることは皆同じでなかなか電源サイトの予約が取れなかったりします。, これ一つあれば、わざわざ電源サイトを予約する必要もなく(200W以下の電気機器の場合)、電源のないサイトでも電気機器の使用ができる優れもの。, ドライヤーや電子レンジなどの、消費電力の高い電気機器の使用はできませんが、扇風機、サーキュレーター、電気毛布、パソコン、スマホなど消費電力の低い電気機器等(200W以下)の使用や充電に使え、アウトドアだけでなく災害時の非常時に役立つ機器としても注目を浴びています。, そんな日本のポータブル電源業界に、2019年彗星の如く現れたのが、Jackery(ジャクリ)社の「ポータブル電源」シリーズ。, 今回は、「Jackery(ジャクリ) ポータブル電源 400」を使用する機会がありましたので、レビューと、どんな特徴があるか調べてみました。, Jackery(ジャクリ)社は、モバイルバッテリー(スマホの充電など)の取り扱いもあり、以前はAmazon japanでも販売されていたため、「あっ!持ってる!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。, また、2019年3月には米国HONDA(北米地域)と共同開発した「Honda by Jackery」ポータブル電源の販売を開始しています。, 2019年6月現在、日本ではポータブル電源のブランドとしてまだ定着していませんが、今後名実ともに人気のブランドとなりそうです。, 記事後半では、家庭用扇風機を、弱・中・強風時の使用電力別に目安使用時間を検証しています。, 上面・背面からわかりますように、ハンドル(取っ手)が折りたたみでき、上面をフラットにすることができます。, またファーストインプレッションは、「コンパクトで持ち運びしやすいサイズ」で、個人的に思っていたサイズよりも小さく、コンパクトでした。, 扇風機の弱風時はOUTPUT約24Wのため、容量409.5Whなので使用できる時間は約17時間。, 一度「ポータブル電源400」のバッテリー量を1%にしてから充電して、充電時間を計測してみました。, 充電時間はバッテリー料1%から、それぞれのバッテリー量まで開始からかかった実時間です。, 先程の表は、バッテリー量が1%からそれぞれのパーセンテージまでかかった充電時間をまとめていますが、下表は1〜10%、10%〜20%と10%毎にかかった時間をまとめました。, 多少バラツキがあるものの、充電容量が90%を超えたあたりから、一気に充電時間が増えました。, 理由はINPUTを見てもわかるように、入力ワット数が減ってきたため充電に時間がかかっています。, ハンドル(取っ手)が収納できないと、個人的にキャンプに行く場合は車載が、自宅で保管の際にかなり気になるところでした。, 当たり前なのかもしれませんが、AC出力(平行型電源)に扇風機を挿して、扇風機側の電源をOFFにしていても、バッテリーを消費していました。, ディスプレイを観察していると、定格消費電力約45Wの扇風機を挿し、扇風機側の主電源はOFFの状態時でも、常時5〜7W程消費されているのがわかります。, 使用前から、できるだろうとは思ってはいましたが、iPhoneを充電(USB出力)しながら、扇風機を回す(AC電源:平行型電源)ことができました。, その分消費電力は増え、バッテリーの残量の減りも早くなりましたが、両方同時に使用は可能です。, これは説明書のよくある質問に記載されてましたが、ポータブル電源を充電しながら電源を供給できること(パススルー充電)が可能です。, 画像を見ていただくとわかりますが、充電され始めると左側INPUT上部の青のLEDが点灯します。, またディスプレイを見てみると、INPUT(64W)・OUTPUT(26W)と表示され、充電しながらも電源が供給されているのがわかります。, メーカーに確認したところ、「電池の寿命を長持ちさせたい場合はパススルー充電はなるべくお控えください」とのことでした。, その中で「複数のポータブル電源を同時に接続できません」というところが、個人的に気になりましたので、メーカーへ問い合わせてみました。, ということなので、個人的には、ポータブル電源を他に所有していないため、気にする必要はなさそうです。, 航空機に持ち込み、預けることができないゆえ、ここ沖縄には届くのに5〜7日程(船便のため)かかってしまいます。, コンパクトで容量も最適な、Jackery(ジャクリ) ポータブル電源 400ですが、実際に使用してみた結果、強いて言うなら個人的に望むことが3つありました。, やはりアウトドアでの使用を目的とするのなら、タンやベージュ、カーキやオリーブドラブ、できるならマルチカムなどがあったら最高だと思いました。, 元々は非常時に使用する目的として、「ブラック/オレンジ」カラーが目立つことから、定番のカラーになっているのかもしれません。, 実際に「ブラック/オレンジ」カラーがいいという方もいらっしゃると思いますので、このカラーは残しつつ、他のカラーがあればもっといいのではないかと思った次第です。, アウトドアで使用する場合、どうしても砂埃や水気のものが入りやすいと思われるため、特に大きく口が空いている12V口には、カバー(蓋)が欲しいと思いました。, 所有している車のシュガーソケット用のカーチャージャーが、カバー代わりになるかもと試してみました。, 画像は所有しているAnkerのPowerDrive 2を、ポータブル電源400の12Vソケットに挿しているところです。, これでPowerIQ対応のUSBが2つも増え、カバーの代わりにもなるし一石二鳥かと思いきや、私の所有しているカーチャージャーだとかなり突起になるため、保管時に邪魔になってしまいます。, カーチャージャーの突起している部分が薄めのタイプであれば、保管時に邪魔になりにくそうで、カバー代わりやUSBポートの増設、更に12Vまでの電源が使えるため、一番実用的かも知れません。, 個人的には、PD対応CポートとPowerIQ2がある、Anker「PowerDrive Speed+2-1 PD & 1 PowerIQ 2.0」が欲しいところ。突起はそこそこありそうですが、何よりもPD対応Cポートが魅力です。, 個人的に一番気になったのが、ボタンを押した際の操作音が思ったより大きく、かつ少々甲高いところ。, このサイズのポータブル電源を初めて使用しましたが、使い勝手がよく「ポータブル電源って、こんなに便利なんだ」と率直に思いました。, 個人的に今後望むことは3つありますが、どれも「できればして欲しい」という程度のものなので、実際に使用してみた結果は、「Jackery(ジャクリ) ポータブル電源  400」は、コンパクトで使い勝手に優れた信頼できる製品だと思いました。, アウトドア・キャンプだけでなく、非常時に使えるため、一家に一台あると何かと便利だと思いました。, -ポータブル電源 -2019 New Products, Jackery(ジャクリ), レビュー, キャンプや防災におすすめな手頃な容量「540Wh」のポータブル電源「PhewMan500」を実際に使用したレビューと詳細をご紹介致します。, キャンプ用品の情報を中心に、キャンプギアのレビューや自作キャンプ道具、ブランド情報、ショップセール情報などを紹介するキャンプブログです。, この記事は、Jackery(ジャクリ)社よりサンプルの提供を受けて作成しています。, Jackery(ジャクリ)社は、Amazon(米国)ポータブル発電機のベストセラーにランクインしているポータブル電源「Explore」シリーズを手掛けるブランドで、アメリカのカルフォニア州フリーモントに拠点を置く会社です。, 車載用充電シガーソケットは、キャンプ前日に充電を忘れてしまい、キャンプ当日に気がつき、キャンプ場へ行く道中に充電をする(時間的にフル充電はキツイかもしれませんが…)といった時に大変重宝しますね。, 2019年3月から6月購入分は保証書というものがなく、購入領収書に書き込んでいる購入日から保証期間が始まるとのことで、, 家庭用コンセントから、フル充電するのには約7時間39分かかりました。気温や状況によって多少変わるかと思いますので、あくまでも目安と思って下さい。, また商品をより長く使うために、長期保管をする場合は、3ヶ月に1回 60%〜80%程度の充電が推奨されます。, AC電源(平行型電源)に電気機器を挿しっぱなし場合、電気機器を使用しない際はポータブル電源側のスイッチを切れば、バッテリーを無駄に消費させずにすみます。, ポータブル電源400に、複数のポータブル電源を接続したまま充電はできませんということです。, 実際に使用してみた結果は、「Jackery(ジャクリ) ポータブル電源  400」は、コンパクトで使い勝手に優れた信頼できる製品, 【PhewMan500】様々なデバイスに対応するキャンプや防災におすすめなポータブル電源!, 大炎幕・パンダTC・パンダVC リニューアル情報!tent-Mark DESIGNS生産終了品番情報.