iPhoneのタッチパネルが突然反応しない場合の対処方法は、iTunesやiClaudを使ってロックを解除する方法です。 強制再起動の仕方が分からない人やiphoneを探す機能がオフになっている人は、4uKeyを使ってロック解除をしてください。 iPhone Xのタッチパネルが反応しない場合の対処法. 先日、突然「 画面のタッチパネルが全く反応しない 」症状が発生しました。 タッチパネルが反応しないので、iPhoneのホーム画面を表示したりはもちろん、というか すべての操作が不能に! ※サイドにある電源ボタンやボリュームボタンのみ操作可能。 ?. iPhoneで何かしら不具合が出たときなどにはまず再起動するのがセオリーなのですが、タッチパネルが反応しない場合、電源ボタン長押しで「スライドで電源オフ」が出来ません。. iPhone Xsを利用していて、 液晶の一部がタッチ反応しない 事象にになったことはないだろうか? あなたのiPhone Xsが液晶の一部がタッチ反応しない事象が稀に起こるということであれば、一時的なエラーである可能性が高いが、 頻繁に起こる 場合には、あなたのiPhoneの使用方法に原因 … 画面割れがありタッチパネルが反応しない. iPhoneのタッチパネルが反応しない? そんなときに試すべき5つの対処法. (function(){var g=this,h=function(b,d){var a=b.split(". ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var c=0;a=d[c];++c){var e=a.getAttribute("pagespeed_url_hash");e&&(! Copyright © 2019 スマフォン All Rights Reserved. iPhoneのタッチパネルが反応しない・動かない場合は、何らかの問題がiPhoneで発生しているということになります。本記事ではiPhoneのタッチパネルが反応しない・動かない場合の原因と対処法を詳しく解説していきます。 再起動に成功したら、不要なデータやアプリを削除してストレージの空き容量を確保します。. iPhoneのタッチパネルが効かない、反応しないことがあるかもしれません。この問題の原因は保護フィルムの劣化などいろいろありますが、iPhoneにはタッチパネルの調整機能がありますので、試しても … ⑤調整したい項目を選択して調整する。, iPhoneがタッチを認識してくれるまでの時間を設定できます。設定した時間まで画面に触れ続けていない場合は、タッチしたとみなされなくなります。たとえば、保持継続時間の設定時間が1秒の場合、1秒未満の画面のタッチには反応しなくなります。, 設定した時間内の連続タッチを無視し、1回のタッチとしてカウントする設定です。たとえば、繰り返しを無視の設定時間が1秒の場合、1秒以内であれば何回タッチをしたとしても1回のタッチとして処理されます。, こちらはデフォルトでは「オフ」の設定になっており、「タッチ開始位置を使用」か「タッチ終了位置を使用」を選択することで設定を変えられるようになります。, 「タッチ開始位置を使用」を選んだ場合は、設定時間内にタッチした場所から指を動かした場合でも、1番最初のタッチ位置をタッチしたと認識されます。たとえば、「タッチ開始位置を使用」の設定時間が2秒の場合、始めに画面のA地点をタッチし2秒以内に指をB地点に動かした場合でも、タッチ位置はA地点として認識されます。, 「タッチ終了位置を使用」を選んだ場合は、設定時間内にタッチした場所から指を動かした場合、最後にタッチしていた場所がタッチ位置と認識されます。たとえば「タッチ終了位置を使用」の設定が2秒の場合、始めに画面のA地点をタッチし2秒以内に指をB地点に動かした場合、タッチ位置はB地点として認識されます。, これらの設定は、設定内容によってはiPhoneの操作感に多大な影響を及ぼす場合があるので、設定を変更する際は注意しましょう。, iPhoneのタッチパネルの反応が悪い場合、タッチパネル以外にも原因となり得る要素があります。この章ではタッチパネル以外の原因ついてご紹介します。, 特定のアプリを使用しているときだけタッチパネルの反応が悪いという場合は、アプリ側に問題がある場合があります。アプリのタッチ感度が低かったり、一定数以上の同時タッチは反応しない作りになっていたり、アプリに不具合が発生しているなどが考えられます。, iPhoneの処理速度の低下が原因で、タッチの感知が鈍くなっている場合があります。処理速度の低下の原因として考えられるのは、高負荷アプリの利用、iPhoneの長時間の利用、iPhoneの高温化などがあります。, また、iPhoneのバッテリーが劣化しているとパフォーマンスの低下を引き起こすことがあり、その結果、iPhoneの処理速度が低下するということも考えられます。処理速度の低下が見られるときは、使っていないアプリを終了させたり、iPhoneを再起動したりすることで改善する場合があります。, タッチ調整機能で設定を変えたり、再起動をしてみてもiPhoneのタッチパネルの反応が悪い状態の改善が見られない場合は修理店への持ち込みを検討しましょう。この章では、iPhoneをどこに持っていけば修理できるかについてご紹介します。タッチパネルの不具合が発生した際の参考にしてみてください。, Appleが直接かかわっている、または契約している正規の修理店舗です。Appleの保証に加入している場合は、保証適用価格にてiPhoneの修理を受けられます。店舗によっては事前の予約が必要な場合がありますので、電話などで確認しておきましょう。, Appleとは直接の関係はない非正規の修理店舗です。Appleの保証に加入していなくても、比較的安価な修理料金で修理を受けられます。また、全体的に修理の仕上がりが早い傾向があるので、保証に入っていない方や時間のない方にはおすすめです。, お店により修理内容や料金、修理後の保証サービスの有無などさまざまな点で異なりますので、事前に下調べをしておきましょう。, iPhoneを修理店に持ち込む場合は、事前にデータのバックアップを取っておくと修理がスムーズに進むかもしれません。, iPhoneのタッチパネルの反応が悪い場合、さまざまな要因が考えられます。単純に画面上のゴミや汚れが原因なこともあれば、iPhoneのシステムに不具合があったり、場合によっては内部のタッチパネルの故障ということもあります。, もしもタッチパネルの反応が悪くなったときは、ご紹介した対処方法やタッチ機能の調整、再起動などをお試しください。それでも改善が見られない場合は、修理店への持ち込みを検討しましょう。. フィルムの問題でタッチパネルが反応しない. 画面にタッチしているのに、反応してくれないというのはとても不便です。この章ではそんなiPhoneのタッチパネルが反応しづらい状況に原因と対処法についてご紹介します。 画面上のゴミ、汚れ 逆にiPhoneのタッチパネルの一部しか反応しない時は? まずは再起動。 それでも改善しなければiOSのリカバリーを試してみよう。 iPhoneの初期化. ②「一般」を開く。 iPhone 11の画面の一部が反応しない場合の確認方法. 現在 iPhoneX を使っています!. "),c=g;a[0]in c||!c.execScript||c.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===d?c[e]?c=c[e]:c=c[e]={}:c[e]=d};var l=function(b){var d=b.length;if(0=b[e].k&&a.height>=b[e].j)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b},t="";h("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return t});h("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,d,a,c,e,f){var k=new p(b,d,a,e,f);n=k;c&&m(function(){window.setTimeout(function(){r(k)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','http://iphone99navi.com/news/iphonenotattipanerunohannnou/','YddRYU7ik1',true,false,'rmSJ9X2hvPU'); まさに今、私のiPhone5のタッチパネルが反応しなくなり、焦ってauショップに駆け込もうとしていました! その前にダメもとでネットを調べてみようと思い、このページにたどり着きました〜。 再起動のしかたとか全然知らなかったので勉強になりました! ⇒今さら聞けない?「iPhoneでiOSアップデート」の手順 . …なのですが、iPhoneは再起動を強制的に行う事が出来ます。. 反応しなくなった場所はアプリのメニューアイコンがある位置で、ここが使えないと相当不便です。 「iPhoneのタッチパネルの反応が鈍くなった」「まったく反応しなくなった」と困っていませんか? タッチパネルが上手く反応しないと誤操作にも繋がって不便だし、全く反応してくれないとiPhoneで何もできなくなってしまうのでとても困りますよね。 iOSなどソフトウェアの問題でタッチパネルが反応しない. iPhone 11/XR/XS/Xでチャットしたり、ゲームしたりする時に、タッチパネルが反応しない場合がありますか?どう触っても動きが鈍くて、イライラしてしまいます。そういう場合はどうしますか?次のページはiPhone 11/XR/XS/Xのタッチパネルが反応しない場合の対処法をご紹介します。 各種トラブルや、再起動など、ここまでの内容をひと通り確認したけどやっぱりiPhoneのタッチパネルが反応しないって方。 一度本体を初期化してみることで改善する可能性もあります。 iPhoneは全面が液晶画面で、文字入力やネットサーフィンなどすべての作業を指でタッチして操作します。しかし、iPhoneを使用しているとまれにタッチパネルが反応しない、動作がおかしくなる時があるようです。誤作動すると勝手にアプリを開いてし 対処法を試してもタッチパネルが反応しない場合は、iPhoneの修理業者に修理を依頼しましょう。 iPhone修理専門業者に依頼する iCracked. iPhoneを使っていて「タッチパネルが反応しない」という経験はありませんか?仮に、たまに起こることであっても、不便なので気になることでしょう。 タッチパネルが反応しないのは、使用環境が原因の場合もあれば、タッチパネルの故障が原因の場合もあります。 //]]>, iPhoneの画面を何度もタッチしているのに、ちゃんと反応してくれないという経験はありませんか?タッチがちゃんと反応してくれないと非常に不便ですし、ストレスが溜まりますよね。しかし、もしかしたらそのタッチパネルの反応の不具合は、自分で改善させられるかもしれません。, 今回のコラムでは、iPhoneのタッチパネルが反応しづらいときの原因や対処方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。, 画面にタッチしているのに、反応してくれないというのはとても不便です。この章ではそんなiPhoneのタッチパネルが反応しづらい状況に原因と対処法についてご紹介します。, iPhoneの画面上にゴミや汚れがあると、iPhoneが正常にタッチを認識できなくなってしまうことがあります。画面を布などで拭き取りましょう。, 画面を傷や汚れなどから守ってくれる保護フィルムですが、ものによってはタッチパネルのタッチ感知の妨げになり得ます。また、保護フィルム内に気泡やゴミが入り込んでいると、タッチの反応が悪くなることもあります。, 保護フィルムを装着している場合は、一度フィルムを取り外してみてタッチの反応がどうなるか確認してみましょう。, 手汗などの湿気が原因で、タッチパネルが正常にタッチを感知してくれないときがあります。手が濡れているときは、しっかりと手を拭いた上で画面をタッチしましょう。, iPhoneのタッチパネルには、静電容量方式というものが採用されています。これは、身体から流れる微弱な電流をiPhoneのタッチパネルが感知することによって、指のタッチを認識するというものです。, しかし、手が乾燥していると、この微弱な電流がタッチパネルに流れづらくなってしまい、結果として、iPhoneのタッチパネルが反応しづらいという状態になってしまいます。手が乾燥している場合は、しっかりと保湿してみましょう。, 充電をしたままiPhoneをタッチすると反応が悪くなるときがあります。画面の反応が悪いときは充電コードを抜いてみましょう。, iPhoneの画面に傷またはゆがみがある場合、それらがタッチ感知の妨げとなる場合もあります。, iPhoneを落下させてしまうと、内部に衝撃が加わり、たとえ画面割れを引き起こしてなくともタッチパネルが故障しているというケースもあるので注意が必要です。, 画面の傷やゆがみが気になったり、タッチパネルの故障が疑われる場合は修理店への持ち込みを検討しましょう。, iPhoneのタッチパネルの反応が悪いときは、iPhoneの「タッチ調整機能」を活用することによって改善することがあります。この章ではiPhoneの「タッチ調整機能」についてご紹介しますので、参考に調整してみてください。, ①「設定」を開く。 //=d.offsetWidth&&0>=d.offsetHeight)a=!1;else{c=d.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=c.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);c=c.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+c;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.e.height&&c<=b.e.width)}a&&(b.a.push(e),b.d[e]=!0)};p.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&q(this,b)};h("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){n.checkImageForCriticality(b)});h("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){r(n)});var r=function(b){b.b={};for(var d=["IMG","INPUT"],a=[],c=0;c=a.length+e.length&&(a+=e)}b.g&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(s())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),d=!0);t=a;if(d){c=b.f;b=b.h;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(k){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(u){}}f&&(f.open("POST",c+(-1==c.indexOf("?")?"? iPhone・iPadのタッチパネルの反応が悪いことがあったのしょうか?iOSの不具合により、タッチパネルが反応しなくなることがあります。例えば、ipadのタッチパネルがたまに反応しないとか、iphoneで画面の一 部だけ反応しないとか、iphone・ipadタッチパネルの不具合について報告が相次いでいます。 iPhoneのタッチパネルが反応しない原因と対処法について解説しています。タッチパネルがたまに反応しないときや、タッチパネルが一切反応しないときなど、レベル別に考えられる原因と対処法をご紹介しています。また、タッチパネルの修理方法や料金についても解説しています。 iPhoneのタッチパネルが反応しない、そんなときにしたいこと iPhoneの表面のガラスはタッチパネルになっていて、従来の物理キーよりも直感的な操作ができますが、「ちゃんと触れているのに反応しない…」と思うこともあるでしょう。 過去に落下がありタッチパネルが反応しない. この記事では、【iPhone】タッチパネルが反応しない時の「電源オフ」方法について紹介しています。, iPhoneで何かしら不具合が出たときなどにはまず再起動するのがセオリーなのですが、タッチパネルが反応しない場合、電源ボタン長押しで「スライドで電源オフ」が出来ません。, そんな時どうすればいいのか!?…なのですが、iPhoneは再起動を強制的に行う事が出来ます。, これを「強制再起動(リセット)」と言うのですが、iPhoneの機種によって強制再起動のやり方が少し異なってきます。, そこでこの記事ではiPhoneの強制再起動について各シリーズ別で紹介したいと思います。, では早速iPhoneのシリーズ別に強制再起動(リセット)のやり方を紹介したいと思います。, 「強制」・「リセット」と聞くとiPhone内のデータを失ってしまいそうに感じますが、強制的に電源オフにするだけなので何も恐れる事はありません。, 強いて言えば、正しく保存できていないデータが損傷してしまう可能性がありますが、ほとんどの場合iPhoneが自動で保存してくれていますので問題ないはずですよ。, 「電源ボタン」と「音量小ボタン」を「Appleのロゴマーク」が出てくるまで同時長押しします。, 「電源ボタン」と本体の下部にある「ホームボタン」を「Appleのロゴマーク」が出てくるまで”同時長押し”します。, いずれの強制再起動も、「Appleのロゴマーク」が出てくるまで同時長押ししてから、電源が切れたことを確認して、もう一度、「リンゴマーク」が表示されるまで電源ボタンを長押ししてiPhoneを起動させます。, 今回は【iPhone】タッチパネルが反応しない時の「電源オフ」方法、いわゆる「強制再起動(リセット)」について紹介しました。, iPhoneの機種によっては若干複雑に感じるやり方もありましたが、慣れると大したことではないので、ぜひこの機会に強制再起動で電源オフにする方法を知っておくと良いかと思います。, また今回紹介した強制再起動はiPhoneの画面が左右にスライドできない時にも有効な方法です。, そして今回のケースの様にタッチパネルが反応しなくなるケースというのは大抵がメモリの過剰使用によるもの、もしくはキャッシュが著しく溜まっている場合に起きやすいです。, 以下のキャッシュ削除の方法を知っておくことで、タッチパネルが反応しなくなる状況にもなりにくくなるかもしれません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.