通称「カチャカチャ機能」と呼ばれる弾道調整機能、活用していますか? 最近発売されたほとんどのドライバーについている機能なので活用しないと絶対に損! カチャカチャ機能付きドライバーの基本から、効果的な活用法を悩み別に解説して … スタンダードポジションだと表示ロフト角が9度で、リアルロフト角が8.5度。フェース角が-3.5度、ライ角は62.25度と非常にアップライトだ。, 重心角は28度と一般的な大型ドライバーとしては大きく、これがつかまりの良さにつながっている。実際に打ってみても、重心距離が非常に長い割につかまりにくさを感じさせない。, ロフト角が小さくなるよう調整すると、リアルロフト角は6.5度、フェース角も-6.5度となる。逆にロフト角が大きくなるように調整すると、リアルロフト角は10度、フェース角が-1.75度となる。, シャフトの長さはメーカー値、実測値ともに45.75インチ(60度法計測)。「ALTA J CB RED」のSフレックスの振動数は254cpm。純正のSとしてはやや硬めだ。, クラブ重量は302グラムでバランスはD2。45インチに換算すると310グラム前後。25~50歳以上の男性ゴルファーにちょうどいいスペックだ。, トップからダウンスイングへの切り返しでシャフトの中間部分がやや大きめにしなり、インパクトゾーンでは先端がスピーディーにしなり戻る, 勢ぞろい! 2021年春の最新シャフトを購入前提で徹底試打した(前編・フジクラ&ディアマナ). g410 plusドライバーは、g410のスタンダードモデルです。スタンダードでありながら特別感のある「plus」という名前が付いていて、これまでのpingのモデルにはなかった待望のウェイト調整機能が搭載さ … この前発表されたpingの新しいg410lstドライバーをお借りしたので、早速コースで試打してきました。 やっぱクラブってのはコースで打たないと分か … ックスパックに!, 掲載されている全てのコンテンツについて管理者の承諾を得ず、無断で複写・複製・転送することは硬く禁じています。. ャフト重量は72g、キックポイントは手元調子、トルクは2.9 です。 Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. スピン防止におすすめ◎2020年新作ドライバー「SIM」&「G425 LST」, PINGの人気ドライバー「G425 MAX」&「G410 PLUS」を比べてみた, 【徹底討論】ゴルフ識者3人が話題の「G425 ドライバー3種」を語り尽くす!, PINGの人気ドライバー「G410 PLUS ドライバー」「G410 LST ドライバー」を比較してみた, 待望の新作!PING「G425 ドライバー3モデル」をまとめて解説. いコブが6本あり、空気抵抗を抑制する働きがあります。以下はg410の3つのモデルです。 g410 plus ドライバー ping史上最大の初速と飛び「g410」フェアウェイウッド。 ping g410ドライバーのヘッドタイプは『plus/sft』の2種類 . リーズの互換性は! 投稿日:2021å¹´1月4日 更新日: 2020å¹´12月31日 遂にpingがウェイト調整機能を搭載. ャフトを取り外して、スリーブの位置をずらして挿し直すことによりで、ロフト角・ライ角を変更することができます。 ピン(ping)の2019年春の新モデル、g410 プラスドライバー。性能そのものが向上しただけでなく、新型ホーゼルの採用でロフトだけでなくライ角も調整可能に。 最近のドライバーは、ロフト角を変えられる調整機能付きのものが主流。以前のように、「9.5度か10.5度か、どちらを選べばいいんだ! 体的に解説していきます。ロフト角調整を最大限に活用するためにも、ぜひご確認してくださいね。 ョンだと表示ロフト角が9度で、リアルロフト角が8.5度。フェース角が-3.5度、ライ角は62.25度と非常にアップライトだ。 重心角は28度と一般的な大型ドライバーとしては大きく、これがつかまりの良さにつながっている。 リーズから、g410 plusドライバーとg410 sft ドライバーを中心に試打。大ヒットとなったg400の後継だけに期待がふくらみます! ャフトによって変幻自在に弾道を変えられる上に、ギミックも効果抜群で感動するほど楽しいドライバーでした。 前作のg400ではスタンダードモデルと、捕まりの良いsft、ロースピンモデルのlstの3種類がありましたが、今回発表されたのはスタンダードモデルのg400 plusと捕まりの良いg410 … All Rights Reserved. é›¢è¨ˆæ¸¬ã—、特徴を解説していただきました。 Copyright (C) 2021 Sportsnavi Inc. All Rights Reserved. ャフト:ping pwr 65 フレックス:tour s. ツルさん:テーラーメイド m2 ドライバー… ピンg410lstの試打評価です。g410プラスとsftに遅れながら登場した低スピンモデル。前作同様の高い慣性モーメント、可変ウェイト、スリーブなどをフル装備。g410lstとg400lstを比べながら評価していきます。 ョンにチェンジする事が可能になりました! ロフトやライの調整、さらにウェイト位置の変更と、購入した後で自分好みに変えられる要素が非常に多いからです。 今年はドライバーを新調してスコアアップを目指したい!という方は、是非g410ドライバーを使ってみてください。