2.犬が変な咳をしている時に考えられる病気「逆くしゃみ」とは 2-1.変な咳のような症状が見られる 2-2.逆くしゃみの原因は特定されていない 2-3.逆くしゃみの対処法. 逆くしゃみは、昼寝の時や食事や遊びの後などさまざまな場面で突然現れます。鼻から空気を激しくかつ連続的に吸い込むというような症状は、苦しそうに見え、たびたび飼い主を驚かせます。しかしながら、症状は数秒~1 特に小型犬や短頭種、特にプードル、パピヨン、チワワなどで多いと言われている症候群です。 この逆くしゃみというのは最初に気が付いた時には、このまま呼吸がどうにかなってしまうのでは・・ とかなり心配になるものです。 犬の逆くしゃみの原因別対処法. 犬の逆くしゃみとは? くしゃみとは「特定の刺激を受けた時に、鼻と口から空気を一気に吐き出す現象」です。逆くしゃみとはその逆で、鼻と口から空気を一気に吸い込む現象です。 とくに、チワワやトイプードルなどの小型犬によく見られます。 逆くしゃみの止め方、鼻で苦しそうに呼吸 犬がくしゃみや咳を繰り返す、長期にわたりクシャミし鼻水が出る、鼻や気管、肺などの炎症もある。 いつもと様子が変、他の犬と違う、何か違和感と感じた場合、病院へ行くことを推奨します。 犬のくしゃみ、鼻は乾燥?風邪の症状は? ナナ姉 さん. 犬の「逆くしゃみ」とは何かを、知っていますか? 普通の犬のくしゃみとは 何が違うのでしょうか? また、犬が逆くしゃみをしたときに 何かしてあげられることはあるのでしょうか? ... 目次 . 愛犬から豚の鳴き声のような音が聴こえる・・・今まで健康だったけどどうしたの??と焦ってしまうようです。, 「逆くしゃみ」というのは、犬種を問わず起こる症状ですが、小型犬や短頭種でみられることの方が多いでしょう。 愛犬が突然出す、咳ともくしゃみとも言えないようなフガフガ音にびっくりさせられたことはありませんか? それ、もしかしたらそれ、逆くしゃみ症候群かもしれません。 この記事にはこんなことが書いてあるよ! 犬の"逆くしゃみ症候群"とは 何が原因で起こるのか 心配すべきはどんなとき? 犬特有のくしゃみで、「逆くしゃみ(逆流性くしゃみ)」というものがあります。 通常のくしゃみが、鼻から空気を出す動作なのに対し、逆くしゃみは発作のような息を吸う動作です。 鼻から喉にかけた部分でなんらかの刺激があったときに始まります。 逆くしゃみは、通常のくしゃみとは対照的に、鼻腔から空気を急激に吸い込むことで起こります。 チワワ や トイ・プードル 、 パピヨン といった小型犬で、「ブーブー」といった豚の鳴き声のように鼻を鳴らしている場合は、逆くしゃみの可能性が高いと言えるでしょう。 犬の逆くしゃみの対処法・気管虚脱との違い【我が家の場合】 2017年9月15日 15歳のパピヨンたみは若い頃、むせた様な、鼻に何かが詰まってズーズーと苦しい様な、おかしな咳の様な発作の様なものが出る事が頻繁にありました。 犬の「逆くしゃみ」という症状をご存知ですか?逆のくしゃみ?と不思議な名前がついていますが、通常のくしゃみとは発作の様子が違います。今回は犬の「逆くしゃみ」について、普通のくしゃみとはどのように違うのか、逆くしゃみをする時の原因や改善方法などを解説いたします。 逆くしゃみ症候郡だって聞きました。 チワワやパピヨンのような鼻の短い犬によくあるようで 乱繁殖のせいなのかな? 本人は咳しながらも走り回っていて元気ですが こちらとしてはやっぱり見ていてつらいです. 逆くしゃみは、まるで豚ちゃんのようにブーブーという音がなり、鼻での呼吸困難のような状態になることを言います。 どんな犬にも見られる現象で深刻な病気ではないと言われていますが、「気管虚脱」という逆くしゃみに似た症状を持つ病気が あるので注意が必要です。 原因は、 残念ながら未だ解明されていません。 アレルギー素因をもっている場合、この問題は悪化すると言 犬の逆くしゃみ症候群の原因はストレスでしょうか。過呼吸やくしゃみが連続して止まらない、呼吸困難等の発作・症状が出る逆しゃみ症候群ですが、詳しい原因や対処法について気になりますよね。この記事では犬の逆くしゃみ症候群の原因とストレスについて、対処法等を解説します。 犬の「逆くしゃみ」とは、発作性の呼吸のひとつで、 リバーススニーズシンドローム ともいわれます。 通常のくしゃみは鼻や口から空気が瞬時に押し出されることをいいますが、逆くしゃみ症候群では 勢いよく空気を吸い込む ことをいいます。. 犬種の区分については、「ペット保険取り扱い犬種分類表」をご覧ください。, ※1 両親の犬種がともにわかっているミックス犬の場合は、いずれか大きい型に該当する保険料となります。    片方の親の犬種のみわかっている場合は、わかっている親の型に該当する保険料となります。. これは逆さくしゃみや、逆くしゃみと呼ばれますが、特に健康被害があるわけではありません。 トイプードルをはじめ、パグなどの鼻の短い短頭種、パピヨン、チワワなどによくみられるものです。 逆くしゃみは、チワワやトイプードル、パピヨンなどの小型犬に多く見られる発作性呼吸で、アレルギーを持っている子だと頻繁にする事があります。 ただし、逆くしゃみそのものは病気とか異常というわけではないため、治療をする必要はありません。 この「逆くしゃみ」というものに私が最初に直面した時は、「わが子の呼吸がどうにかなってしまうのでは・・・」と、かなり心配になりました。, そこで今回は、犬の「逆くしゃみ」について、その症状と対処法の知識をまとめて行きたいと思います。, 逆くしゃみが起こったとき、とにかく最初は「え???何?この音?」と驚く飼い主さんがほとんどだと思います。 犬がくしゃみをするのは珍しいことではありませんが、くしゃみを繰り返す、ほかの症状が見られるようになったら、どんな病気が考えられるのでしょうか。また、予防や対処法、飼い主さんが心がけたいことなどを獣医師さんに伺ってみました。, 犬の動作の異常や行動の変化は、何かの病気のサインかもしれません。すぐに獣医師さんに相談しましょう。, ―犬がくしゃみをしたり、鼻水を垂らしたりすることがあります。犬も風邪をひくのでしょうか?, 意外とご存じない方も多いのですが、犬も私たち人間と同じように風邪をひくことがあります。犬の風邪は、「ケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)」と呼ばれています。, ケンネルコフは、犬ジステンパーウイルスや犬ヘルペスウイルスなどのウイルス感染や気管支敗血症菌(ボルデテラ菌)のような細菌感染、マイコプラズマ属菌が原因で起こる感染症です。, これらのウイルスや細菌などは、私たち人間の風邪を引き起こすものとは種類が異なるため、人間から犬へ、あるいは犬から人間へうつることはありませんので安心してください。, ―風邪を引き起こす原因が違っても、犬も人間と同じような症状が見られるのでしょうか?, 人間の風邪は、鼻風邪やお腹の風邪などさまざまな種類があるため、鼻水や咳、発熱、下痢など症状は多岐に渡ります。, 一方、ケンネルコフの症状は、今にも嘔吐しそうな乾いた咳の発作を特徴としています。また、咳以外にも発熱や鼻水、食欲不振などの症状が見られることもあります。このほか、鼻炎を起こしている場合には、「くしゃみが止まらない」「連続してくしゃみが出る」といった症状も見られます。, 細菌やマイコプラズマが原因であれば、抗生物質の投与を行います。しかし、ウイルスが原因の場合は、ウイルスを排除するための効果的な治療法はないため、ネブライザーという機械を使った吸入治療や咳止めの薬の投与などの対症療法を行います。, すぐに治療を始めれば1週間程度で完治しますが、重症化すると命にかかわる場合がありますので、風邪だからと安易にとらえず注意が必要です。, そもそもくしゃみが出ているからと言って、必ずしも病気というわけではありません。例えば、くしゃみが単発で出ていて、くしゃみ以外の症状を伴わない場合は、ほこりなどの異物が鼻に入り、それが刺激となってくしゃみが出ただけ、つまり、生理現象という可能性もあります。, ―「逆くしゃみ」というものを聞いたことがあるのですが、これは、どんな病気なのでしょうか?, 逆くしゃみは、通常のくしゃみとは対照的に、鼻腔から空気を急激に吸い込むことで起こります。チワワやトイ・プードル、パピヨンといった小型犬で、「ブーブー」といった豚の鳴き声のように鼻を鳴らしている場合は、逆くしゃみの可能性が高いと言えるでしょう。, 苦しそうにしている姿にびっくりする方が多いのですが、犬は苦しいと感じているわけではないようで、特に治療も必要ありません。, さまざまな病気の可能性が考えられますが、ドロッとした鼻水が出るのであれば、副鼻腔炎や蓄膿症、また、高齢で鼻血が見られるのであれば、鼻腔内腫瘍の可能性が考えられます。, そのほか、ハウスダストを始めとする原因物質に対するアレルギーでも、くしゃみが出ることがあります。, 高齢犬の場合は、歯周病が原因でくしゃみをすることがあります。歯周病にかかると、歯に歯石がたくさん付いていて歯茎が赤く腫れ、口臭がきつくなります。, 歯にこびりついた歯垢には細菌が含まれているのですが、この細菌は毒素を産生して歯肉や歯周組織に炎症を起こしてしまいます。そして、炎症がひどくなると、歯の根元の部分にまで炎症がおよび、口と鼻を隔てている骨が溶けて穴が開いてしまいます。すると、口と鼻がつながってしまい、くしゃみや鼻水、鼻血などの症状が出てしまうのです。, 犬の歯周病の治療の基本は手術です。犬は口を開けたままじっとしていることができないため、全身麻酔をかけた状態で手術を行います。, 犬がごはんを食べていると全身麻酔をかけることができませんので、その場合は、手術まで抗生物質や炎症を抑える薬を服用してもらいます。, 当日は血液検査やレントゲン検査などを行い、全身麻酔をかけられる状態かどうか、歯の状態はどうなっているのかを確認します。そして、検査の結果、問題がなければ手術を行います。, 手術は歯石を除去(スケーリング)して歯の表面をきれいにしてから、ぐらぐらしている歯を抜歯します。さらに、歯周ポケットの中をきれいにして(ルートプレーニング、キュレッタージ)、今後歯垢が付きにくくなるように歯の表面を研磨します(ポリッシング)。, 場合によっては入院が必要になりますが、基本的には日帰りできますので入院の必要はありません。抜歯をした場合は歯肉を縫っているため、退院後はエリザベスカラーをして過ごしていただきます。自宅では、消炎剤や抗生物質などの内服薬を飲ませてください。, 一度歯石をきれいに取り除いたとしても、歯が1本でも残っていれば再び歯周病になってしまう可能性があります。そのため、自宅では毎日歯磨きをして歯周病予防をしていただき、定期的に病院で歯のチェックをします。, いきなり犬の口に歯ブラシを入れてしまうと、びっくりして嫌がってしまうことがあります。そのため、まずは口元を触ることから始めましょう。, 触られるのを嫌がる場合は、好きなおもちゃをくわえさせ、その隙に口元を触って上手に触らせてくれたらご褒美をあげます。唇をめくることができるようになるまで、少しずつ慣らしていってください。, 次に、ガーゼを巻いた指で歯磨きをし、嫌がらずに歯磨きをさせてくれるようになったら歯ブラシに移行します。歯ブラシは水で濡らすか、犬用の歯磨きペーストを付けて使ってください。, そのほか気になる犬の体や行動の異常・変化については、獣医師監修の「犬の症状」を併せてご覧ください。, ペットメディカルサポートのペット保険「PS保険」は、犬種により「小型犬」「中型犬」「大型犬」の3つに分類され、それぞれ保険料が異なります。 犬のくしゃみ、そして鼻水はなぜ起きるのでしょうか。 くしゃみは生理現象で出る場合と、身体のトラブルで起きる場合とがあります。 鼻水が続いているのを放置してしまうと、鼻水が鼻腔内で固まり、鼻づまりにいたってしまうこともあります。 鼻水とくしゃみには、次のような原因が考えられます。 生理現象のくしゃみ. 犬の逆くしゃみの原因はなに? 逆くしゃみを発症する原因は、はっきりと分かっていません。 ただ、一般的には、発症は 小型犬やテリア種などが多く、パグやブルドッグといった鼻の短い犬種(鼻ぺちゃの犬種)が多いのが特徴 です。. 2.犬が変な咳をしている時に考えられる病気「逆くしゃみ」とは 2-1.変な咳のような症状が見られる 2-2.逆くしゃみの原因は特定されていない 2-3.逆くしゃみの対処法. 犬の逆くしゃみは、起こっても多くの場合、数秒で収まることが多いので、逆くしゃみをしだしても、止まるまで様子をみるだけでも問題はありません。 逆くしゃみ: 突然フガーフガーという発作のようなものが立て続けに出る場合は逆くしゃみといわれるものかもしれません。 これはパピヨンにはポピュラーにみられるもので気管虚脱や心疾患と間違って治療をされてしまう事があります。 犬の逆くしゃみを止める5つの対処法を紹介。マルチーズ×トイプードルの愛犬が逆くしゃみを起こした際にも効果抜群だった方法も公開しています。病気の危険性や逆くしゃみと間違えやすい病気も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください! リラックスしている時に場所を確認しておいて逆くしゃみが起きた時にそっと押してあげてください。効果的に収まる場合もあるようです。, また、食事の時に早く食べ過ぎるばあいにもムセてしまい逆くしゃみを誘発することもありますので、これも注意しておきましょう。, 対策としては、逆くしゃみが起きそうな状況をできるだけ避けること、逆くしゃみが起きた時には、早く止めてあげる方法をその子に合わせて飼い主さんが見つけておくことが大事だと思われます。, 逆さくしゃみのような症状でも他の病気の可能性もあります。あまりにも連続して起こるようならば動物病院に相談しましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 「逆くしゃみ」という現象を初めて知りました。対処法として、軽く鼻を塞いであげる、おやつの匂いをかがせる等の方法があったり、効果的なツボがあったりと、知っていると飼い主さんの安心につながる事だと思います。, 我が家の愛犬は、小型犬ではありませんが、逆くしゃみを時々やります。初めて見た時はびっくり、夜間の病院に電話しかけましたし、人前で始まるとかなり響くので恥ずかしいと思うこともありました。, 逆クシャミは本当に最初は驚きました。このまま息が止まってしまうのではないかと…すごく苦しそうなんですもんね…, 逆くしゃみという症状を、獣医さんからちらりと耳にしたことがあったんですが、詳しくはしりませんでした。, 私も犬を飼っていて、最初になった時はどうしたの?どうしたの?と、心配の気持ちと、どう対応していいのか分からなくなり、たださする事しか出来ませんでした。, うちのミニチュアダックスも数年前に逆くしゃみになりました。最初はどうしていいか分からず、1分程でおさまったあと、涙目で、ぐたーとしていて、死んでしまうんじゃないかと思いました。その後何度かあり、鼻を塞ぐという対処法もしましたが、それで止まる時は、鼻を塞ぐことで口が開いて、口から呼吸ができ、おさまっていることに気付き、それからはすぐに口を開けてやるようにしています。原因は蓄膿のようで、なかなか完治させるのは難しいのですが、お薬で軽減させています。, 家のわんちゃんはミニチュアダックスフントでした。14才と半年になって、逆くしゃみ?をはじめてし始めました。いろいろと調べてみると、特に心配は無いように書かれています。実際に鼻をつまむと症状は治まりました。しかし、それから数ヶ月たち、気管支炎と診断され薬をのみすっかりとよくなったと思っていた矢先に、今度は心臓の動きが悪くなり腹水、肺にも水がたまり呼吸ができなくなり3日後には亡くなってしまいました。, 私の愛犬のシュートは、症状が出て、何時もの病院に受診、逆くしゃみと診断され、発作が出るたびに、背中や咽を撫でたり、おやつの匂いを嗅がせたりしました。心配だったのは、ドックフードを食べている最中に症状が出て、気管に入った様に咳き込むことが度々有り、それでも、直ぐに治まってきたので、命に別状も無いとの先生の言葉に安心していました。最近、おかしな咳をするようになりりヒィラリアを疑い、日曜日に開いている動物病院を受診して、逆くしゃみという症状を説明すると驚かれたように、そんな病気無いと言われて、レントゲンを撮って貰うと、気管虚脱と診断され、肺炎を起こしかけているとのことでした。手術やカテーテルの説明を受けましたが、取り敢えず投薬で様子を看る事になり、今は症状も無くなり穏やかです。何はともあれ、信頼出来る先生に診てもらった方が良いと思います。, 逆くしゃみなんて聞きなれない言葉だったので、どういうものなのかとても気になりました。実際にどういう状態なのか、動画があるとわかりやすくてよかったなと思います。, 逆くしゃみ、仕組みはわかりましたが、どのような症状なのかがいまいちわかりませんでした。苦しそうなくしゃみ?おそらく愛犬がそのような症状になったことがこれまでないからなのかもしれませんが、音やその様子をもっと詳しく知りたかったです。でも実際起こったらこれが逆くしゃみか、と分かるようなものなのかな。, 10歳のチワワです、朝突然激しい逆くしゃみが10分近く続き、病院行レントゲンを撮ってきましたが悪い箇所見当たらず…その日以来一日トータル30分ずつくらいでてます。もう二ヶ月間…。病院も変えましたがはっきりした原因が見つからず…。元々まれにしか出ていない子だったので何か原因があるとおもうのですか…。治療できないし、食事も一粒ずつあげて、散歩後に行っても地面に置くとすぐ始まるので困ってます。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 逆くしゃみを起こしている様子を撮影したものを獣医師に見てもらうと正しい診断が付きやすい. 犬の逆くしゃみは生理現象であり、ほとんどの場合治療を必要としません。 ただし、逆くしゃみの頻度が増える、高齢になってから突然始まる、発作の後に失神してしまうといった場合には鼻咽頭部の異物やポリープなどの可能性が考えられます。 逆くしゃみの症状. それは、逆くしゃみと呼ばれているものかもしれません。大抵の飼い主は、このような愛犬の姿をみて、何事かと驚きます。今回はこの逆くしゃみについてご紹介します。 犬の逆くしゃみとは? 逆くしゃみは、吸気性の発作性呼吸とも言います。 逆くしゃみ: 突然フガーフガーという発作のようなものが立て続けに出る場合は逆くしゃみといわれるものかもしれません。 これはパピヨンにはポピュラーにみられるもので気管虚脱や心疾患と間違って治療をされてしまう事があります。 犬の逆くしゃみの原因はなに? 逆くしゃみを発症する原因は、はっきりと分かっていません。 ただ、一般的には、発症は 小型犬やテリア種などが多く、パグやブルドッグといった鼻の短い犬種(鼻ぺちゃの犬種)が多いのが特徴 です。. 逆くしゃみが多い犬種として、トイ・プードル、パピヨン、ポメラニアン、チワワなどの小型犬や、パグやフレンチ・ブルドックなどの短頭犬種がいますが、その他の犬種でも発現することがあります。 逆くしゃみの症状と原因. 逆くしゃみ症候群という言葉を聞いたことがありますか?今回は、小型犬、特にチワワなどの短頭種に多い疾患です。まずは動画を再生してみてください。(注意)音が出ます。 人間もそうですが、犬もほこりや化学物� これは逆さくしゃみや、逆くしゃみと呼ばれますが、特に健康被害があるわけではありません。 トイプードルをはじめ、パグなどの鼻の短い短頭種、パピヨン、チワワなどによくみられるもので … メカニズムとしては発作性呼吸と呼ばれているように水を飲んだり、何かを食べている途中、遊んでいる最中など場面を問わず突然起こります。, つまり逆くしゃみというのは、鼻孔の部分から勢いよく連続的に空気を吸い込みながら起こる呼吸状態なのです。 逆くしゃみが多い犬種として、トイ・プードル、パピヨン、ポメラニアン、チワワなどの小型犬や、パグやフレンチ・ブルドックなどの短頭犬種がいますが、その他の犬種でも発現することがあります。 フレンチブルドッグ、パグなどの短頭種やチワワ、トイプードル、パピヨンなどの小型犬に見られます。. 犬の逆くしゃみの症状と原因 . 犬のくしゃみを聞いたことがありますか?我が家のチワワはクシュッとかわいいくしゃみをします。では、犬の逆くしゃみを聞いたことはありますか?うちの犬は逆くしゃみなんてしないから、知らない!と思っていたのですが、チワワを飼い始めてから逆くしゃみを知りました。今では落ち着いて対処できるようになりましたが、最初は大混乱でした・・・ 逆くしゃみは、チワワやトイプードル、パピヨンなどの小型犬に多く見られる発作性呼吸で、アレルギーを持っている子だと頻繁にする事があります。 ただし、逆くしゃみそのものは病気とか異常というわけではないため、治療をする必要はありません。 犬の「逆くしゃみ」とは何かを、知っていますか? 普通の犬のくしゃみとは 何が違うのでしょうか? また、犬が逆くしゃみをしたときに 何かしてあげられることはあるのでしょうか? この記事では 犬の逆くしゃみとは何か、 逆くしゃみをする原因や その時の対応について詳しく解説していきます。 https://tolomolo パピヨンは活発で友好的であるため初心者の方でも飼いやすい犬種です。パピヨンの平均寿命は13〜15歳、最長寿命は23歳とも言われています。健康的に寿命を全うするために、パピヨンがかかりやすい病気や長生きするためのコツについて詳しく解説します。 犬の逆くしゃみに効くツボ「かくゆ」があります。犬の肩甲骨の後ろにあるので、逆くしゃみをしだしたら、肩甲骨の後ろ周辺を軽く押してあげてください。 逆くしゃみかどうか、初めて見たときはなにかほかの発作とはわかりにくいかもしれません。 しかし逆くしゃみは名前の通り、通常のくしゃみとは逆に空気を吸い込み、首を前後に振る仕草を取りながら連続で息を吸い込みます。 発作のように見えることもあり、犬が苦しそうな様子から心配されることも多いのですが、逆くしゃみは多くの場合医学的に問題はないとされています。 小型犬に多い犬の病気「気管虚脱」。ガチョウのように「ガーガー」と苦しそうに咳をするのが特徴的な症状ですが、悪化すると呼吸困難を起こすことも。今回は、気管虚脱の基本事項~治療法、自宅での対処法、逆くしゃみとの違いについて解説します。 3.病気以外の咳の原因は? 4.【体験談】我が家の愛犬の「誤嚥性肺炎」 犬の嗅覚はとても優れているため、においに敏感です。 異物の刺激によるもの 異物が鼻に入ると、犬は生理的にくしゃみをします。 うちは8 などの方法がありますので、一度試してみてください。, 何らかの方法で逆くしゃみがおさまりやすい方法を覚えておくと、連続して起こる逆くしゃみの対策になります。, 逆くしゃみで倒れたり気を失うことはないのですが万が一、咳を伴う状態になったり他の病気かも?と迷う場合には逆くしゃみを起こしている様子を撮影したものを獣医師に見てもらうと正しい診断が付きやすいと思われます。, これといった特定の原因はほぼなく、ふとしたきっかけで逆くしゃみを起こしたりします。 犬がくしゃみをするときは、どうすればいいのでしょうか? 今回は、犬がくしゃみをするメカニズムや、心配のいらないくしゃみ、注意したいくしゃみの特徴を解説します。犬のくしゃみの原因についても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 逆くしゃみ症候群という言葉を聞いたことがありますか?今回は、小型犬、特にチワワなどの短頭種に多い疾患です。まずは動画を再生してみてください。(注意)音が出ます。 ③ 鼻に息を吹きかける。 小型犬に多い病気として逆くしゃみがあります。この逆くしゃみというのは最初に気が付いた時には、わが子の呼吸がどうにかなってしまうのでは・・かなり心配になるものです。逆くしゃみについての知識をまとめてみました。 犬の逆くしゃみは、起こっても多くの場合、数秒で収まることが多いので、逆くしゃみをしだしても、止まるまで様子をみるだけでも問題はありません。 ただ、あまりに頻繁に起こる場合や、止まるまでに時間がかかる場合、以下のような方法で試してみてください。 また、考えられる原因別でそれぞれの対処法をご紹介します。 犬の逆くしゃみを止める方法その1