クラシック音楽と歴史の解説。ベートーヴェン(ベートーベン)『交響曲 第7番 イ長調』の解説、感想とおすすめ演奏、名盤の紹介。のだめカンタービレのエピソード。 我々はもっと心地よい 交響曲第6番 ヘ長調 (こうきょうきょくだい6ばん ヘちょうちょう)作品68は、ドイツ 古典派の作曲家 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年 - 1827年)が1808年に完成させた6番目の交響曲。 作曲者によって『田園(ドイツ語: Pastorale )』の標題が付されている。 und der Cherub steht vor Gott. 抱擁を受けよ、諸人(もろびと)よ! Durch des Himmels prächt'gen Plan, 兄弟たちよ、自らの道を進め Bettler werden Fürstenbrüder,) Was der Mode Schwert geteilt; Und wer's nie gekonnt, der stehle ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」は年末になると日本全国で演奏されます。 プロの演奏家にとってだけではなく、アマチュアのオーケストラ・合唱団にとっても第九の「歓喜の歌」... 「合唱幻想曲」は、「第九の原型」ではないかとも言われています。 それは後半にソリストが登場し、合唱が加わるところです。 似ているのは形式だけではなく、音楽も第九の「歓喜の歌」を思い... ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... クレメンス・・フォン・メッテルニヒ(Klemens von Metternich/1773年-1859年), ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker). 崇高な汝(歓喜)の聖所に入る ベートーヴェン : 交響曲第9番「合唱つき」 / スヴェトラーノフ | NHK交響楽団 (Evgeny Svetlanov | NHK Symphony Orchestra, TOKYO) [CD] [Live Recording] [日本語帯・解説付]がライトクラシックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。 Allegro ma non troppo, un poco maestoso ニ短調 4分の2拍子 ソナタ形式。革新的要素の多い楽章。 冒頭の、弦楽器のトレモロとホルンの持続音にのせて、調性の長短が不明な断片的動機が空虚五度の和音で提示され、それが発展して第1主題になるという動機の展開手法は非常に斬新なものである。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、一度目は主調のニ短調で、冒頭がリピートされたのち二度目は変ロ長調で立ち現れるが、すぐにニ短調に戻り、強奏でこれが定着される … ベートーヴェン「交響曲第7番」解説. Wem der große Wurf gelungen, home > メディア > 楽譜 > ベートーヴェン交響曲第九番「歓喜の歌」 > オーフロイデ! ベートーヴェン交響曲第九番〜歓喜の歌の発音とうたいかた〜 実践編 曲の理解を深めるための解説 小松雄一郎指導 本 … ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」を解説! 「音楽の父」とも呼ばれるベートーヴェン。 彼は多くの名曲を後世に遺しました。 交響曲「田園」は彼が書いた曲の交響曲の中でも人気の高 … Freude, schöner Götterfunken, ベートーヴェン: 交響曲第9番 ニ短調 Op.125「合唱付き」 - 第4楽章 Finale: Presto. そしてそれがどうしてもできなかった者は 1817年にベートーヴェンは自分自身の作品で最も優れたものは、交響曲第3番「英雄」だと答えています。 1817年と言えば、ベートーヴェンの9つの交響曲の8つが既に作曲されている時期で … すべての善人とすべての悪人は 我々は火のように酔いしれて (1785年初稿: 付属品:日本語帯・解説・対訳付; hmv; amazon; king e-shop; tower records; track list. 年末によく流れる「第九(だいく)」は、戦後まもない1940年代後半頃から頻繁に年末に演奏されるようになったという。年末に演奏が集中する理由の一つとしては、楽団員の「もち代稼ぎ」の狙いがあったようだ。 第九は合唱団も加わって大人数の構成で演奏される。その構成員の家族・友人らがそのコンサートを見に来れば、それだけで客数をある程度確保できるというわけだ。 もともとは、大晦日に演奏されるのはドイツの習慣に習ったもののようだが、前後の厳しい経済事情もあって、日本の年末 … 快楽は虫けらのような弱い人間にも与えられ (ベートーヴェン作詞) 創造主の薔薇の踏み跡をたどる。 汝が魔力は再び結び合わせる Ja, wer auch nur eine Seele Muß ein lieber Vater wohnen. (1785年初稿: beethoven @ ベートーヴェン 交響曲 第9番 合唱 @ ozawa 小澤征爾 指揮 @ ニュー フィルハーモニア 管 @ 歌詞 対訳 日本語解説付 @ philips 現在 99円 送料無料 Himmlische, dein Heiligtum! Ahnest du den Schöpfer, Welt? Folgen ihrer Rosenspur. Such' ihn über'm Sternenzelt! 天の星々がきらびやかな天空を 世界よ、創造主を予感するか 星空の彼方に神を求めよ 創造主は我々に与えた ベートーベンは、ボン時代(1790年前後)に シラー のAn die Freudeに出会い、30年後に完成する交響曲第9番のフィナーレにおいて4人の独唱と合唱でその詩を歌わせました。 シラーの原詩は8つの節から構成され、それぞれ前半の詩(v)と後半のコーラス(c)に分かれます。 ひとりの友の友となるという すべての被造物は 口づけと葡萄酒と死の試練を受けた友を 時流が強く切り離したものを Diesen Kuss der ganzen Welt! ひとりの父なる神が住んでおられるに違いない オーケストラやピアノ曲など多くの名曲を生み出すベートーヴェンの代表曲の一つともいえるおなじみの交響曲第5番。日本では「運命」と呼ばれていますね。悲壮感たっぷりの曲調とダイナミックな音のインパクトが魅力の一曲です。 今回はベートーヴェンの交響曲第5番についてまと … Deine Zauber binden wieder, 「歓喜の歌」として親しまれる終楽章の主題はとても荘厳かつ壮大で宗教的な雰囲気さえ漂います。 まずは終楽章からこの「歓喜の歌」をダイジェストで聴いてみましょう! サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 この有名な「歓喜の歌」はドイツの詩人、フリードリヒ・フォン・シラーの詩「歓喜に寄す」が元になっています。 上のダイジェスト動画の部分の日本語訳は次のような感じです。 ベルリン・フィ … ベートーベンは、ボン時代(1790年前後)に シラー のAn die Freudeに出会い、30年後に完成する交響曲第9番のフィナーレにおいて4人の独唱と合唱でその詩を歌わせました。 シラーの原詩は8つの節から構成され、それぞれ前半の詩(v)と後半のコーラス(c)に分かれます。 同年にウィーンのケルントネル門劇場にて行われた初演では、耳の病を患っていたベートーヴェンが観客の拍手喝采に気が付かず、舞台の … Einen Freund, geprüft im Tod; おお友よ、このような音ではない! Mische seinen Jubel ein! Über Sternen muß er wohnen. Freude trinken alle Wesen beethoven @ ベートーヴェン 交響曲 第9番 合唱 @ ozawa 小澤征爾 指揮 @ ニュー フィルハーモニア 管 @ 歌詞 対訳 日本語解説付 @ philips anstimmen und freudenvollere. 創造主の乳房から歓喜を飲み、 Wir betreten feuertrunken. 【049曲:クラシック音楽名曲100曲】ベートーヴェン作曲:交響曲第9番『合唱』~解説と動画&名盤紹介 classic-youtube 2020年5月29日 / 2020年5月29日 【PR】Amazonクラシック音楽:週間売れ筋ランキングをチェックする! 踊る名盤「ベートーヴェン交響曲第6番田園」トランペット奏者が解説! 2017年7月15日; 生涯最後の交響曲!ベートーベン交響曲第9番第4楽章を解説します!(歓喜の歌、喜びの歌) 2017年11月19日; ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」名曲名盤解説! ネットオフ ヤフー店のベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」《トスカニーニ・ベスト・セレクション7》:0001103105ならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。 An den Brüsten der Natur; 天上の楽園の乙女よ 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen) 諸人よ、ひざまずいたか Weinend sich aus diesem Bund! ベートーヴェン / 交響曲第5番 op.67 オットー・クレンペラー / フィルハーモニア管弦楽団 クレンペラーとフィルハーモニア管弦楽団の59年の録音もよく話題になります。どの楽章も遅いテンポで雄大な表現となっているのはこの人独特です。 Sein nennt auf dem Erdenrund! ベートーヴェン交響曲第9番名盤!トランペット吹きが選ぶ決定盤はこれだ! 2017年6月14日; 生涯最後の交響曲!ベートーベン交響曲第9番第4楽章を解説します! 【ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》/アンネ・シュヴァーネヴィルムス, バーバラ・ディヴァー, ポール・グローヴズ, フランツ・ハヴラタ, 東京オペラシンガーズ, サイトウ・キネン・オーケストラ, 小澤征爾/ハイレゾ】 歓喜よ、神々の麗しき霊感よ An die Freude ) 」と言って退席したエピソードを示し、不明瞭に演奏されたフルトヴェングラー指揮の冒頭部分と比較している。, 経緯は中川右介・著「至高の十大指揮者(2020年角川文庫)」などに詳しい。フルトヴェングラー自身は最後まで入党せず、1939年以来ヒトラーの誕生日が近づくとウィーンとベルリンから離れ、指揮を執る演奏会に誕生日祝賀の意味が伴わないよう暗に抵抗していたのだが、42年にはゲッベルスが当初入っていた演奏会の予定を無理矢理変えさせ、忌避しようの無い状況にフルトヴェングラーを追い込んだのである。, レコード芸術誌に載った中村政行の報告によると、バイエルン放送のテープはEMI盤でも音質変化の認められる2か所で編集が施されているだけでなく、「断片的であっても放送利用は禁止」という指示が添えられているが、今日では経緯や理由を知る関係者はなく、解明も進んでいない。, 旋律線強化の目的で行われた各種編曲の実態は『ある指揮者の提言』で、マーラー版については『マーラーの交響曲』で詳しく紹介されている。長年マーラー自身の書き込みがある楽譜が使われて来たが、近年は校訂版もマーラーが編曲したベートーヴェンの交響曲3,5,7,9番や序曲『レオノーレ』2番、3番のJosef Weinberger版(David Pickett校訂、貸し譜のみ)が利用可能で、, 第1楽章81小節に行われた全集版独自の改変などはどの資料にも存在しない音形であるにも関わらず、本格的な原典版が演奏されたときには衝撃をもって迎えられた。同じ改変が最新のハウシルト版でも分析検証の上ではあるが、採用されている。, 有名なのが第1楽章300小節のティンパニとトランペット。自筆スコアでは16分音符だが筆写時の誤りで以降の版が全て8分音符になっている。第3楽章の旋律、第4楽章330小節のティンパニに付けられたデクレッシェンドの処理なども聴いて判りやすい。, この版の出版直後「ベーレンライター版使用」と明記した演奏・録音が流行したが、デル・マー版は演奏者が違和感を拭えない箇所が随所にあると見なされ、実際には「新版の改訂を一部だけ採用し、大部分は旧来の楽譜のまま」という扱いだった。昨今では「ベーレンライター版使用」と銘打つ演奏会は鳴りを潜めている。デル・マー版の知名度を大いに上げたのは, 例えば先述の第4楽章330小節について、デル・マーは自筆スコアにはデクレッシェンド無し、残存する初演用弦楽器パート譜には全て、初演用のスコアではティンパニだけ、とまちまちであること、また諸説ある初演の合唱団人数を少なく見積もった上「ティンパニに合唱がかき消されないよう、その場で指示された処置ではないか」と考えてこの指示を削除したが、ハウシルトは最後発の筆写スコア(ベートーヴェン自身が校閲したプロイセン王への献呈譜。, ヘンレ社は室内楽・管弦楽曲のパート譜は基本的に供給せず、新ベートーヴェン全集の管弦楽曲はヘンレ社が新全集版を刊行した数年後、校訂報告が付属しない新全集版スコアをパート譜セットと共にブライトコプフ社が販売するのが通例であったが、告知から1年遅れ、ブライトコプフ社の演奏譜はヘンレ社の校訂報告付きスコアとほとんど同時期に刊行された。ブライトコプフ社は「第九」の新版を2種類販売することになる。, https://web.archive.org/web/20141228094438/http://www.47news.jp/CN/200305/CN2003051001000055.html, https://mainichi.jp/articles/20180603/ddl/k36/040/335000c, 【はじまりを歩く】ベートーベンの第九(徳島県、東京都、大阪府)捕虜の声響く 日本初演の地/「生」への賛歌 時代を超えて, https://www.asahi.com/articles/ASLDT3Q0VLDTTIPE00P.html, 久留米市:「ドイツさんと久留米」(久留米俘虜収容所のエピソード)第6回「ドイツさんと第九演奏」, Großloge der Alten Freien und Angenommenen Maurer von Deutschland, All text is available under the terms of the. 【収録曲】 ベートーヴェン: <DISC1> 1.交響曲第9番 ニ短調 作品125 ≪合唱付≫ <DISC2> 2.ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123 (Kyrie~Credo) 【輸入楽譜】ベートーヴェン, Ludwig van: 交響曲全集 第3巻: 第8番、第9番 「合唱付き」: 大型スコア ベートーヴェン, Ludwig van 【輸入楽譜】ベートーヴェン, Ludwig van: ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 … クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. Alle Guten, alle Bösen ベートーヴェン / 交響曲第9番 op.125 「合唱付」 ウィルヘルム・フルトヴェングラー / バイロイト祝祭管弦楽団 ♥ 1951年、戦後初めてのバイロイト音楽祭でフルトヴェングラーがバイロイト祝祭管弦楽団と演奏したものが歴史的名演として不動の地位を保っていることはあらためて言 … そうだ、地上にただ一人だけでも 9 d-moll op. (1803年改稿) 交響曲第5番はベートーヴェンの代名詞のように思われていますが、彼の意志を大切にするなら「英雄」「第9」がもっと前に出てこないといけないのでしょう。 (1803年改稿) もっと歓喜に満ち溢れる歌を歌おうではないか Sondern laßt uns angenehmere すべての人々は兄弟となる 同音異調への変移は、弦楽4重奏曲などでよく見られます。雰囲気の一発変換は、第7交響曲(第1楽章b.109,110)や第9にあります。第2楽章では、b.77,b.296が良い例です。 Küsse gab sie uns und Reben, Ihr stürzt nieder, Millionen? この口づけを全世界に! Wo dein sanfter Flügel weilt. 彼の歓声に声を合わせよ 大きな成功を勝ち取った者 ベートーヴェンの交響曲第9番は、その名の通りベートーヴェンの作曲した9作目の交響曲です。 ベートーヴェンの最後の交響曲でもあります。, 日本では「第九」の愛称で親しまれています。 年末になると、日本のいたるところでアマチュアもプロも関係なく演奏会が開かれています。 日本においてのベートーヴェンの最も有名な交響曲は「第九」ではないでしょうか。 実は「第九」の初演はアマチュアのオーケストラ・合唱で演奏されました。 今の日本のスタイルと似ていますね。, 「第九」を演奏するにはオーケストラ・ソリスト・合唱と、かなり多くの人数を必要とします。 そのため、海外では日本ほど演奏機会がないのが現状です。, 「第九」は世界中から高い評価を受けており、EUの統一性を象徴するものとして採択されています。 第2次世界大戦終戦後のバイロイト音楽祭でも、ベルリンの壁崩壊の記念コンサートでも、演奏されたのは「第九」でした。, 指揮:リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti, 1941年 – ) 演奏:シカゴ交響楽団(The Chicago Symphony Orchestra/CSO), 「第九」の最も特徴的なものは、何といっても4楽章の合唱です。 シラーの詩が歌詞となっており、「歓喜の歌」と呼ばれています。 ベートーヴェンはシラーの詩の気に入った部分をピックアップし、第九の歌詞に採用しました。, 交響曲に声楽が使用された曲は以前にもありましたが、効果的に声楽を使った初めての作品だと言えます。 声楽だけではなく、シンバルやトライアングルなどのこれまで交響曲では余り使われなかった打楽器も使用しています。, 「第九」は、シューベルト、ブラームス、ブルックナー、マーラーをはじめとする後の大作曲家たちに大きな影響を与えました。 交響曲の常識を破りロマン派の扉を開いた超傑作が「第九」なのです。, 「第九」は、当時のウィーンの社会情勢を反映していると言われることもあります。 それはクレメンス・・フォン・メッテルニヒ(Klemens von Metternich/1773年-1859年)による政治です。 メッテルニヒはウィーン会議の議長を務め、1821年にオーストリア宰相に就任します。, 彼は保守的な政治を展開し、自由を求める市民を抑圧しました。 このメッテルニヒによる体制は1848年まで続くことになります。 ウィーン市民が「自由を求める声」や「体勢への不満」も、この作品に影響を与えているのかもしれません。, 「第九」の初演は大成功に終わりました。 難聴で拍手の聞こえなかったベートーベンが、助手に促されてようやく反響に気付いたのは有名な話です。, この大成功した「第九」ですが、実は第4楽章は別でした。 その後は、4楽章を除いた1~3楽章で演奏会が開かれることもしばしばありました。, 今や大傑作として知られている第九の4楽章も理解されるには時間がかかったというわけです。 それだけ当時の音楽と比べると革命的だったのでしょう。, ベートーヴェンが初めてシラーの詩に感激したのは1792年のことでした。 シラーと交際のあった若い詩人ルートヴィッヒ・フィシェニヒと親しくすることで、ベートーヴェンはシラーに興味を持ち始めたそうです。 これは「交響曲第1番」を書く7年も前のことでした。, ベートーヴェンは、この頃からシラーの詩に曲を付けたいと考えていたそうです。 その後、1822年に合唱の旋律が書かれ、1824年に初演を迎えています。, ちなみにベートーヴェンの作品の中に「合唱幻想曲」という曲があります。 これはオーケストラとピアノ・ソリスト・合唱で演奏され1808年に作曲された作品です。 この合唱部分は「歓喜の歌」を彷彿させます。 演奏機会は少ないですが、機会があれば是非生で聴いてみてください。 古典的な音楽の中に、第九の香りがします。, 第九番と言えば合唱部分だけが取り上げられることが多いですが、1~3楽章も名曲です。 気付かないだけでテレビでも流れていたりしています。, 第九はすべてが緻密に計算されて作曲されており、1~3楽章は4楽章へと続く伏線でもあります。 是非全曲を通して楽しんでみてください。, 「第九」の初演はドタバタの中で進まれました。 さらに当時ウィーンでは戦争の影響で、優秀な演奏家が不足していました。, リハーサルも数回だったと言われ、そこにはアマチュアのメンバーが多く参加していたそうです。 そのためオーケストラが崩壊するのを防ぐために、ピアニストが本番でも伴奏を弾いたそうです。 さらにはソリストも10代を含む若手の声楽家たちでした。, そのため"初演は大成功だった"が定説ですが、「ベートーヴェンのファンにのみ高評価」だったのではとも言われています。 もしかすると、「記念すべき初演の演奏より、私たちの第九の演奏の方がずっと音楽的」であることも考えられます。, 交響曲第9番には数多くの録音が残されています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。, 交響曲第9番の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。, カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。, ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者, 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。, ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン 第二次世界大戦でドレスデンは爆撃され、ゼンパーオーパーも破壊されてしまいました。 そのゼンパーオーパーは40年後の1985年に再建されます。 その記念コンサートの一つとして「第九」も演奏されました。 このCDはそのコンサートのライブ録音です。, 歴史的記念公演であるというだけでなく、演奏も引き締まった名演です。 緩急の効いたメリハリのある音楽で、シュターツカペレ・ドレスデンの美しい音色を堪能することが出来ます。, 指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット シュターツカペレ・ドレスデン ドレスデン国立歌劇場合唱団, イーディス・ウィーンズ(ソプラノ) ウテ・ヴァルター(アルト) ライナー・ゴルトベルク(テノール) カール=ハインツ・シュトリチェク(バス・バリトン). 智天使ケルビムは神の御前に立つ 年末の風物詩とも言えるベートーヴェンの第九(だいく)は、ロンドンのフィルハーモニー協会が作曲を依頼し、1824年に完成された交響曲第9番。. Brüder, über'm Sternenzelt 楽曲解説 - 交響曲 第9番 ニ短調 《合唱》 第2楽章. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 01:52 UTC 版), 一般的な交響曲の「アレグロソナタ - 緩徐楽章 - 舞曲 - 終楽章」という構成と比べ、第2楽章と第3楽章が入れ替わり、第2楽章に舞曲由来のスケルツォ、第3楽章に緩徐楽章が来ている。このような楽章順は初期のハイドンなどには見られたが、次第に第2楽章が緩徐楽章、第3楽章がメヌエット(舞曲)という構成が固定化していた。ベートーヴェンによって再び取り上げられた形となり、以後この形式も定着し、後の作曲家はこの形式でも交響曲を作るようになった。, また、第3楽章と第4楽章が共に変奏曲に基づく楽曲であり、交響曲のみならず他のジャンルの絶対音楽を含めても、2つの楽章が続けて変奏曲であることは極めて異例である。, Allegro ma non troppo, un poco maestoso ニ短調 4分の2拍子, 冒頭の、弦楽器のトレモロとホルンの持続音にのせて、調性の長短が不明な断片的動機が空虚五度の和音で提示され、それが発展して第1主題になるという動機の展開手法は非常に斬新なものである。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、一度目は主調のニ短調で、冒頭がリピートされたのち二度目は変ロ長調で立ち現れるが、すぐにニ短調に戻り、強奏でこれが定着される。第2主題導入部は、第4楽章で現れる「歓喜」の主題を暗示するような優しいものであるが、これも変ロ長調で、通常、主調の平行調または属調で現れる提示部第2主題が下属調の平行調になっている。それを引きついだコデッタは形式どおり長調で展開されるが、弦と木管の応答部分では、同じフレーズが短調と長調で交互に繰り返されるなど、長調と短調の葛藤が垣間見られる。提示部はベートーヴェンの交響曲で最も長大なためもあってか反復指定がない。, 展開部は再び、冒頭の和音で始まるが、すぐに短調となり、第1主題がほぼ提示部と同じ長さ、変奏、展開される。, 再現部は展開部のクライマックスを兼ねるようなものとなっており、冒頭の和音と主題がffの全奏で再現される。ティンパニもffのロールを持続しながら「ニ、イ」の主題動機の強打に参加し、圧巻のクライマックスが築かれる(提示部と再現部の冒頭の変奏の差はこれまでのベートーヴェンの交響曲にも見られたが、ここでは特に大きい)。第2主題は再現部の定型通りニ長調で演奏され提示部以上に歓喜の歌を連想させるが、すぐさまニ短調に押し流され、以降、短調による激しい展開となる。コーダは最後、半音階を滑り落ちるような不気味なオスティナートに導かれ、それに全弦が誘い込まれたところで全奏となり、第1主題のユニゾンで締めくくられる。, Molto vivace ニ短調 4分の3拍子 - Presto ニ長調 2分の2拍子 - Molto vivace - Presto, 複合三部形式をとるスケルツォ楽章である。スケルツォ部分だけでソナタ形式をとる。提示部、展開部・再現部ともに反復指定あり。, 序奏として、第1楽章を受け継ぐような、ニ短調の主和音の降下が、弦楽器のユニゾンとティンパニで出るが、ユニークなことに、主和音でニ短調を決定づけるF音のオクターブに高低2音ともティンパニが調律されている。(通常、ニ短調の場合、ティンパニはAとDに調律される。ベートーヴェンは、既に第8番の終楽章(ヘ長調)で、Fのオクターブに調律したティンパニを使っているが、それはヘ長調の主音であり、この9番の楽章はより冒険的である)このオクターブの基本動機がスケルツォ部分を支配している。提示部では冒頭にこのオクターブの動機を置いた第1主題が疾走するように出、フーガのように重なって増幅し、全奏で確保される。経過句ののち第2主題に移るが、主調が短調の場合、第2主題は通常平行調(ニ短調に対してはヘ長調)をとるところ、ここではハ長調で現れる。また、1小節を1拍として考えると、提示部では4拍子、展開部では3拍子でテーマが扱われる。展開部ではティンパニが活躍する。(このことから、この楽章はしばしば「ティンパニ協奏曲」と呼ばれることがある)再現部はオクターブの主動機をティンパニが連打しながら導く。(ティンパニ奏者が高いFと低いFを両端に配置した場合、この部分で非常に派手なマレット(ばち)捌きを見せる場合があり、演奏会では視覚的にも見所である)再現部がティンパニのロール調の連打を加えた強奏で戻ってくるところも第1楽章と類似している。最後、突然4分の4拍子となり、それが4分の4拍子の中間部(トリオ)を導く。, 中間部(トリオ)の旋律もまた、最終第4楽章の歓喜の主題を予感させる。(スケルツォの第1主題も短調だが歓喜の主題に似ているといわれることがある。これらは意図的でなく、単に同一作曲時の類似だといわれることもある)速度は更に速められてプレスト。オーボエによる主題提示の後、弦楽器群のフーガ風旋律を経てホルンが同じ主題を提示する。フルートを除く木管楽器群の主題提示の後、今度は全合奏で主題を奏する。, 三部形式後半のスケルツォは前半のリピート。しかし最後にまた突然4分の4拍子となるので、中間部の旋律が顔を出してしまう。それに突然気が付いたように1小節全休符となり、スケルツォの最終部分で締めくくり直す。, Adagio molto e cantabile 変ロ長調 4分の4拍子 - Andante moderato ニ長調 4分の3拍子 - Tempo I 変ロ長調 4分の4拍子 - Andante moderato ト長調 4分の3拍子 - Tempo I 変ホ長調 4分の4拍子 - Stesso tempo 変ロ長調 8分の12拍子, 2つの主題が交互に現れる変奏曲の形式と見るのが一般的であるが、一種のロンド形式、また一種の展開部を欠くソナタ形式と見ることもできる。, 神秘的な安らぎに満ちた緩徐楽章であるが、拍子、調性、テンポを変えることによって、変化がつけられている。木管の短い導入部のあと透明感のある第1主題を第1ヴァイオリンが静かに歌いだす。第2主題は4分の3拍子、ニ長調、アンダンテ・モデラートに変わり、やや動きを帯びる。続く第1主題の第1変奏では、第1主題が16分音符に分解されて奏され、木管による第2主題の変奏がそれに続く。そのまま木管による第1主題の第2変奏を経て、また第1主題の、第3変奏と続くが、ここでは8分の12拍子に変わって、動きが大きくなる、長さも倍加するなど、第2主題を吸収したかのような変化が加わっている。末尾において、それまで沈黙していたトランペットとともに管楽器が鋭い歓声をあげ、弦楽器がそれに応えてクライマックスを迎える。しかしすぐに元の安らぎと静けさを取り戻し、同音の三連符の伴奏に乗って静かに終結に向かう。, 4番ホルンの独奏は、当時のナチュラルホルンでは微妙なゲシュトプフト奏法を駆使しなければ演奏することができなかった(ちょうど作曲当時はバルブ付きの楽器が出回り始めたころだったので、この独奏はバルブ付きホルンで演奏することを前提にしていたという説もある)。これは当時ホルン奏者のみならず、指揮者なども大変気を遣った難しいパッセージであったことで有名。, この楽章の形式は後世のブルックナーのアダージョ楽章などに大きな影響を与えた。ピエール・モントゥーは第三楽章からattaccaで第四楽章に入るのを提唱し、ワインガルトナーも同様に行うよう勧めており、20世紀中には(演奏開始前から第2~3楽章の曲間までに合唱とソリストを入れた上で)このような次第を採る実演も少なくなかったが、ベートーヴェンの原譜にそうした指示はなく、ジョナサン・デルマーはベーレンライター版の校訂報告でattaccaの次第が支持されている事を認めた上で「作曲当時の金管楽器とティンパニは、楽器の調整抜きに第4楽章を始められない」と指摘し、少なくともattaccaは前提でない旨を述べている。, 管弦楽が前の3つの楽章を回想するのをレチタティーヴォが否定して歓喜の歌が提示され、ついで声楽が導入されて大合唱に至るという構成。変奏曲の一種と見るのが一般的であるが、有節歌曲形式の要素もあり、展開部を欠くソナタ形式という見方も可能である("Freude, schöner Götterfunken"が第1主題、"Ihr, stürzt nieder"が第2主題、Allegro energico, sempre ben marcatoが再現部)。, この最終楽章に合唱が入る形式は後にメンデルスゾーン、リスト、マーラー、ショスタコーヴィチなどが取り入れている。, フリードリヒ・フォン・シラーがフリーメイソンリーの理念を書いた[36]詩作品『自由賛歌』(Hymne à la liberté 1785年)がフランス革命の直後『ラ・マルセイエーズ』のメロディーでドイツの学生に歌われていた[37]。そこで詩を書き直した『歓喜に寄す』(An die Freude 初稿1785年、改稿1803年)にしたところ、これをベートーヴェンが歌詞として1822年から1824年に書き直したものである。, 「歓喜のメロディー」は、交響曲第9番以前の作品である1808年の『合唱幻想曲』作品80と、1810年のゲーテの詩による歌曲『絵の描かれたリボンで Mit einem gemalten Band』作品83-3においてその原型が見られる。.