スペクターのエクストラロングスケール(35インチ)の5弦ベース 長さ:約889mm(35インチ)・約914mm(36インチ) 代表的な機種:5弦・6弦などの多弦ベース 最も一般的なスケールであるロングスケールよりも長いスケールで、エクストラロングスケールなどとも呼ばれます。 35インチの場合、Fenderスーパーロングスケールとも。 ベースの場合でもエレキギター同様ロングスケールが最も一般的で、スーパー … Pocket. ギターのフレットでは全音(長2度) は2フレット、半音(短2度) は1フレットの距離になります。e(ミ)とf(ファ)、b(シ)とc(ド)のところが半音(1フレット間隔)になっているので注意してください。 フレットレスギターそのものは以前からも存在していましたが、フレットがないことで音の伸び(サスティン)や音色が影響を受けていました。し� 弦を押さえる指も大事ですが、重要なのは押さえる側の親指の位置にあります。 これが意外と見落としがちなので、自分の親指がどの位置にあるのか一度確認してみて下さい。 親指の位置で、クラシックフォームと握り込みフォームの2種類に分けることができます。 ベースの楽譜を五線譜で表す際、ヘ音記号が用いられます。 ヘ音記号の音階はこの画像のようになっています。 カテゴリ. ピアノと同じように、エレキベースのフレットにも、一音ずつ音が決められてあり、その音には「ド・レ・ミ」の音名がついてます。しかし「ド・レ・ミ」で覚えるより「C・D・E」の英語音名で覚えておくと、後からコードを覚える時に便利です。多くて大変なので、少しずつ覚えていくようにしましょう。, 前のページでも説明しましたが「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を、英語音名に直すと「C・D・E・F・G・A・B・C」となります。それらをエレキベースの指板に当てはめてやると、下記のような並び方をします。大体のエレキベースの指板は20フレットくらいまでですが、21フレット以降も同じ並びで続きます。, もちろん指板の音名は重要なのですが、TAB譜面さえ読めるようにしておけば、曲は弾けるので問題ないでしょう。ただ、後からオリジナルの曲などに自分でベースラインをつけたい人は、指板の音名を覚えておくことは必要不可欠です。指板の音名を覚えることが、ベースラインを作ることに直結してくるからです。しかし、全てのフレットを一気に暗記するのは大変なので、範囲を区切って覚えるようにするといいでしょう。, 先ずは開放弦の0フレットから、5フレットまでに範囲を絞り、音の中心を3弦3フレットの「C」と、1オクターブ高い1弦5フレットの「C」として、これを3ヶ月程かけて気楽に覚えました。オクターブというのは、音が丁度一回り高くなったり、低くなったりすることです。特に3弦3フレットの「C」から、何の音名がどのフレットにあるか、を覚えるようにすると良いと思います。, 5フレットまでが覚えられたら、次は7フレットから10フレットまでで、ここでも音の中心を、4弦8フレットと2弦10フレットの「C」として、周りにどの音名があるかを少しずつ覚えました。音名の並び方は一定なので、5フレットまでが頭に入っていたら、もうそんなに苦労はしないと思います。もちろん覚え方は自由ですが、このように範囲を限定して覚えてみるのもいいでしょう。, 1弦の0フレット目は「G」音で、12フレット目も「G」音です。2弦の0フレット目は「D」音で、12フレット目も「D」音です。3弦と4弦の0フレット目と、12フレットも同じ音名なのが分かります。このように0フレット目から、12フレット目までが1オクターブの関係です。1オクターブとは、音が丁度一回りすることだと説明しました。なので、1弦から4弦までの開放弦の音名と、12フレットの音名は全て同じになります。, この1オクターブの関係は、0フレット目と12フレット目だけではなく、1フレット目と13フレット目、2フレット目と14フレット目と、1フレットずつずれても1オクターブの関係は続きます。12フレット以降の音名が直ぐに浮かんでこなかったら、開放弦からの音名を思い出して、当てはめてみるといいでしょう。, ピアノを始めとする、ピアニカ・エレクトーン・オルガン・キーボードなどの楽器を総称して鍵盤(けんばん)と言い、白い部分を白鍵(はっけん)、黒い部分を黒鍵(こっけん)と言います。鍵盤楽器とエレキベースの指板の音名を見比べてみましょう。, 鍵盤は「C」から、右方向へ白鍵だけを順番に弾くと「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の完成です。白鍵である「C」と「D」の間には、「●」でも示したように、黒鍵があります。エレキベースの指板でも確認してみると「C」と「D」の間には、鍵盤でいう黒鍵に相当するフレットがあります。その他にも黒鍵に当たる、音名の記されていない空白のフレットが、幾つかあるのも分かります。鍵盤の「E」と「F」、「B」と「C」は白鍵が続いて並んでおり、間に黒鍵はありません。これもエレキベースの指板で確認してみると、黒鍵に相当するフレットはなく、「E」と「F」、「B」と「C」が続いて並んでいます。, 楽器の役割こそ違っていますが、ピアノのような鍵盤楽器もエレキベースのような弦楽器も、音名の並び方や配置は同じです。このような、私たちが日頃よく目にする楽器は十二音音階(じゅうにおんおんかい)という、12個で一周という音の並び方をしています。しかし、全ての楽器が十二音音階で区切られている分けではなく、アフリカなどの民族楽器などは、十二音よりもっと細かく分けることが出来ます。, これからエレキベースを始めようと思う人には、エレキベース初心者入門セットをお勧めします。初心者入門セットというと、安っぽくて不安なイメージを抱く人も・・・, 楽器を演奏するための運指や、簡単な音楽理論などが説明されている本を、教則本(きょうそくぼん)と言います。僕が学生の頃はまだDVDが普及していなかったですが・・・, 世界には素晴らしいベーシストがたくさん居られ、そのベーシストたちに影響を受け、プロベーシストになっている人も多いでしょう。もちろん僕も影響を受け、演奏・・・, 主に有名なバンドの曲を、同じように自分たちのバンドで演奏することをコピバン(コピーバンド)と言ったりします。バンドを組まなくても、コピーしたいバンドの・・・, エレキベースの音色をガラリと変えてしまったり、都合の良い音に変化させてくれるのがエフェクターです。エレキベースではエレキギターほど、頻繁にエフェクターを・・・. カテゴリ. Tweet. ベースの場合は、基本的に単音で音を鳴らす。だからコードと言っても、複数の音を一気に弾くんじゃなくてバラバラで弾く。 じゃあそのバラバラで弾く音はどんな音なのか。そして、どの指を使って押さえるのがいいのか。 この辺が覚えるポイント。 調べてみると、ベースやギターなど指板にフレットがある弦楽器は“平均律”という音階となるように配置されているんだそうです。 “平均律”とはなんぞや・・・?ということで音階のお話の始まりです。 通常のベースは、 “フレット” (音階 を区切るための金具)がついている. ベースを演奏する上で、フレットの知識は重要です。「フレットの押さえ方・数え方がわからない」という基本的なことから、「音の配置は、どうなってんの」と疑問に思う方は多いと思います。, また、TAB譜で、コピーなどをやっている方は、「今押さえているところはどこなのか」ということを把握していないことが多いです。, 実際私は、押さえてる場所もよくわからずやっていました。そのため、少しでも間違ったところを押さえてしまうと混乱していた覚えがあります。, そうならないためにも、フレットの仕組みを理解することが大事です。すると、「別にここを押さえなくてもこっちでいいじゃん」とか「こう行ったら面白いかも」とか、演奏に余裕ができます。オリジナルの楽曲の制作の際には、必ず必要な知識です。, 例えば、初めて行く街は、右も左もわからないですよね。しかし、その街を知り尽くしていたら、あそこに行くには、「こう行こうかな?ああ行こうかな?」と選択肢は広がりますね。まさにこのような状態を作ることが、ベースのフレットを把握することです。, ベーシストにとって、この”ロードマップ”を把握することによって、非常に演奏の幅が広がります。, この記事では、ベースのフレットの基本的なことから、音の配置について詳しく解説していきます。, まず、ベースのフレットとは、指板上で区切られている金属の棒のことです。以下の赤で囲ったものです。, ベースは、弦を押さえる位置によって、音程が変わります。そこで、フレットは音程のガイドになるだけでなく、音を鳴らしやすいといった効果があります。, また、フレットレスというベースがあります。これは、フレットがないものになります。以下の画像です。, つまりフレットは必ず必要なものではないのです。しかし、フレットがない分、非常に難しいです。, フレットの数え方は、以下の図のように、ヘッド側から、ナット・1フレット・2フレット・3フレット・4フレット・5フレット…と数えていきます。以下の画像のように数えます。, そして、弦の指定は、1弦2弦3弦4弦と指定されます。つまり、「3弦3フレットを押さえて」と言われたら、3弦のフレット3つ目を押さえます。, なぜなら、フレットによって、弦を固定するからです。例えば、フレットの真上を押さえてしまったら、うまく鳴らないのが確認できると思います。, もちろんはじめは、余計な力が入りがちになります。しかし、押さえるコツがわかってくれば、楽に押さえれるようになっていきます。, これは、昔に5弦ベース使用時に自分用に作ったものなので、汚いですが・・このような配置になっています。なお、4弦ベースの方は、5弦の欄は無視してください。, 「なんて複雑で、わかりにくいんだ」と感じますね。しかし、ある程度の法則を掴めば、指板の見方がだんだんとわかるようになります。, ベースのフレットの覚え方は、様々なアプローチがあります。いろいろな視点を知ることで、全体が見えるようになっていきます。ここからそれぞれ解説していきます。, まずは、開放弦の音を覚えましょう。開放弦とは、どこも押さえずに鳴らすことです。これは、4弦=E(ミ)・3弦=A(ラ)・2弦=D(レ)・1弦=G(ソ)です。以下のようになります。, また、5弦ベースの場合は、5弦=B(シ)になります。これらは、レギュラーチューニングと言われるものです。最も一般的なチューニングです。, また、なかなか頭に入らない方は、「家で痔になった→い(E)え(A)で(D)じ(G)になった」・「家でジーとしてた」・「家出じいちゃん」など、大喜利のように覚えてしまいましょう。, 次に、ドレミファソラシドを覚えます。この際に、一番覚えやすい位置は、3弦3フレットから始まるドレミです。, わかりやすい例として、ピアノの鍵盤があります。ピアノでは以下の並びで音が並んでいます。, これは、ベースも同じ順番です。しかし、ピアノと比べて白鍵と黒鍵で別れていないので、直感的に見づらいです。以下の図がピアノと比べたものです。, 音と音の距離が一定ではないので、覚えにくいですね。さらに、ベースの横移動は、広い視野が必要になるので、なかなか体に馴染みません。, さらに、ベースでは、基本的に4本の弦があります。これは、弦1本1本それぞれピアノの鍵盤があるイメージです。, そこで、まずは以下の縦軸のドレミの配列を覚えることをおすすめします。なぜなら、直感的に覚えやすく、応用がしやすいためです。, 異弦同音(いげんどうおん)とは、異なる弦で、全く同じ音程のことです。これは、現在鳴らしているところから、5フレット高音に移動し、1つ太い弦が異弦同音になります。, 例えば、3弦の開放弦のA(ラ)の場合は、4弦5フレットのA(ラ)がそうです。2弦の開放弦のD(レ)の場合も、3弦5フレットのD(レ)になります。つまり、この関係は、どの弦も同様です。このことから以下の図のようになります。, このような関係があります。そのため、例えば、TAB符で1弦の開放弦のG(ソ)の指定でも、2弦5フレットのG(ソ)を弾くのもオッケイです。また、3弦3フレットのC(ド)の指定でも、4弦8フレットのC(ド)でもオッケイです。これは、弾きやすい方を選んで大丈夫です。, このように、5フレット高音の1つ太い弦が、異弦同音ということを知ることで指板上が見えてきます。, まず、オクターブとは、「ドレミファソラシド」の最初と最後のドの距離のことです。これを、1オクターブといいます。, さらに、「ドレミファソラシドレミファソラシド」の最初と最後のドの距離は、2オクターブということになります。, このように、どんどん階段上に音が積み上げられていくことを、音階といい、これは続いていきます。, そして、ベースはオクターブの法則というものがあります。この事を把握することによって、だんだんと音の位置がわかるようになっていきます。, つまり、開放弦から1オクターブ上がった音が12フレットの音になります。以下の図で確認してください。, これがわかれば、1フレットは、13フレットと1オクターブの関係です。2フレットは14フレット、3フレットは15フレット…ということになります。, このように、開放弦と同弦の12フレットの音の関係が理解できれば、音の配列が大きく理解できるようになります。, この関係も、1オクターブです。もちろん、どの弦も同様です。これは、スラップ奏法やオクターブ奏法という弾き方の際に、よく使われます。, このように、フレットと弦をまたいだ対角の関係を理解することで、簡単にオクターブの位置を見つけることができます。, これは、現在押さえてるところから、7フレット高音に移動します。そして、1つ細い弦に移動した位置が1オクターブ高くなります。, 瞬時に数えることは難しいのですが、距離感覚を覚えるように、ゆっくり把握していきましょう。, このように、7フレット高音に移動し、1つ細い弦に移動した位置も1オクターブの関係です。, 12フレット以降は同じ並びとは、開放弦〜11フレットまでと12フレット以降は、全く音の並びが一緒になります。, つまり、11フレットまで把握できてしまえば、それ以降は全く同じ音の配列ということです。, その際に、ポジションマークと言われるもの活用しましょう。ポジションマークとは以下のものです。, これは、3フレット・5フレット・7フレット・9フレット・12フレット・15フレット・17フレット19フレットの位置にあります。この配列を把握すれば、以下の図のような解釈ができます。, これは12フレットを境にベースをぶった切ったイメージです。このような感覚を持つことで、より音の配列の見え方がわかりやすくなります。, これは、ベースがいらないので、どこでも行うことができます。このゲームは、単純です。頭の中で、ベースの指板をイメージして、「2弦9フレットは?」「4弦2フレットは?」などと直感的に自分に問題を出します。, 実際これは、難しいと思います。なぜなら、ここまで話した知識を総合的に使うからです。そして、指板のイメージが明確でなければならないからです。はじめは、ベースをながめながらやってみてください。, ここまで、ベースのフレットの基本的なことから、音の配置について解説してきました。まとめると以下の通りです。, ベースの音の配置を覚えるのは、やはり大変です。しかし、様々なアプローチで応用していき、把握していってください。, Copyright © 2021 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. このように各Keyの音階のそれぞれの場所に 「#」 や 「♭」 が付くのがわかると思います。 Keyによって 「#」 と 「♭」 が、どの音に付くのかを理解しておくことが大切です。 ベースを演奏する上で、フレットの知識は重要です。「フレットの押さえ方・数え方がわからない」という基本的なことから、「音の配置は、どうなってんの」と疑問に思う方は多いと思います。 また、TAB 現役プロベーシスト佐々木恵太郎のベースモデル紹介シリーズ!今回はここ数年で巷に浸透しつつある「ウクレレベース」についてご紹介していきます。演奏動画などをみながらサウンド・特徴について知っていきましょう! 5弦3フレットの中指(c)から始め、次に弾く音は5弦5フレットの小指(d)4弦2フレットの人差し指(e)と弾いていきます。この時点でドレミ♪と聴こえたと思います。そのまま同じように進んで弾いて … ギターと同様、ベースの場合もフレットと音の位置は規則性があり、1フレットごとに半音変化します。 五線譜の読み方・ヘ音記号の音階. ベースのフレットついて!音階や音名は?指板上を網羅! ベースシールドとギターシールドの違いはあるの?簡潔に解決! ベースのリズムトレーニング!パターンの把握と取り方の練習; ベースアンプなし!!無しの音では下手になる! ベースのフレットついて!音階や音名は?指板上を網羅! 2020/07/21. ベース指板上の各スケール(音階)をまとめました。LowB,HighCチューニングで5弦・6弦ベースも載せました。構成音に音程、音名(CDEF・・)、階名(ドレミファ・・)、数字などで表しています。練習や確認に利用してください。 ベースで「ドレミファソラシド」ってどうやって弾くの?っていう初心者さん向けに、この記事ではベースでのドレミファソラシドの押さえ方について解説していきます!本記事の内容ベースでのドレミファソラシドの押さえ方ラシドレミファソラの押さえ方も一緒に アコースティックギターの伴奏は開放弦を活かしたローコードでも充分に通用します。でも時折、ギターリストが5フレットや12フレットなんかまで駆使してコード伴奏をしているのを見ると少し劣等感を感じるかもしれませんね。ご安心ください。彼らは大したこ 初心者向け簡単コード ver. ベース初心者です;;失礼しますあの、3弦3フレットがドですよね?そのドから始まってドレミファソラシドまでの指使いは分かるのですが、それ以外はまったく弾けません;;そもそもこれ以外にベースの中に音階って存在するのでしょうか ベース指板上のどこに何の音があるのか知りたい!って思っていませんか?指板上の音の位置がわかるようになると、コードを意識した演奏やアドリブなどができるようになるので、ぜひ覚えておきたいですよね。私自身、つい最近まで音の配置とかよく知らずに弾い !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? フレットレスベースを弾いているベーシストをまとめてみました。比較的ロック色やプログレなど、変態系のフレットレスベースを弾いている人を紹介していますので、今まで知らなかったフレットレスベースの使い手を知れるかもしれません。 ベースの指板で0フレット(開放)〜12フレットまで、1弦から4弦までの各ポジションの音名を次の画像にまとめました。 各ポジションの音が覚えられていない間はこういった画像をヒントに音の確認をしてみると良いでしょう。 覚え方のコツ. エレキベースは、ギターに比べるとフレットの間隔が広いです。 最初は上手く指が広がらないかもしれません。 こつこつと練習と指関節の柔軟体操を続けて、 スムーズに「ドレミファソラシド」が弾けるようになりましょう。 [CDATA[ */ (※2)ベースやギターの指板上の区切り. /* ]]> */, ベースでは、基本的に4本の弦があります。これは、弦1本1本それぞれピアノの鍵盤があるイメージ. 似ているようで似ていないようでもある、この二つの楽器はどう違うのでしょうか。目の前にある楽器がギターかベースかは、慣れてくるとすぐ見分けられるようになります。しかし、具体的にどんなポイントで見分けるのでしょうか。また、バンド内でどんな演奏を行うのでしょうか。 ギター | ウクレレ | ピアノ | ベース | パワーコード ... U-フレットトップ U-フレット 動画プラス ランキング お気に入り 閲覧履歴 New 新着楽譜 U-フレットチャンネル U-フレットマガジン ギタ女オーディション ギターコードブック. ※今回のイメージ図では想像がつきやすいよう、フレットを表示していません。フレットレス以外の楽器であれば指板上にはフレットが打たれている、と思ってください。 この状態であれば、弦をローポジションで押弦した場合でも、 ハイポジションで押弦した場合でも、 押弦した箇所からブ 音楽やってると避けては通れないコード。聞いたことあるけどよくわかんないんだよねってなるのがコードで、レッスンを受講する生徒様からもよく質問をいただきます。そんな理屈知らなくても音楽は感性でしょ!って、そんなのはもったいないんです。知れば音楽が見えてくる。今回は初心者のためのコード講座です。ベース片手に読めばわかりやすいですよ。 ベースの各弦の音程を、決められた高さに合わせることを“チューニング”と呼びます。このページでは、チューナーを使ってチューニングをする方法を、動画入りで初心者にもわかりやすく説明します。 ギター | ウクレレ | ピアノ | ベース | パワーコード ... U-フレットトップ U-フレット 動画プラス ランキング お気に入り 閲覧履歴 New 新着楽譜 U-フレットチャンネル U-フレットマガジン ギタ女オーディション ギターコードブック. フレットレスという名前通り、通常のアコースティックベースやエレクトリックベース(フレッテドベース)と異なり指板上にフレットがない。 それ以外はフレッテッドベースと構造上の大きな違いは無く、指板上にフレットの代わりに目印となるラインが書かれている物も多い。 var wpcf7 = {"apiSettings":{"root":"https:\/\/bassist-bar.com\/wp-json\/contact-form-7\/v1","namespace":"contact-form-7\/v1"}}; 弦は4本だけと簡単ですが、フレット数は20フレット以上(エレキベースによって異なる)と、最初は大変に思います。そういう時は3・5・7・9・12フレットと続く指板に記されるポジションマークを、上手く利用してやりましょう。 初心者向け簡単コード ver. /*