その他の種類を見てみると. fender(フェンダー)は、1940年代にアメリカ、カリフォルニア州でレオ・フェンダー氏によって設立。fenderから1951年に発売されたブロードキャスターをはじめ、テレキャスター、ストラトキャスター、プレシジョンベース、ジャズベースなど、現代の世界的定番モデルを世に生み出しています。 Learn more about Fender electric basses. ジャズベースタイプのベース特集, フェンダー・ジャズ・ベースを… ジャズマスターをベースに、フェンダーの最上位機種として1962年に発表され、ザ・ビーチ・ボーイズなどこの時代のサーフィン・ミュージックでブレイクした人気機種でしたが、ロングサスティンが求められる時代になって不人気機種となり、1975年に生産が中止されます。 1986年にジャズマスターとともにフェンダージャパンから再生産されますが、その後1990年代に入りカート・コバーン(ニルヴァーナ)が使用した事で、オルタナ、グランジ界で人気機種となり、2000年にUSAで生産が再開されるよう … マーカス・ミラー, 年代によって変化し続けてきたジャズベースですが、それぞれのモデルが個性的で非常に素晴らしい楽器に仕上がっています。あなたのお気に入りのモデルはどの時代のものでしょうか?, ここまでジャズベースの基本スペックと各年代毎のモデルの特徴について紹介していきました。自分もジャズベースが欲しい!そう思った時にどんな選択があるのでしょうか?「ジャズベース」と正式に名乗ることができるのは、ジャズベースを作ったフェンダー社のモデルのみとなっています。フェンダー社の中でもいくつかのラインナップが存在し、それぞれ価格帯の異なるグレードのモデルが用意されています。, また、ジャズベースはエレクトリックベースのスタンダードであるため、他社からもジャズベースに倣った所謂「ジャズベース・タイプ」が数多くリリースされています。 どちらもギター・ベースの名門ブランド「Fender」から発売されている製品で、発売年的には、プレベが1951年でジャズベが1960年となるので、プレベが兄、ジャズベが弟となります。 1960年の誕生以来、音楽史に残る名曲の数々をボトムから支え続けてきたフェンダー・ジャズ・ベース。2基のピックアップを搭載することで生まれた独特かつ多彩なトーンはジャズ・ベースの大きな魅力であり、その魅力は色褪せるどころかますます輝きを増している。 石石橋楽器で探す, 《オーダーメイド体験》Red Houseにベースをオーダーする!2020.12.6, 《独自技術と研究成果で築くオリジナリティ》YAMAHAのエレキベースについて2020.3.18. フェンダーのエレキベース エレキベースがフェンダーで初めて登場したのが1951年になります。 フェンダーは、エレキベースの中でも人気が高く代表格とも言えるブランドとして確立しました。 アマチュアからプ エスクワイヤー(テレキャスター)、プレシジョンベースで一定の成功を収めたフェンダーは次のギターの開発を進めます。 それが1958年のジャズマスター、1962年のジャガー、そして1960年に発表されたジャズベースです。 1960年にフェンダー社から発売。 プレべ同様、他社からもジャズベースタイプとして数多く生産されている。 「ジャズベース」と呼ばれるがジャズのみならずポップスやロック、 その他様々なジャンルで使用される。 特徴 フェンダーのベースは先ほどの説明でも合ったように、大きく分けると「プレシジョンベース」と「ジャズベース」に分けることができます。 もちろんどちらも素晴らしいベースなのですが、どのような特徴を持っているのでしょうか? 概要. 1966年以降、指板にもメイプルが使用されたモデルが登場します。, ジャズベースは1960年に誕生してから基本的なシェイプは変更されていません。しかし時代の流れに合わせてさまざまなスペックチェンジが行われてきました。フェンダー・ジャズベースの魅力を知るにまず、それぞれの時代のジャズベースの魅力について考えてみましょう。, 初期ジャズベースはコントロール部が同軸のスタックノブ(上内部がボリューム、下外部がトーン)が採用されており、各ピックアップが独立してボリュームとトーンのコントロールが可能でした。 ジャズベースとは、『ジャズべ』と呼ばれ、世界的に愛されているベースの一つです。 フェンダー社により開発されたエレキベースで、プレシジョンベースの上位機種として開発されたそ … この時から2ボリューム&マスタートーンの3ノブ仕様が採用され、サウンドメイクもよりシンプルに、よりまとまりのある音色を出せる様になりました。 プレベ=PRECISION BASS. 世界中で様々なメーカーがエレキベースを発売し、各社とも独自の技術や最新の設備などで日々凌ぎを削り合っています。, そんな中、長きにわたってトップを走り続けるメーカ、それこそ世界一有名と言っても良い楽器メーカーである「Fender」です。, 長い歴史で培われた技術と伝統は、世界中のベースプレイヤーを魅了しトップアーティストから絶対的な信頼を得てきました。, 最近ではそのロゴがアパレルショップのTシャツのデザインなどにも採用され、音楽をやっていなくてもそのロゴは目にしたことがある、名前は聞いたことがある、なんていう人も多いかと思います。, そして、これからベースを始めたいと思っている方が、自分のベースを買うためにインターネットなどでで検索しても、必ずと言って良いほどこのFenderのベースが出てくるのではないかと思います。, 先ほど書いたように、世界のトップを走っているアーティストたちから高い評価を得ている傍、もっとたくさんの方に音楽を始めて欲しいという思いから、初心者の方でも手の出しやすい価格帯のものも多く発売されるようになりました。, そこで今回は、これからベースの購入を検討されている方、新しくフェンダーベースが欲しいと思っている方に向けて、フェンダーベースの魅力を説明するとともに、様々なラインナップを紹介してみたいと思います。, 1946年にレオ・フェンダーによって創業された老舗楽器メーカーで、はじめはエレクトリックギター・アンプを主に製造していた。, エレクトリックギター自体は1920年台後半から多くの業者によって製造されていたが、そのほとんどがホロウボディ(ボディ内部が空洞の状態)のものだった。, そんな中、フェンダーが1948年にソリッドボディ(ボディ内ぶが空洞になっていない状態)のエレクトリックギターの試作品を完成させ、翌年「エスクワイヤー」として発表し、その翌年には現在でも多くのファンがいる「テレキャスター」の元となる「ブロードキャスター」というギターを発表した。, 後にこのテレキャスターというギターは、世界初の量産型ソリッドギターとして世界中に革新をもたらしていく。, これが最も歴史のあるエレクトリックベースである「プレシジョンベース」の誕生だった。, このプレシジョンベースというのは、アンプで音を増幅し大きなステージで演奏することを目的として誕生した楽器で、これが誕生するまでのは低音域を担当する楽器等のは「コントラバス」でした。, スケールも非常に長くフレットレスであることから、正しい音程を取ることが難しく、プレイアビリティも決して良いとは言えませんでした。, 対してプレシジョンベースはアンプでの音の増幅が前提の楽器ですので、ボディを大きくする必要がないためプレイアビリティの向上を実現。, さらにフレットというシステムを採用し誰でも正確な音程を得ることができるということからも、当時革命的であった。, プレシジョンベースの「プレシジョン」というのは(正確な)という意味の言葉で、名前にその音程の背覚醒をつけられるほど、同時では革新的だったことが窺えますね。, その後、1960年にフェンダーのもう一つの看板ベースである「ジャズベース」を発表します。, これがまさにエレクトリックベースの完成形ともいえる、プレイヤーが求める全ての要素が凝縮されたようなベースで、瞬く間に世界中に広がりを見せ、一躍フェンダーの名前を確固たるものとしました。, 1960年台前半にはほぼ基本スペックが完成していたというほど発売当初から高い完成度を誇った楽器で、先に発表されていたプレシジョンベースを、より弾きやすく幅広いジャンルに対応できるように「楽器としての可能性」を追い求めて作られた楽器です。, サウンドメイクのバリエーション、レンジの広さ、プレイアビリティの良さなど、どの点で見ても圧倒的にジャスベースの方がプレシジョンベースよりも優っている点が多く、多くのベースプレイヤーは「フェンダーのジャズベースがあればどんな現場でも事足りる」と絶対的な信頼と支持を寄せています。, まさにエレクトリックギターの完成形として、世界中のベースプレイヤーから愛される最高のベースが誕生したというわけです。, こうしてフェンダーはエレクトリックベース界で唯一無二の存在としてNo.1の地位を手に入れました。, フェンダーのベースは先ほどの説明でも合ったように、大きく分けると「プレシジョンベース」と「ジャズベース」に分けることができます。, もちろんどちらも素晴らしいベースなのですが、どのような特徴を持っているのでしょうか?, これからベースの購入を検討している方のために、この2つのベースの違いを様々な角度から比べてみたいと思います。, 性能や万能さでは改良型であるジャズベースに軍配が上がりますが、それでもなお今現在高い人気を誇っているのにはもちろん理由があります。, 強く押し出された中音域は荒々しさも兼ね備えており、ピックなどでのゴリゴリとしたロックプレイにも良い個性を発揮してくれます。, ネックはジャズベースに比べ太めですが、その分サウンドも太く男らしいサウンドキャラクターです。, 編成が少なめのロックバンドなんかではこの個性を十分に生かし、演奏全体にふくよかさをプラスしてくれるでしょう。, ぶりっとした立ち上がりのいい抜けのあるサウンドは多くのミュージシャンを魅了しています。, しかし、サウンドメイキングの幅はどちらかというと狭く、高音域が出にくいため、スラップなど高音域もしっかりと使うような奏法を多用するジャンルにはあまり適さないかもしれません。, プレシジョンベースを元に改良を重ねたモデルのため、基本的にはジャズベースの方が様々な面でプレシジョンベースよりも優っていると言えます。, 全体的に引き締まったクリアな印象のサウンドキャラクターで、どんなジャンルの音楽でも通用します。, 低音をしっかり響かせながら、ジャリっとした高音を生かすいわゆる「ドンシャリサウンド」がしっかりと作れるのも一つメリットですね。, このような音のキャラクターは非常に現代風で、しっかりとした低音・高音が要求されるスラップなどでもしっかりとバキバキした音を鳴らしてくれますので向いていると言えます。, 逆にいうと、サウンド名金がうの幅が広いので、音作りを間違えると他の楽器の音行きたいとかぶってしまったりなんてこともありますので、そこは少し注意が必要かもしれません。, ネックもプレシジョンベースに比べ細く作られていますので、手の小さい人でも高いプレイアビリヒを感じることができるでしょう。, ピックアップがフロント取り後で合計2つ取り付けられており、それぞれがボリューム調整できるのぶと、統一のトーンのぶが搭載される「2ボリューム1トーン」が一般的な仕様となっています。, プレイアビリティの高さや、サウンドの汎用性などから、一本目に持っておけばまず間違いなくどんなジャンルでも対応できるといえるからです。, 少し無責任な書き方ではありますが、実際プレシジョンベースを1本目に購入したとしてもジャズベースを購入したとしても、初めてですから弾きやすいか弾きにくいかなんてわからないと思います。, それに人間は何事にもなれていく生き物ですので、プレシジョンベースを購入しても絶対にその楽器に慣れていきます。, なんなら、いくらジャズベースが一般的にプレイアビリティが高いと言われていたも、プレシジョンベースに慣れてしまった人からは「なにこれネック細っ!弾きにくいわー」となってしまうかもしれません。, なので筆者が初めて楽器を買う際にいつも言うのは、「見た目だけで選べ!」と言います。, 音の良し悪しやサウンドキャラクターなんか当然始めはわからないと思いますし、なんにせよ初めのうちに練習意欲を駆り立てるものというのは「見た目」が全てだと思うからです。, 例えば、「あのアーティストさんみたいにカッコよく弾きたいなー」というのも、結局見た目からくるものですよね。, 自分が”かっこいい!””かわいい!”と思えるお気に入りの楽器じゃないと手にとって練習しようという気にならないのです。, なので、サウンドキャラクターがどうとか、プレイアビリティがどうとか、ジャズベースかプレシジョンベースかとか難しいことを考えずに、楽器屋さんにいって適当に楽器を眺めていたときに、「あっ!これ良いな!」と目に留まったものを買うのが一番良いです。, その中で値段などを考慮し、今自分が買える最高にかっこいいと思える楽器を購入することをお勧めします。, それでは、フェンダーのなかの代表的なシリーズについていくつか紹介させていただきたいと思います。, ここも実際初めのうちはあまり気にしなくても良い部分ではありますが、事前情報として知っておくと、サウンド面などでも長く使っていける一本に出会うことができるかもしれません。, フェンダーの楽器は、主に「アメリカ製(USA)」「日本製(Japan)」「メキシコ製(Mexico)」の3つの国で作られています。, ボディ・ピックアップ・ネックと随所にこだわりが詰まっているUSAモデルはまさに現地ならではといった楽器を多く取り揃えています。, 一番高いものだと「Custom Shop」というシリーズがあり、世界中の一流アーティストがこぞって使っている世界最高峰の楽器が数多く発売されています。, 海外製ということもあり、日本で購入する際には関税がかかっている分値段は張ってきます。, もともとは日本のみで販売されるために作られたシリーズなのですが、その作りの良さから正式なシリーズにまで上り詰めました。, 物づくりに特化した日本の技術力とフェンダー社のノウハウを掛け合わせた、安心感がありながらもフェンダーブランドを堪能できるシリーズです。, 基本的な楽器の使用はUSAと同じ仕様になっているにもかかわらず、日本での生産のため関税がかかっていないことから、USAと比べると非常にリーズナブルな価格帯で購入できるというのも魅力の一つですね。, 物づくり大国「日本」の技術力が存分に発揮され、中には「USA製よりも安心して使える」という人もいるほど、楽器自体の完成度には非常に定評があります。, 価格も10万円弱くらいのモデルでも、趣味で音楽を楽しんでいく分には当分困らないようなクオリティの楽器を手に入れることができるでしょう。, アメリカの工場で作られているパーツが使われており、その点ではUSAとなにも変わらないながらも、組み立てがメキシコで行われているという理由から、USAよりも程価格帯で購入できるシリーズとなっています。, メキシコ製は作りが雑と言われることもあるようですが、実際にはそんなことはなく、本社であるUSAの監修のもとしっかりとした製品が作り出されています。, 経験者の中には「メキシコ製は良い堀大物がある時がある」ということを言う人もいて、上の2つに比べると個体ごとのクオリティのばらつきはありながらも、良いものはかなりのクオリティの楽器もあり、しかも低価格ということから人気の高いシリーズです。, 良くも悪くも「これぞフェンダー!」という仕様と音で、尚且つ今の音楽シーンに合わせて最新の技術も搭載していっている、まさに1本目にはもってこいのベースです。, 価格帯もそこまで高くはないので、長く使っていける1本が欲しいという方にはおすすめです。, エレキベースの最盛期ともいえる60年代の雰囲気や仕様を再現して作られているのがこのシリーズです。, 本物の60年代のベースを手に入れようと思ったら、何百万というお金が必要になってしまいます。, ですがこちらは値段を抑えながらも、最新の技術で塗装のハゲや傷などを再現する「エイジド加工」を施してあったり、このシリーズ独自のピックアップで温かみのあるサウンドを実現できたりと、ヴィンテージ志向の方にはたまらないシリーズとなっています。, ピックアップなども最新の技術によって作られ、豊かなサウンドを奏でることができます。, プレイアビリティの面でもネックの形状などを見直し、さらに弾きやすく改良されたまさに誰が使っても使いやすいシリーズとなっています。, 昔ながらの良さを追求したシリーズで、1951年に誕生したプレシジョンベース、そのご1960年に誕生したジャズベースの使用をそのままに再現したのがこのシリーズです。, その頃の楽器を現代に新品として演奏することができるというのはさすがフェンダーといったところですね。, ボディの形状や大きさ、ネック、ピックアップ、サウンドキャラクターなど、随所のスペックがあの頃に輝いていた楽器たちを再現しており、自分で弾きながら一緒に育っていける魅力のあるベースです。, 価格を抑えながらもしっかりとした作りのベースを求めるならこのシリーズがおすすめです。, アメリカ製よりもお求めやすい価格帯で作りの良さはさすが日本製というほどしっかりしており、初心者向けフェンダーベースの決定版と言っても良いシリーズです。, 日本製ではありながら、フェンダーの技術をふんだんに生かしており、初心者はもちろん経験者も納得のベースではないでしょうか。, 価格帯をグッと抑えながらも、フェンダーの名に恥じないプレイアビリティとサウンドを実現しています。, 10万円を切る低価格でフェンダーブランドを手に入れられるとして初心者の方々に非常に人気の高いのがこのベースです。, あまり安い楽器はチューニングの正確性や作りの甘さからあまりおすすめされませんが、こちらのベースはフェンダーの名に恥じぬしっかりとしたサウンドと作りで、初級者から初めても中級者以降まで安心して使っていける一本です。, カラーバリエーションも豊富に取り揃えており、自分の好みの見た目のものにきっと出会えるのはないでしょうか。, フェンダーの中でも最高峰であるカスタムショップシリーズの製作をする人たちの中には、「マスタービルダー」という最高峰の製作者たちがいます。, そのマスタービルダーたちの指揮によって生産された日本製のフェンダープレシジョンベースです。, カスタムショップの中でもトップに君臨する職人たちのノウハウが惜しげもなく取り入れられながらも、生産国が日本ということで、非常に優れたコストパフォーマンスを実現しています。, 70年代のスタイイルを再現したフェンダーベースの中でも代表的な一本と言えるベースです。, ジャズベースなので幅広いサウンドメイクや高いプレイアビリティを誇りながらも、70年代らしい引き締まったサウンドが魅力的です。, 価格も10万円弱とそこまで高額なラインではありませんので、初心者の方でも少し頑張れば購入を検討できるラインではないかと思います。, 日本製ですので作りも非常にしっかりしており、一度購入すれば長く付き合っていける一本です。, 世界最高峰のブランドながらも、初心者の方でも手の届く価格帯の楽器も多く発売されるようになり、昔よりも手にしやすくなりました。, もちろん上を見れば何百万円とする高級ベースもたくさんありますが、比較的安価なモデルでもしっかりとフェンダーブランドならではの技術とノウハウを感じられるものばかりです。, これからベースの購入を検討されている方は、このように比較的安価にフェンダーブランドを手に入れることができる今の時代だからこそ、この最高峰のブランドの購入を検討してみてはいかがでしょうか。, 5年間様々なライブ経験を経て、24歳で音楽講師としての会社に所属。3年間ワンマンライブやレッスンノウハウを勉強したのちMUZYXを設立し、当サイトを通じてバンドの練習に役立つ情報を発信しております。, 東京の吉祥寺にあるMUZYX(ミュージックス)は、初心者からでも一からレッスンを受けられる音楽教室&サークルです。吉祥寺駅から徒歩5分、月額9,800円で1日3時間まで通い放題、初心者歓迎!選べる6パート・レンタル無料、カフェ風の空間で好きな時に自由に練習できます。, メールアドレスを入力してください。 木材を効率的に利用する為の様々な変更が施された。それでも高品質の楽器を創り続けるという信念を持ち続け、熱心なコレクターの支持を手放す事なく会社は成長していくのです。, 1960年代後期にはプレシジョンベース同様、ジャズベースにも様々な変更が施されました。ポジションマーク、ブロックポジション、ネックジョイント(固定)の方法のほか、この頃から木材にアッシュ材が使われるようになりました(稀にポプラ材が使用される事もあった様です)。, 60年代前半のモデルが非常に人気が高いことから、後半のモデルについては評価が低くなってしまいがちですが、Rのゆるい指板は近代的なテクニカルなプレイをする上では非常に大きなアドバンテージとなります。また、大型ポジションマークも暗いステージであっても視認性が高く、見た目も個性的でゴージャスなことから、このスタイルを好むプレイヤーも少なくありません。, 音楽の多様化、デジタル化が進み、楽器も様々な用途に対応出来るように進化していきます。アクティブ回路を搭載したモデルや5弦仕様(60年代にも作られた事があったが使える代物ではなかった)、ピックアップの方式を直列から並列に切り替える事が可能となったりと、サウンドバリエーションは更に豊かになっていきました。それまでボディ材には基本的にアルダーが採用されていましたが、徐々にアッシュ材が使用されるようになります。より硬質なサウンド特性を持つアッシュをボディ材に使用することよって、ジャズベースはさらに抜けの良いサウンドを手に入れました。, また、ネックジョイントもそれまで採用されていた4点止めから3点止めに変更され、その代わりに自由にネック角度を調整することが可能となりました。これによって組み立て時のネック加工の手間を省き、生産効率を上げると同時に、プレイヤー自身がより好みに近いセッティングに仕上げることが可能となりました。この年代のジャズベースはその抜けの良いサウンドからハードロック系ベーシストだけでなく、スラップを多用するスタイルのプレイヤーからも強い支持を受け続けています。, ハードロックブームが落ち着きを見せる80年代に入ると、再びオールドスクールなロックンロールが再注目を集めるようにあります。それに合わせるように、ジャズベースも原点回帰を果たしました。, 60年代後半から70年代のジャズベースの象徴的なスペックであるブロックポジションマークや3点止めネックジョイントは廃され、60年代前半のスペックに倣ったモデルが主流となりました。しかし、それと同時によりモダンなスペックのジャズベースも登場し、人気を集めるようになります。テクニカルなプレイに対応することのできるよりフラットで細身なネックや、アクティブイコライザーを採用したモデル、さらには5弦仕様のモデルなども発表されています。, 基本的なボディシェイプは変更されていないことから、一見するとジャズベースはまったく変わっていないないように感じられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、時代と共に変化しながら、ジャズベースは音楽の歴史を作り続けて来たのです。, それでは、時代によって変わり続けるジャズベースを愛用するプレイヤーたちをご紹介しましょう。, ジャズベのみならず、エレキベースのプレイヤーとして伝説的な人物です。その革新的な演奏で、ソロ楽器としてのエレキベースの地位を確立させました。「bass of doom」と名づけらた60年代のジャズベを自らの手でフレットレスに改造し、愛用していました。 フェンダーは定番モデルのプレシジョンベースやジャズベース、個性派のムスタングベースやジャズベースなどを製造している フェンダーのベースは生産国によって、モデルや仕様が違う ジャコ・パストリアス, led zeppelinのベーシスト。ツェッペリン以外にも多数のセッション活動も行っています。61年製のジャズベを愛用しています。 プレイヤーが求める総てが凝縮されたジャズベースは、瞬く間に世界中に広がっていきました。ジャズベースの誕生が、音楽史の新たな道しるべを創ったといっても過言ではないでしょう。ジャズベースという名前とは裏腹にロック、ソウル、ブルース等のあらゆる音楽に見事にフィット。正にエレクトリックベースの完成系として世界中のプレイヤーに今尚、最高のベースという不動の地位と共に愛され続け、求められ続けてい … YYahoo!ショッピングで探す ベース弦は主に2種類の素材があります!『ニッケル』と『ステンレス(スティール)』ですね! 『ニッケル』と『ステンレス(スティール)』ですね! 見分け方は簡単で各メーカーごとにパッケージに記載され … Sサウンドハウスで探す ジャズベ・プレベはFenderのベース兄弟. エレキベースの種類 エレキベースはざっくりと分けると 「ジャズベース(通称ジャズベ)」 、 「プレシジョンベース(通称プレベ)」 という代表的な2種類と、これに該当しない 「変形型」 の3種類に分 … エレキベースといえば、フェンダーのジャズベースを真っ先に思い浮かべるという方が圧倒的に多いのではないでしょうか?1960年に登場してからすでに50年以上が経過した現代においても多くのベーシストに愛用され続ける、文字通りエレキベースの定番であり、王道であると言えるでしょう。同時期からリッケンバッカーやギブソンなどがさまざまなスタイルのエレキベースを世に送り出していますが、ジャズベースの支持率は圧倒的なものです。, プレイヤーが求める総てが凝縮されたジャズベースは、瞬く間に世界中に広がっていきました。ジャズベースの誕生が、音楽史の新たな道しるべを創ったといっても過言ではないでしょう。ジャズベースという名前とは裏腹にロック、ソウル、ブルース等のあらゆる音楽に見事にフィット。正にエレクトリックベースの完成系として世界中のプレイヤーに今尚、最高のベースという不動の地位と共に愛され続け、求められ続けているのです。, どうしてフェンダー・ジャズベースはこれほどまでに多くのベーシストに愛され続けているのでしょう?, ジャズベースの基本スペックは1960年代の前半にほぼ完成していました。先に登場していたプレシジョンベースをより改良したことによって、より弾きやすく、幅広いサウンドを出力することが可能になったと言われています。プレシジョンベースが単に「大きな音でベースという楽器を鳴らす」という目的で設計されたのに対して、ジャズベースの場合は「より楽器としての可能性を追求する」という目的で設計されています。 おそらく、多くの方がベースといって思い浮かべるのは、エレキベースでしょう。 しかし、みなさんが想像するエレキベースは、数多くあるベースの中の1種類に過ぎません。 ここでは、様々なベースについてご紹介します。 7250 ml.045, .065, .080, .100 ジャズベース . ニッケルのラウンドワウンドだとこれが出荷時に張られてる弦ですね. ヴィンテージフェンダーのジャズベースはスペックによって大きく2種類に分けられます。 それは、 1960年代 を代表するものと 1970年代 を代表するもの。 今回の記事では、1970年代のジャズベースの特徴や1960年代との違いについて解説します。 もちろん、プレシジョンベースならではの中低域に膨らみのあるサウンドはとても魅力的なものですが、広いレンジ、そしてサウンドメイクのバリエーション、という点では圧倒的にジャズベースの方が有利であると言えます。この時点で、ジャズベースはエレキベースという楽器の1つに完成形を作り上げることに成功したのです。, ジャズベースの一番の特徴は、ピックアップがフロント(ネック側)とリア(ブリッジ側)に2機搭載されている点です。シングルコイル(スプリットコイル)・ピックアップ2機搭載という全く新しい概念を採用し、フロント側とリア側のピックアップ同士が起動する事でプレシジョンベースで悩みの種だったノイズを発生させないという、当時としては画期的なサウンドを得ることができたのです。また各々のピックアップの音量、トーンを独自に調整する事でサウンド作りの幅が大幅に広がりました。, そしてもう一つの大きな特徴は、プレイアビリティ向上の為、細いネック幅が採用された事にあります。これにより、よりスムーズに多彩なフレーズを演奏する事が可能となり、ベースという楽器が「ギターの低音部分を支える」という役割から「楽曲の低音部分を彩る」という役割へと進化していく事となるのです。, サウンド面では、フロント側で弦の振幅の大きい膨よかな低音を拾い、リア側でブリッジに程近い堅いくっきりとした音を抽出します。その正反対の2つの音が混ざる事で、コシのある中低域、柔軟な高音域、倍音成分が非常に豊かな伸びのあるサウンドになります。それはまるでピアノの鍵盤を弾いた時の低音と高音の全てがそこにあるような、唯一無二のサウンドです。, 誕生当初はアルダーが使用されていました。ボディの形状もジャズマスターの影響を受け、左右非対称になっています。初めからコンター加工が施されており、カッタウェイ加工も入り、プレイヤーの体にフィットする形が完成していたのです。, ネックはメイプルワンピースネック。指板にはローズウッドが採用されました。60年代初期には希少なハカランダが搭載されたものもあります。 まず、出荷時に張ってある弦のゲージをフェンダー・ジャパンで調べてみと.045、.065、.085、.105となっているので. プレシジョンベースに続き、フェンダー社のベース第二弾として1960年に作られたのがジャズベース。サウンドの幅をより広げるために、フロントとリアに2つのピックアップを採用しました。その思惑は見事に大ヒットを生み出し、ベースのスタンダードとして確固たる地位を築いています。 ジャズベ=JAZZ BASS. Fender Japan PB62-70us (Vintage White) 写真提供:イケベ楽器 246 エレキベースは、大きく分けると『ジャズベース』と『プレシジョンベース』の2つ種類に分けられます。 いわゆる、”ジャズベ”や”プレベ”って呼ばれるモノですね! どちらが主流というのはないので、自分の好きなサウンドや弾き心地のベースを選べばいいと思います。 違いや特徴は以下のとおり めちゃくちゃ簡単に説明すると、こんな感じです。 ジャズベは繊細な音作りができるので、ポップスやファンク、フュージョンやジャズなど、いろんなジャンルで使える1本。 プレベは音が太い分、ロックなどの … フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ), ベーシストとしてはもちろんのこと、椎名林檎など多くのアーティストを手がけるプロデューサーとしても有名ですね。そのキャリアのほとんどでプレイしているのが1966年製のジャズベースです。ジャズベースならではの幅広いサウンドを聞かせてくれます。, 1970年代のジャズベースといえばマーカス・ミラーを思い浮かべる方が多いでしょう。そのテクニカルで独創的なプレイスタイルは非常に多くのベーシストに大きな影響を与え続けています。大きな改造を施された愛用のジャズベースはモダンスタイルのジャズベースの基本になったとも言われています。 Fender literally wrote the book on electric basses, laying the foundation for musical innovation and evolution. 楽天市場-「フェンダージャパン ベース 中古」104件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。 ジャズ・ベース(Jazz Bass/ジャスベ)タイプ プレベが発売された後、1960年に発売されたのがジャズベース、通称ジャズベです。 プレベを更に使いやすく、広いジャンルで使えるようにレオ・フェンダー(Fender創始者)が生み出したもので、ピックアップはフロントとリアに1つずつ。 ジャズベース(jazz bass)とは、1960年にフェンダー社から発売されたエレクトリック・ベースの登録商標名とその呼称で、レオ・フェンダーが設計開発した中ではプレシジョンベースに続き2機種目になる。 プレシジョンベースと共にフェンダー社を代表する機種の1つである。 7250 m.045, .065, .085, .105. エレクトリック特有のサステインが従来のコントラバスのサウンドとは掛け離れている事が悩みの種だったフェンダー社は標準装備として各弦に独立したミュートシステムを採用。弦の振幅を遮る事で古めかしいガット弦のサウンドに近づけようとしていました。, 所謂ジャズベース黄金期。 ロックバンドの中で人気の高いベーシストといえば、レッドホットチリペッパーズのフリーの名を挙げる方も多いのではないでしょうか?フリーと言えば、初期から中期にかけて使用していたミュージックマン・スティングレイ・ベースや、モデュラスのシグネイチャーモデルをイメージされる方が多いかもしれません。しかし、1999年にリリースされたアルバム「カリフォリニケイション」以降はレコーディング、ライヴともに60年代前半のヴィンテージ・ジャズベースを使用する機会が多くなってきています。 ジャズベースとは. ジョン・ポール・ジョーンズ, https://www.youtube.com/watch?v=NjbCIfOyce8 ベースの種類 ジャズベース、プレシジョンベース、ムスタングベース、の、違いを教えてください。できれば詳しくおねがいします! エレキベースは主に「ジャズベースタイプ」と「プレシジョンベースタイプ」の2種類が代表的ですが、その他にも種類があります。たとえば「ミュージックマンタイプ」のエレキベースは、迫力のある音が鳴らせるハムバッカーピックアップを搭載しているのが特徴です。 ベースには、色や形の違い、サウンドの違い、機能、材質の違いなど、実に様々な種類が存在します。 ここですべての機種を取り上げる事はできないので、代表的なベースを紹介します。 フェンダー・プレシジョン・ベース. ネックに対し指板を平貼りしたスラブ貼りが終了し、木材の使用量を減らせるラウンド貼りに変更される前の最後の年でした。, フェンダーエレクトリックの代表的な色「3トーンサンバースト」から、様々なカラーバリエーションが登場し、60年代のアメリカ経済を象徴する華やかなカラーが多数生産されていきます。ピックガードもべっ甲だけで無く、ホワイトミントカラーやセルロイド等も取り入れられていくようになります。, 現在ではオリジナルカラー/オリジナルパーツを残している個体数が非常に少ない為、塗料の残り具合・ネジ一つの変更等で楽器の相場が倍近く変動するという事も多く、その微妙な違いがマニアコレクターの心を揺さぶるのです。, 創始者レオ・フェンダーとそのグループはCBSに会社を売却。大量生産が始まります。 No.1ギター・ベースメーカーである「フェンダー」の歴史や、ボルトオンジョイント、ピックアップの特徴を解説します。プレシジョンベース 、ジャズベース、ムスタングベースなどからおすすめのモデル … ジャズベース: 38mm プレシジョンベース: 44mm たった6mmでも体感的に大きく差が出ます。 最初の1本でジャズベースが選ればれるお客様が多いのは おしゃれでかっこいいジャズベース。そんなジャズベースのおすすめをご紹介していきます! 初心者でも弾きやすいジャズベースをおすすめしていきます。 プレジションとの違いも、併せてご紹介していきます ジャズベに興味のある方、必見です! Aアマゾンで探す R楽天で探す ベースの種類. 入力されたメールアドレスにパスワード再発行のメールをお送りします。.