今から3年前の2017年は宗教改革から五百年目の節目でした。. はじめに 宗教改革は近代ヨーロッパを形作った出来事として、ルネサンスと共に重要視されている運動です。 このテキストでは宗教改革が何故起こり、そしてどのような影響を及ぼしたかを見ていきましょう。 なぜ「改革」が必要だったのか? この時代、キリ 500 Jahre Protestantismus in der Welt, 11月10日、アイスレーベンで生まれる。翌日の聖マルティンの日に洗礼を受け、マルティンと名付けられる, 22歳、父の教えに従い大学法学部進学、落雷を受け、アウグスティヌス修道院に入り修道士に, 34歳、「95か条の提題」をヴィッテンベルクの教会の門に打ち付ける(10月31日), 37歳、『キリスト教界の改善について』『キリスト者の自由について』など宗教改革的著作を精力的に出版。教皇庁は破門脅迫の大教勅を発する, 38歳、教皇レオ10世から自説の撤回を求められ、拒否。教会を正式に破門される。皇帝カール5世に与えられたヴォルムス帝国議会の場でも撤回を拒否したため、帝国追放を宣言される。帰り道、ザクセン選帝侯フリードリヒ3世の居城ヴァルトブルク城で保護される, アウグスブルク帝国議会でカトリックとルター派プロテスタントの和議、各諸侯らが決める教派をその領邦内の教派とする教派属地権が決まる. ルターの宗教改革はヨーロッパに多大な影響を与えましたが、その内の1つがドイツ農民戦争です。 ルターの宗教改革はドイツ内で大きなムーブメントとなり、社会構造までも変える力があると信じた農民たちが農奴制の廃止を訴えて、各地で諸侯に反乱を起こしたのです。このドイツ農民戦争を指導したのがトマス・ミュンツァーです。 当初はルターも農民側に同情的でしたが、農民たちの目的が社会改革にあると気づき領主側に立ち、この戦争の弾圧を呼びかけました。 All Rights Reserved. ルターの宗教改革は、ドイツの識字率アップにもすごく貢献したのです。 プロテスタントの誕生 ルター派の広まりに対し、神聖ローマ教皇カール5世は、1526年に第1回シュパイアー帝国議会を開きました。 ドイツニュースダイジェストに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 当ウェブサイトに掲載されている広告は、必ずしも弊社の見解(政治観・宗教観等)を反映するものではありません。また弊社はその内容に対し、責任を負いかねますのでご了承ください。 Copyright © //